--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05.28

アメリカンテイスト・オリエンタル

今日の名言「モシモシアノネ アーソーデスカ」

「たけおし」とキーを叩くと「武雄市図書館」が予測変換でさらっと出てくるあたり、件のTSUTAYA図書館は大きな注目を浴びていることがわかります。(ちなみにGoogle日本語入力。)
市の図書館をTSUTAYAに任せスタバまで突っ込んでオサレカフェ化してしまったわけですが、以前から最近に至るまで色々と香り立つ話題を提供し続けてきた印象です。

綺麗で立派なスタバ付きオサレ図書館というのはなんとも羨ましい物もあります。
しかし、スタバという所はiPhoneかiPadかMacBook等のオサレアップル製品が無いとオサレな感じにコーヒーを飲めない場所という認識があるので、3DSとAndroid端末を携帯する僕には敷居が高そうです。



その点、我が地元の図書館は安心です。TSUTAYAもスタバも入ってない。
しかし小さいながら、CDコーナーがあります。一人一点、二週間まで貸出可。
このCDコーナーがなかなか良いのです。古い所から新しいところまで、自分で買うほどじゃないけれどなんか聞いてみたいものを市民がリクエストするので、ラインナップがメジャーどころを逸れていたりします。

最近は古めのジャズを漁っているのですが、その中にこんな心惹かれる一枚が。
オキュパイド・ジャパン~進駐軍ソング傑作選オキュパイド・ジャパン~進駐軍ソング傑作選
(2001/02/21)
オムニバス

商品詳細を見る
(アフィじゃないよ!)

戦後、進駐軍にくっついて、彼らの音楽も大量にやって来ました。
割と大規模な管弦でやるグレン・ミラー的なバンドです。
彼らのバンドが日本人も加えて残していったものを集めたのがこのCDです。

二枚組で、Disc1がアメリカンヒットバレードと題されています。こっちは割と普通。
なかなかキてるのが、エキゾチックジャパンと題されたDisc2です。
良い感じにこれがアメリカンにエキゾチックなオリエンタルなのです。
「荒城の月」など日本の曲もありますし、オリジナルで作られた歌もあります。

例えば"Sachiko"という曲。その歌詞の冒頭はこんな感じ。

Back in the land of Hirohito.
I've got the cutest koibito.
No matter where I go, her kisses haunt me so
Her name is Sachiko

「ヒロヒトの国で可愛い恋人見つけたYo!」と言ってるわけですが、
日本を「land of Hirohito」を言い換えるセンスがもう堪らないですね。
その時代でしかありえないし、思いつきすらしなかった!
今の世で「land of Akihito」なんて言う奴いないよ!
次の行末で「koibito」と日本語同士で韻を踏んでいるパチモン臭さもグッと来ます。
そして普通にいい曲です。

その他にもルンバ・マイコハン、パチンコ・マンボ、日本橋ホップ、上野ブギー、新宿ジャンプ…等など、非常にそそられる曲名のオンパレードです。(とは言ってもインストも多いので、案外普通の曲だったりしますが。)

しかし、その中でとびきりのエキゾチックさを誇るのが、こちら「モシモシアノネ」。
とりあえず最後までお聞きあれ。
http://twitsound.jp/musics/ts2z2iU9n
(↑スマホで聞けなかったので、結局youtube)


以下追記内


続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 21:21 | れこめんど | COM(0) | TB(0) |
2013.03.26

READY TO SWING

今日のレコメンド「Super Shuffle」


何が嬉しいって、こんなバンドが札幌にいるっていうこと。
東京でも福岡でも無く、いつもの電車で見に行ける札幌に。



事あるごとに言ってますが、僕のここ数年の音楽インプットの減少は深刻です。
しかしその中でも新しく&良く聞くようになった音楽が"Good Music"というジャンル。
定義は正直よくわからないのですが、ルーツが結構古そうなジャズとかブルースとかをやってるバンドの、「なんかイイヨネー」って言えるような音楽…という認識でいます。
某リズムボーイズの"Antique Music"に通ずるものもあるかと思います。

