2012.09.19

がたいが良くて声が大きくて同い年か年上くらいの。

今日の名言「そうだよデメリットしかないよ!でもせざるを得ないんだよ!」
友達がマリッジブルーです。


往生際の悪い残暑の候。涼し気な晩夏の香りと秋の予感はどこへやら。
晩夏というか、もう秋真っ盛りな時期のはずなんだけれど。
未だに雪駄を履いて歩き回れるのが嬉しい半面、暖冬になるのではと心配です。

寒冬に比べると暖冬はどことなく嬉しい響きのように思われますが、違うのです。
暖かな冬は、水分たっぷりなみずみずしい雪を、しんしんずんずんと、
ドアの前に、車の上に、玄関の前に。
あの白にはなんの悪意も無いはずだけれど、
スコップ越しに嫌がらせを感じかねない、自宅生キラーです。

という事で、自宅生の腰と北海道の伝統芸能バナナ釘打ちを守るためにも、
寒冬を切に祈るばかりです。
ついでに節電と言ってケチケチせず、どうか道路の雪だけは溶かしまくって欲しいところです。



前回の予告の通り、今回は新しいギター買ったよーって話。
いや、ほんとそれだけです。

バンジョーにちょっと限界を感じ、悶々でギターを使うことにしたはいいものの。
僕、マトモなアコギって持ってなかったのです。
三年前にゴミギターを蘇生して部室前に置いてあり(参照→前編後編
練習はそれを使っていたのですが、本番をどうするか。
あのボロギターを裂けたボロケースのまま運ぶのは難しく、
誰かにギターを借りるのも億劫。

ちょうどそんな時、地元のハードオフに少し気になるギターがありました。
約5千円のYAMAHAのアコギ。
その昔、
ぼぶ:「YAMAHAでも買おうと思うんだよね。」
~子:「え、やめろよ。お前がYAMAHAなんて普通なの、似合わない。」
って言われたからいつぞやかは血迷って緑なovationを買っちゃったけれど、
やっぱり欲しかったんよ、YAMAHA。

ってな訳でLOGの数日前、試奏しにハードオフへ。まだ残ってた。
弾いてみると、うーん、まぁまぁ。弦高は高いけど、まぁ大丈夫。
フレットはかなり残ってる。あまり強くは弾かれなかったのかな。
でもなんか楽しくない…あ、弦が細すぎるのか。
エクストラライトを張ってるようだったので、太いのを張ればかなりマシだろう。
って期待を持って、結局買ってしまったのです。

[UNSET]
YAMAHA FG-250M
トップはスプルース単板、サイドバックはマホガニー合板のようです。
25年から30年前くらいのギターで、当時の定価は2,5万。
無駄な装飾を一切排したどシンプルギターです。(やっぱちょっとつまらない。)

弦を外し、ライト弦、を通り越しミディアム弦を張り、
ついでにドリルで穴を開けて、マンドリンで使ってたストラップピンを移植。
じゃらじゃらズドンと鳴るギターになりました。
気持ちいい。楽しい。ミディアム弦バンザイ。
ちなみにロッドも回したのですが、どうやら回しきっているようで効果なし。
つまり今後は順反りしまくるわけです。ただでさえ弦高は高いのに。
今度サドルでも削ってみようか。



そんなギターを持ってライブに挑みました。
音はデカイようで精一杯弾くと声をかき消し大迷惑らしく、かなり自重して弾きました。
(というか全体的な音圧の問題だ。)
ギター弾きってあんまりやったことは無いので、加減とか全然わからなかったです。
ベース音も外すし、ストロークも煽りも思うようにならないけれど、
せっかく新しい子を迎え入れたので遊びながら練習していきます。

以下ライブ動画。テンポマシマシ。

道草を食ったジャック~おなじ話


怪物


メエ


その他は僕のYouTubeチャンネルへ。
カメラの位置をミスり、いい感じに僕だけハブられてます。


スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/252-e51b46b3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
いい感じですね。
ToiToiToiがupされてて嬉しい限りです。
あ、ブログ開設しましたのよ。
Posted by 兼。 at 2012.09.19 13:01 | 編集
おお、ほんとだ!
ようこそブル研ブロガーの世界へ。
そういや足あとに真っさらなブログがあったから期待はしてたんだよ。
楽しみにしてるわ。
Posted by ぼぶ at 2012.09.19 14:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する