--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.05

PONPONPON研究(と録音)

今日の名言
「中田ヤスタカさんから『きゃりーは、ご飯とストロベリーのどっちが好き?』と聞かれてこの人何言ってるんだろうって思った。」
…byきゃりーぱみゅぱみゅ(出典

今日はブルーグラッサーに大人気、僕にも大人気、きゃりーぱみゅぱみゅのお話。
と、見せかけて、実際はやっぱりヤスタカすげぇーってお話。
そして久々に録音したよーってお話。

<読むの面倒な人向けまとめ>
・PONPONPONをフィドルアレンジして多重録音しました。(動画は追記内)
・その過程で曲を聴きこんだら奥が深かったので考察&深読みしました。
・ヤスタカ(作曲者)すげぇ。すげぇよヤスタカ。
・録音の言い訳します。



きゃりーのCDは、今年一番聞いてると言っても過言ではありません。
激キャッチー故に、はまった後はさっさと飽きるだろうなぁ、
と思いきや意外とそんな事はなかったです。
僕がこれまた大好きな初期のかわいい系capsuleとは似つつもまたちょっと違うのだけれど、どちらも中田ヤスタカと歌い手との相性がかなり良かったのではないかと思います。


さて、きゃりーの出世作とも言えるのがPONPONPON。


今回はこれをフィドルチューンにしてみよう、という企画でありました。
が、そんなものは後です。続きを読む、の向こう側です。
この記事で何より語りたいのは、この曲すげぇ!ヤスタカすげぇ!ってことですから。
録音するに際して改めてじっくり聞き直し、感動した次第です。
その筋の人には当たり前な事かもしれないけれど、ちょっと素人的に研究してみます。


このPONPONPONはPVをからしてすごいので、動画を見てると目まぐるしく飛び込んでくる色と物体を追いかけてるうちに、きゃりーがポンポン言って終わるだけなのですが、是非とも曲そのものを聴いてみて欲しいと思います。

◆曲構成◆
メロディーは至って単純。本当に単純。
 「あの交差点で~」で始まるAメロ
 「PON PON 出して~」のサビ
 「Everyday PON~」のBメロ
それと、中盤と最後に挿入される間奏的なもの。この4パターンで構成されています。

流れとしては
Aメロ→サビ1→Bメロ→サビ2→間奏→Aメロ→サビ2→Bメロ→サビ3→アウトロ
となっています。

聴いての通りサビがものすごくシンプルで、最早「メロディー」というより「リズム」と言った印象を僕は受けます。よくこんなフレーズをサビに持って来たな…と初めて聞いた時は思いました。
それでいてこの曲は4分あります。それなりに長い。

何故、こんなシンプルなフレーズと構成で、ポップに4分も持たせられるのか。
もちろん音が良いってのもあるけれど、どうやら曲にもかなり仕掛けがあるようです。
曲の最初から順を追いつつ見てみましょう。

◆サビのコード◆
まず、この曲のサビは大まかに3種類あります。
なので上記の曲の流れでもサビを1,2,3と三つに分けて書きました。
とは言っても歌詞の話ではなく、バックのコードパターンです。

序盤のサビ1(00:30~)では、2コードで全て済ませています。
これによりかなり無機質で印象的な違和感を作り出しているのだと思います。
少し不自然にも思えるこの感じが、ある種の「つかみ」なんでしょうね。
シンプルなシンセの音使いからも、そうしようという意図が感じられる気がします。

その後のサビ2(01:15~)になると、ひとつコードが増え3コードになります。
するとサビ1とは一変して、今度はかなりポップな感じになりました。
バックの音使いも実はガラっと変わっています。
かなり音数が増え、ちょこまかと動き回るようになりました。

◆伏線的間奏◆
サビ3のある終盤へ行く前に、この間奏(01:45~)が挟まります。
これまた印象的なワンフレーズを繰り返しつつ、コードだけ変えて動いています。
このフレーズは終盤の伏線ともなっています。
そして間奏は、何やら唐突なハンドクラップで区切られ、またAメロへ。
変なのー、と思いますが、これも良く考えると仕掛けの一つなのです。後述。