このGood Musicというジャンル、本当にあるのかは非常に怪しいところであります。
如何せんTSUTAYA某店の「Good Music特集」でしか見たことありませんから。
しかし、その特集には大いにお世話になって感謝しているので、
ここはTSUTAYAに敬意を表してGood Musicと言っておきましょう。
ジャンルは言ったもん勝ちです。

今日ご紹介するSuper Shuffleはその特集で知ったわけではありませんが、
まさにGood Musicの範疇にあるバンドでは無いかと思います。


このバンドを知ったのはつい最近。YouTubeを手繰って↑の動画を見つけました。
公式フェイスブックの紹介によると、

Louis Primaのエンターテイメントあふれるステージと演奏に強く影響を受けてSwing, Jump Bluesナンバーに オリジナル アレンジを加え 札幌のライブハウスを中心に活動。メローでワイルドをテーマに活躍中!!

とのことです。よくわからん。
スウィングにジャンプにブルースでメロウかつワイルド。よくわからん。
ジャンルを名前にすると訳がわからないけれど、実際聞けばなんとなくわかる不思議。
これが東京のバンドなら、いいなぁ…だけで終わるかもしれませんが、札幌のバンド!
しかも近々僕も知ってるお店でライブもする…という事で行って来ました。

IMAG5342_convert_20130326044629.jpg

初めて見に行くバンドで、基本スタンディング。若干漂うアウェイ感。
しかし、演奏が始まればそんな事忘れるほどかっこいい!渋い!クール!
編成は見ての通り、ギター、ベース、ドラム、テナーサックスの4人。
ベースとドラムはしっかりと、ギターとサックスは色々しつつも要所を決め、
すごく気持ちいいスウィングのリズムを生み出していました。
最近のフルアコ(orセミアコ)欲しい欲も、ギブソンの実物の前に…
そして多彩なソロ、コード、バッキング+渋い歌の前に刺激されるってもんです。
ついでにウッドベースももっかい弾きたくなっちゃうから困ったもんです。

後半はお客さんが踊り狂い、なんだかすごい盛り上がりになっていました。
アンコールもその勢いで4曲くらいやってたような。ごっつぁんです。
ライブ後は、流石に打ち上げまでいる度胸は無く、CDを買って退散。

良いバンドを知ったなぁ、とおもいます。
縁故に関係なくライブ行きたい!って思えるようなバンドはなかなか無いです。
月に2回ほど(残念ながら木曜日…。)どこかしらでやってるとの事なので、
気になった方は是非チェックしてみてください。→Super Shuffle Facebook

しかし…いつの間にかFacebookが基本インフラになってる昨今。
未だに放置しっぱなしなアカウントをそろそろどうにかしよう。
って、半年くらい言い続けてる気がする。




Posted at 12:34 | れこめんど | COM(0) | TB(0) |
2012.11.08

ぼぶ家音源ルネッサンス第1回 モダーン今夜

今日のレコメンド「モダーン今夜」
名犬ジョディー(アルバム「青空とマント」収録作)


と、言うことで。
我が家のCD発掘企画第一回。
今回発掘してきたのはモダーン今夜の「青空とマント」です。
これも高校時代のいつだったかに買ったCDだったように記憶しています。
名前は気になっていたけれど(そう、すごく気になってた。)音を聴く機会が無かった時、ちょうどCD屋の試聴コーナーにあったので視聴してそのまま買ったのだと思います。

当時はCD屋の試聴機の魔力に対する防御力がめっぽう弱く、
よく試聴機に負けて衝動買いしていました。
それで随分と散財をしたためCD屋へ行かないようになってしまったのは、
果たして良かったのか悪かったのか。少くとも寂しいことではあります。
試聴機ってそれなりのヘッドホンで聴かすためか、
どうも聴いててわくわくしてしまうのですよね。
だから帰って家で聴くと、こんなんだっけ?と思うことも少なくありませんでした。