◆Ⅰの出し惜しみ◆
ちなみにこの曲のキーはEです。
が、ここに至るまで殆どこのEというコードは殆ど使われていません。
ただ唯一、間奏に一瞬だけ出てきます。

ブルーグラスなんてやっていると、キーとなる音のコード(ローマ数字を使ってⅠと良く表されます。)をガスガス使いまくるものですが、キーとなるコードを極力使わないで曲を展開することで、独特の緊張感みたいな物が生まれます。
その後、最後にそのコードを持ってくると、解決した!落ち着いた!しっくり来た!という印象が生まれるのです。
このPONPONPONもそういう曲です。

間奏後、徐々に盛り上がりつつ、もう一度Aメロ、サビ2、Bメロを経て、
ようやっと最後のサビ3(03:07~)に来ます。
ここでサビに被さってくるのが、先程の間奏で使われていたフレーズです。
知ってるメロディーがダブルで出てきて、もうフィーバーモード。

そしてサビ3の後半、本当に最後の「PONPON WAYWAYWAY♪」の部分になると、コード進行自体が、間奏のコード進行と同化します。
尚且つ、先ほど言ったように間奏のコード進行にはEのコードが含まれています。
つまり、ここに来てようやく、この曲のサビでも「しっくり来た!」という瞬間が訪れるのです。
ただし、それも一瞬だけ、というのがニクいところ。
まだまだ完全に落ち着かせはしないのです。

何やらフィーバーモードな感じのまま、曲はアウトロへ突入します。
アウトロも間奏と同じフレーズ、同じコード進行です。
相変わらずEのコードはチラ見せ状態のまま行き…、
最後の最後、引っ張りに引っ張ってから、ズドンとEで終わるのです。
しかも最後のEは本当にただのEの音…ミの音だけしか使ってません。
出し惜しんで出し惜しんでからの、どストレートな解決!なのです。

そうそう、間奏で唐突にハンドクラップが出てきた件。
間奏もアウトロもフレーズが同じなので、間奏の最後にもEが出てきます。
そうすると曲が落ち着いて、今まで保ってきた緊張感が無駄になってしまう。
それを防ぐため、あのような繋ぎで乗り切ったのだと思われます。


あ、ちなみに。ブルーグラスでもこういうⅠを出し惜しみする曲ってありました。
Lonesome River BandがやってたLooking for yourselfとかはそんな感じです。
本人たちがやってる動画は無かったけど、代わりにスロバキアのバンドの動画を。
キーであるAをセーブして緊張感を生みつつ、最後には落ち着かせています。

◆結論◆
そんな曲をさらっと作りやがるヤスタカすげぇ。
そんでもって、きゃりーかわいい。きゃりーもすげぇよ。
けど、やっぱヤスタカすげぇ。



以下、録音について。

続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 12:34 | ろくおん | COM(0) | TB(0) |
2011.11.08

秋飽き電音供養祭

今日の名言「あの頃はかっこよかったんだよ」
…って最近言われます。
その度にベースだけ弾いてりゃ良かったと後悔するけれど、
考えてみたら虎の威を借る狐状態なだけだった気がする。
だからこれからもLoveaffairライフを満喫するのです。
生音から電音まで。せいぜい中途半端に。



先日、夜中にテレビをつけたら、偶然YMOのライブを見ることができました。
YMOはCDで聴けばそこそこかっこ良く、
ライブで観るとめちゃくちゃカッコイイ、というイメージです。
うん、やっぱりかっこよかった。というか、皆様知ってますかね、YMO。
世代によっては知らないんじゃないか…と思うけれど、
よくよく考えれば僕だって全くその世代じゃないんですよね。
解散したの生まれる前だし。
とりあえず動画のリンクだけ貼っときます。年取ってからのRYDEEN
こんなかっこしててもカッコイイ。

YMOのライブをみてると、ちょっとだけ打ち込みがしたくなる。
が、DTM環境なんて僕には無いので、
せいぜいKORG DS-10を引っ張り出して見る程度です。

KORG DS-10を買ったのはもう二年くらい前。
それを使って微妙な物作ったのは一年くらい前。
DS-10の説明は、その時の記事でも読んでください。
とどのつまり、DSで動く楽器&作曲ソフトです。

まともにDTMをやったことの無い僕は、こういった半端物に手を出しては
面倒くさくなって放置するという事を繰り返しています。
DS-10も例外では無く、たまーに気合を入れて何かを作ろうとし、
難しくてわからなくなり、途中で面倒くさくなり、
色々未完成で放置する。という事を何度か繰り返しています。
しかし今回、YMOブーストにより打ち込み熱が高いうちに、そんな可哀想な
曲を供養してあげる事にしました。


二年前、DS-10を中古で買って、とりあえず作ってみた曲は何故かブルーグラス。
この期に及んでわざわざブルーグラスって馬鹿なんじゃないかと思うけれど、
すごく「テクノっぽい」と思ってた曲が一曲だけあったのですね。

それが首振体毛魔神D.GRISMAN先生による"E.M.D."という曲です。
まぁ、ブルーグラスというかDAWGなんですけれど、定番曲。カッコイイ。
ちなみにこの曲、本当はEat My Dustという曲で、同名の映画の為に
グリスマンが作ったは良いけれどその映画が駄作だったため、
同じに見られたくないと思ったグリスマンが曲名を略したとか。(出典)

とりあえずこいつを打ち込もうと思い立ち、ある一定期間だけ、
すごく頑張ってみました。

そして、飽きました。
僕の悪いところは、いきなりデカイものを作ろうとして挫折する事です。
ある程度で放置したあと、小ネタを作って放置し、
ヘンナノを作ってアップし、
なぜかもうひとつE.M.D.を作って放置し、
また初代E.M.D.を触りかけて放置し。

そこで今回は、ぼぶのDS-10人生の原点たるE.M.D.を供養しました。
あれこれしようと思うと絶対供養できないので、
あまり大きくは変えず、とにかく完成させれば良いという方針です。
明け方にDS-10を取り出し、ちまちまと修正。
そのままの勢いで録音・録画しました。
最初のバージョンと、何故かつくったもう一つ、
合わせて二つのバージョン。



続きを読む
Posted at 03:47 | ろくおん | COM(3) | TB(0) |
2011.08.02

集えアナログ同志

今日の名言「アナロ熊 アナロ熊 また会う日まで」

7月24日、東北の一部を除いてアナログ放送停波。
(ほぼ)完全地デジ移行が行われました。
テレビの一つの時代が、幕を閉じたのです。

ちょうど草なぎ剛が全裸騒動を起こした時、地デジ化促進キャラとして
"地デジカ"が創り出されましたが、それに対するカウンターとして自然発生的に
生み出された"アナログマ(アナロ熊)"というキャラがいます。
ブラウン管が駆逐され、時代が求める薄型テレビへの買い替えが進むにつれ
鹿は大量増殖し、熊はその勢力を急速に縮小してきました。
しかしそれでも、今まで半世紀以上茶の間にいたアナロ熊を愛する市民は多く、
愛は創作となり一つの歌が生まれました。「アナロ熊のうた」です。

谷山浩子も気に入って、ライブの休憩時間に歌ってくれたこともありました。
みんな大好き、アナロ熊。それでもお別れ、アナロ熊。
今年度中までは東北において延命がなされましたが、
やがて絶滅してしまう運命を変えることはできません。


さて、そんなアナロ熊、そしてそのアナロ熊のうたですが、
どことなく僕達に馴染みのありそうな雰囲気を感じさせます。
『2ビート、明るい曲調、ロンサムな歌詞。』…三拍子揃っている!
と、Twitter上で極々一部が盛り上がる。
ならば僕らにも、アナロ熊の追悼ができるのでは。