閑話休題。
モダーン今夜をくどくど語れる程詳しくはありませんが、とにかく大所帯です。
CDケースを見る限り11人います。ヴォーカルにギタードラムベースはもちろんの事、サックスやらホーンやら鍵盤やらバイオリンやら、盛りだくさん。
当時、こういう楽団チックなバンドがジャズやらファンクやらを混ぜながらJ-POPってのが妙に好きで、加えてボーカルの女性の声質も妙に好きで、結構聴きこんだアルバムだったと思います。
そういう割には、モダーン今夜のCDは一枚だけしか無いのですが。
まぁ、そういうのばっかりです。

数年ぶりに聴き、現在の活動などを調べてみると、
解散せずちゃんと活動しているようですね。
よかったよかった。
今も流しながらこれを書いていますが、やっぱりお気に入りのままでした。
機会があれば別のCDも入手したいものです。


Posted at 21:21 | れこめんど | COM(0) | TB(0) |
2012.09.05

もう管楽器をやりたいとは思わないけれど。

今日のレコメンド「モノポリーズ」


残暑お見舞い申し上げます。
この暑さ、本当に9月なんでしょうかね。
数日前、祖父の命日だったのでお墓参りへ行ってきたのですが、
もう墓石がジンパできるんじゃなかろうかという程に熱かったです。
アブノーマルでフリーダームな墓石ブームな昨今、もしもジンパが好きで好きで仕方ない北大OBなんかが生前に墓を建てるとしたら、日光の力を利用して肉が焼ける墓石とか良いと思います。
お盆は皆で墓前ジンパできますよ。ご先祖様のお帰りは焼きナスで。



さて、まずは告知。
「悶々モンブラン」という3人組で、毎月恒例のブルーグラスの日に出ます。
ブルーグラスの日ですがブルーグラス成分は全くありません。
ちなみに対バンもカントリーバンドらしいです。
9月は「ブルーグラスじゃない日」に改名したほうがいいんじゃないか。

悶々は、僕がブル研を出る前にやりたいことをやっておくべく、
3月の追いコンの直前にかなりインスタントな感じで作ったバンドです。
メンツ(僕と添鷹)を見てもやってることもなんとなくベース企画ですが、
あくまで必要なメンツに声をかけたらベース弾きだっただけです。
皆でいろんな楽器を使いながらジャパニーズを歌います。

3月の追いコンに出た後は8月くらいまで放置状態でしたが、
札フェスに出る事が決まったついでにブルーグラスの日も決まりました。
どんだけ出演者不足なんだと、心配になります。



悶々の現レパートリーの半分くらいがハンバートハンバートですが、
元々は「モノポリーズ」というバンドの曲がやりたくて企画しました。

「小音量、大人数のスカバンド」というテーマの元に始まったモノポリーズは、
確か三重県あたりから始まったバンド。正直、栃木県より印象薄いぞ、三重県。
スカバンドと言っても印象的にはスカって感じはあまりせず、
どこかじっとりカサカサ、妙な雰囲気がします。
その妙な雰囲気が僕のドツボなのです。

現在のメンバーとか編成はわかりませんが、
僕としてはチューバがベースを担当している点にひとつ、グッと来ます。
チューバはエレベでもウッベでも出せない、管楽器独特のベース感を出してくれます。
実は僕、中1の時だけテューバを吹いていたのですが、
その時はこんなに素晴らしい楽器とは知りませんでした。
こういうあくせくしないで良いアコースティックにはすごく合うのです。
ちなみに栗コーダーなんかもベースにチューバを使ったりしますね。
どなたかチューバ(やトランペットその他)をお持ちで次の日曜に暇を持て余していて、
かつ悶々と一緒に出てやっても良いという方はご一報ください。
2曲程ゲストにお呼びしますよ。



Posted at 23:51 | れこめんど | COM(0) | TB(0) |
2010.02.24

4弦のススメ

今日のガラナ「ビックハウスのきまぐれ」
PAP_2809.jpg
近所のマックスバリュやセブンは、500ml缶のキリンガラナを常備しています。
反面、近所のビックハウスはいつ行ってもコアップしかないのですが、
最近2Lのキリンガラナが積まれるようになりました。
常温放置コーナーなので、続くかどうかはわかりませんが大変結構な事です。
しかし、やはり500mlの缶で飲むガラナが一番おいしいものだとも思うのです。