と、思い立ったが吉日。なんの為に買ったMTR。元々デモ作りの為だったはず。
つべこべ言わずに弾いてみる。そして、録ってみる。重ねて録ってみる。
楽器は5つ、総動員。ウッドベースも初使用。
そうしてある日の昼間を潰してデモを作りました。
ただし、歌は無し。自分で歌っても可愛くないのと、風邪で咳が酷かったもので。
このデモはとりあえずTwitterで極々一部の人に公開してみただけなのですが、
ちょっとしたコードのミスが発覚。
別にいいけど、ちょっと悔しいよね。

悔しかったら仕方が無い。撮り直しです。
二回目は流石にあっさりと…はいかず。
デモで良いので作品としてのクオリティは求めてないのだけれど、
それでもバンジョーが全然弾けなくて1時間。その他で1時間。
そうして作りなおしたデモがこちら。

このぼぶ自作特有の隔靴掻痒なノリに慣れてきた自分はどうかと思うけど、
妥協を知らねば何も形にすることはできないのです。


そんなわけで、本題。
アナロ熊のうたやってくれる人、募集。
男女問わず。楽器はなんだってどうにだってなります。
願わくば札フェスあたりでソエタあたりに歌って欲しかったけど、
残念ながらしばらく都会の風に染まりに行ってて不参加らしいです。


さて、このデモ、流石に伴奏だけでもつまらない。
マンドリンで旋律でも適当に入れておこうか…と思ったのですが。
そういえば追分からひきつづけている僕の風邪もだいぶ治った。
咳も少なく、多少歌っても大丈夫みたい。
と、気づいて、試しに録ってみたが最後。
結局こんなものを作ってみました。
続きは以下に。



続きを読む
Posted at 04:36 | ろくおん | COM(8) | TB(0) |
2011.03.06

職業:配管工(副業:医師など)

今日の名言「髪型には触れないであげて下さい」…by同居人
DSC_0078.jpg
副部長が髪を切ってからもうだいぶ経ちますが。
心優しき同居人が、我々に事前警告するべく
玄関のドアに貼っていたものです。
いいですか、みなさん。副部長に髪型の話題ふっちゃだめですよ。
凝視もしちゃだめですからね。
チラチラ見てください。



追いコンの準備なんぞ割と適当な北大ブル研は、
どこもそこも新歓の準備を初めているようです。
毎年恒例、各楽器ごとの企画もそれぞれ練習を初めています。
今年もベース弾きの素晴らしさを伝えんとする我らベース企画は、
例年通りな路線で非常に楽しげです。なんて優秀な子たちなのでしょう。
それなりに練習と仕込みが出来る前提・状況があるならば、
僕は是非ともベース弾きのみによる常設バンドを組みたいくらいです。

さて、今回のベース企画は2年目プロデュースなので僕は駒に過ぎないのですが、
ベース企画(に限らすですが)でやってみたい事はいくつかありまして。
その中の一つ、Dr.Mario企画というものをふと思い出しました。
これはDr.Marioの"FEVER"というBGMをベースフィーチャーでやるという企画で、
もともと去年組んでいたマンザニータというバンドの、ある曲に組み込む算段でした。
しかし残念ながら都合によりカットとなり、お蔵入りしたままだったのです。
僕もずっと忘れていたのですが先日のベース企画練後、
ぐだぐだとエレベを弾いていて、ふと思い出しました。

まぁ、今更ベース企画に組み込ませるのは横暴だし、もうやる機会もないか…。
と考えていたらなんだか勿体無い気がしてきたので、独りで作る事に。
デモ音源としても使えればいいかなと。
そんなわけでAOK録音会の裏企画、独り多重録音会を決行し、
こんなものを作ってみました。



独りベース企画、というかベース&マンドリン企画になりました。
来年の企画にでもいかがでしょうか、ベース弾き&マンドリン弾きの皆様?
実際、企画って2つくらいの楽器が合同でやって2回くらい発表したほうが、
効率良い気がする。まぁ、そこら辺の議論はしないでおきましょう。