数日前、23歳になりました。
あからさまにお祝いしてくださった方、密かに心の中でお祝いしてくださった方、
忘れていた方、興味の無い方、むしろぼぶが憎い方、
とりあえず全員まとめてありがとう御座います。
プレゼントは誕生日の前後半年間に限り受け取らせていただきます。

さて、若干ニート気味な23歳は最近新しいオモチャに傾倒しております。
それがこちら。
CA392812.jpg
ご覧の通り、バンジョーです。
「おめー、前々から持っとるやろー」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、
その通り。1年生の冬にヤフオクで6000円くらいで落とした安バンジョーです。
この子(通称ハニー)は5弦ペグのチューニングが至難の技であること、
また、バンジョー独特の奏法が気軽にできるものじゃなかったことにより、
たまに遊ばれる程度の存在となっていました。

ところで、最近ジャグバンドをやりたくてしょうがない僕は、
4弦バンジョーを弾きたい衝動に駆られるようになってきました。
幸いにしてバンジョーはある訳ですから、5弦をテープで封印して弾いてみました。
そして4弦の、想像以上の手軽さに気付いてしまったのです。

そんなわけで今日は、
「実はベースの次くらいにとっつき易いのかもしれない4弦バンジョー」
をレコメンドです。

続きを読む
Posted at 02:42 | れこめんど | COM(6) | TB(0) |
2009.11.17

そんな声が欲しかった

今日のドドド「ヒロノ・マイベスト」
WS189.jpg
今までのヒロノの中で、一番お気になヒロノ(の写真)です。
そういう写真をアップする口実にもなる、今日のドドド。
誕生日飲み行けなくてごめん、ヒロノさん。
でもどうせ誕生日まだじゃないか、ヒロノさん。
ちなみに…あ、定演当日が誕生日じゃないですか、ヒロノさん。
皆様、ゆめゆめお忘れなく。


先日区分しなおした新カテゴリの一つが「れこめんど」です。
読んで約して字の如く、お気に入りの何かをオススメします。
カテゴリ分けした結果、3つしかありませんでした。
その中で一番古いのが去年の今時期、「Nightwish」のレコメンドです。
この記事をアップした後、エリーさんから「そのCDください。」と言われました。
レコメンドの甲斐があったというものです。

しかし、一年経った今でもまだCDをあげてません。
ごめん、エリー。
でもまだ忘れては居ないんだ。



さて。せっかくなのでレコメンド第四弾です。
オススメしたいようなCDやアーティストはそれなりに居ますし、
これからは頻度を増やして行きたいと思っております。

女性ヴォーカル大好きな僕ですが、
例によって今回は「中山うり」という女性シンガーソングライターをオススメ。
今まで紹介したようなテクノとかメタルとかではなく、アコースティック方面です。
ブルーグラッサーにもウケが良いのでは…と思います。

まぁ、百聞は一見になんやらや。先ずはご覧・お聴きあれ。
『マドロス横丁』

アコーディオン弾き語り、という、それだけでもう心惹かれる事をする女性です。
ベースとなっているのはジプシースウィングやタンゴといった類。
それを、若い女性がアコーディオンと日本語でゆっくりかき混ぜて、
独特のノスタルジックな味付けになったのがこの人の音楽。
「アコーディオンを抱えたシンデレラ」とか呼ばれてるらしいです。

ちなみに、実はアコーディオンだけでなく、トランペットも吹きます。
普門館で金賞取ってたり。
ついでに言うと美容師さんだったりもします。どんだけ多才だ。


中山うりの魅力は、歌詞・曲も勿論ですが、なんと言っても声にあります。
「ミラクルヴォイス」とか呼ばれてるらしいです。
さっきの「シンデレラ」と言い、そのありきたりさはどうなのよ、
と思わなくも無いけど、確かに魅力的なのです。

youtubeからだけだとその魅力は伝わりにくいかもしれませんが、
とんでもなく濃密、だけどきめ細やかで滑らかな声です。
ゆっくりと耳の中に流れ込み、いつの間にか脳みそに落ち着いてしまう、
優しげで憂いげで、説得力のある声。
いつぞやか、ある人物に聞かせたら、
ひたすら「良い声だ!」と絶賛し続けていました。

その声で奏でられるのが、ノスタルジックな旋律と綺麗な日本語です。
たとえその時代を知らずとも、いつかの懐かしい時代を感じさせてくれます。
だからか、おじさん世代の心もくすぐるみたいですね。
何かブルーグラストラッドにも通ずるものがあるのでは、と思います。

ああ、そういえば、通ずるものというわけでもないけど。
STOVEもたまにやってる、高田渡の「生活の柄」もカバーしてました。
歩き疲れては、草に埋もれて寝たのです~♪って、あの曲です。
いやぁ…いい曲だ。



レコメンド第四弾、シンガーソングライター「中山うり」…如何でしょうか?
他にもyoutubeを幾つか張っておくので、興味がおありでしたらご覧下さい。
更に興味がおありでしたら、CD焼きます。
アルバムは手持ち2枚です。
ちゃんと催促してくれれば、一年掛からないはずです。

私信:バルダサリのCD焼いてください、ヒロノさん。



続きを読む
Posted at 04:32 | れこめんど | COM(0) | TB(0) |
2009.07.10

受信料だって払う気になる

今日の名言
「人生において必要な三要素、それは水と、空気と、音楽でございます」…by宮川彬良
おおむね正しいと思う。


たまには何かをオススメする記事を書いてみる。


自宅にいると、何かとテレビを見る事が多くなります。
実家ですからね。
しかし、最近は素直に楽しいと思える番組が少なくなりました。
ご飯を食べながら見る物が、なかなか無いのですよ。
果たしてテレビがつまらなくなったのか、自分の感性が変わったのか。
ちょっと寂しいです。

そんな中で、時たま僕を非常に楽しませてくれるのが、NHKです。
夕方時のNHK教育なんかは、危険極まりない。
時間をごっそりと持っていかれます。

日本語であそぼ、ピタゴタスイッチ、ぜんまい侍、クインテット、おじゃる丸、乱太郎…。
何故!そんなに心の琴線をハードピッキングするようなモノばかり流すか!
内容もですが、やはり音楽的センスも秀逸極まりないです。
気になるのはどうしても音楽なのですよね。

特に「クインテット」のアキラさん(宮川彬良)の音楽力は、憧れです。
そのアキラさんが音楽監督を務める音楽番組があります。
最近のテレビの中でも個人的大ヒット、「どれみふぁワンダーランド」です。


アキラさんのほか、戸田恵子さん、RAG FAIRをメインメンバーとしています。
戸田さんなんかは女優とか、アンパンマンの声優ってイメージですが。
実はウタも素晴らしいのです。
RAG FAIRは言わずと知れたコーラスグループですね。
彼らを見てると自分達のコーラス練が虚しくなってきます。

この番組の素晴らしいところは、幅広い音楽を、幅広い使いかたで、非常に上質なエンターテイメントに仕上げているところだと思います。
音楽という存在を中心として、様々な楽しみ方を提案しているようです。

まぁ、こういうのは見るに限ります。
例えばこちら、音楽の深読み。
その名の通り、音楽を深読みしていきます。是非ご覧下さい。


音楽とは、元々想像力の塊なのです。
想像力さえ働かせてみれば、こんなにも楽しいものになるのです。

企画じゃありませんが、メンバーによる音楽トークも聞いてみる価値アリ。


「ドレミの歌」に対する文句は、非常に同意するところです。

残念ながらこの「どれみふぁワンダーランド」はBSでの放送なのです。
我が家はBSが見れないので、非常に寂しい。
ですが、たまに地上波でも深夜に再放送が流れています。
音楽好き必見の番組だと思いますので、是非ご覧下さい。



続きを読む
Posted at 21:24 | れこめんど | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。