以下、またグダグダと。



続きを読む
Posted at 02:01 | ろくおん | COM(0) | TB(0) |
2010.06.01

水と油をシェイクする

今日のドドド「そえぱんだ(生意気)」
WS232.jpg
生意気ver.の他にハッピーver.もあった気がします。


色々とイベントがありました。
ツアーだったり合宿だったり。
まぁ、今更記事を書くほどの事はありませんが。


録音第四弾です。
ひとつ前の記事で「テクノにせめるべきだったか」と反省したので、
早速その反省を反映させました。
打ち込みとブルーグラス、水と油を混ぜてみようという企画です。

[KORG DS-10] BigMon [Bluegrass Mandolin]



以下反省。


続きを読む
Posted at 01:08 | ろくおん | COM(2) | TB(0) |
2010.05.18

独りマンドリン企画

今日のドドド「素材2」
WS231.jpg
動画を取る機材が無い僕は、写真を加工する他無いのです。


多重録音第三段です。
ろくおん、のカテゴリも作りました。
今回の録音はマリオBros.3よりoverworld2です。

<Super Mario Bros. 3 - Overworld 2>



以下反省。

続きを読む
Posted at 02:32 | ろくおん | COM(2) | TB(0) |
2010.04.22

ご先祖様リスペクト

今日の名言「紛らわしいから敬語使わないで下さい!」…byにょんさま
新歓飲みにて僕が「ひろのさん帰るんですか?」と訊いて来たのに対し、
つい「うん」と返事をした後、タメ口きいた事にすごく慌てるにょんさま。
何というか、逆に申し訳ないというか、むしろ見習わなきゃというか。
僕なら先輩にも平気で「うん」とか言ってしまうので…。

いっそ、にょんさまに胸倉つかまれながら
「役にたたねぇなぁ5年目なのによぉ!」とか怒鳴られてみたい。


と言う事で部員の皆様、新歓活動お疲れ様です。
コレを書いているのも、新歓ライブ&飲みの後です。
自分が出番の無いライブは、ガラナ飲んで見てるだけで良いので面白いです。
内容も悪くないかと。
今日のライブで言うなら、優秀賞はバンジョー企画。
4年目市川さんと女王様の見せつけロールに、風格というものを感じました。



突然ですが、ブルーグラスを作ったのは誰でしょう?

そう、その通り、ビルモン様で御座います。
しかし、そのブルーグラスに至るまでの礎はどうでしょう?
アメリカのトラッド、オールドタイム、アイリッシュ…えとせとら。
一つのジャンル、一つの音楽は突然生まれる訳ではありません。
無数の枝のように分れた無数のジャンルの音楽は、必ず何かの影響を受けています。
ではその枝を遡っていくと、どんな大木にたどり着くのでしょうか?

考え抜いた末に至った一人の人物は、ヨハン・セバスチャン・バッハでした。
まぁ、つまりバッハさん。和名で小川さん。
確か彼は「音楽の父」と称されるお人です。
具体的な功績は良く知りませんが、中学校で習ったからには父なのです。
バッハが音楽の父であるならばきっと、
今ある音楽はほんのちょっとでもバッハの影響を受けているに違いありません。
勿論ブルーグラスも!

そう、ビルモン様がブルーグラスの父であるならば、
バッハは…活躍は18世紀頃らしいから…
ブルーグラスのひいひいひいひいひいひいお爺ちゃんくらいな存在なのです!多分。
なのに、ビルモン様をリスペクトするブルーグラッサーはいっぱいいても、
この偉大なるご先祖様をリスペクトするブルーグラッサーは少ないように思います。
ならば、僕がリスペクトしようでは無いか!

という理由は全くの後付だけど、今回はこんなものを録ってみました。
一人マンドリン&ベース企画…つまり「ひとり乗り」クラシック。

<バッハ インベンション13番 イ短調>



例によってごちゃごちゃした雑感・反省は「続きを読む」で。


続きを読む
Posted at 17:29 | ろくおん | COM(12) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。