--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.30

ボツネタサルベージ♯2

今日の名言「つらくなったらコレをみて頑張りなさい」…byあのコのお母さん
そう言って小島よしおの新聞記事の切り抜きを渡してきたそうです。
あのコがあのコである理由が何となく分ったような気がします。
まだあの記事持ち歩いてるの?
CA390836.jpg

さて、今月8回目の記事です。月間記録更新です。
記録更新と言いつつ、この文を打ってる時点で何を書こうか決まってません。
う~ん。う~ん。うん。
やっぱり困った時のボツネタですな。第二段。

続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 02:50 | へぼ | COM(0) | TB(1) |
2008.03.25

ライブ三連戦

今日の名言「ああ、ぼぶろぐの。」…by師匠
追いコンの打ち上げで、噂の師匠にお会いしました。光栄です。
OB・OGに「ぼぶです。」言うと、やっぱりまずブログが先行するようで。
昨年のニューイヤーでも言われましたし。
聞く所によると、このブログってブル研のイベントを知るのに最適とか。
ブル研近況お知らせブログ化してるきらいがあるらしいです。
私事しか書いて無いから、これで知られても困るのですが…。
たまにプリキュアとか。
しかしよくここまでたどり着きますなぁ。
リンクしてるとこなんて少ないし、リンクの半分位まともに動いて無いのに。

さて、そんなブル研近況お知らせブログですが、春休みは書く事がありません。
という割には、今月はこれで七回目の記事。やはり春休みはヒマなのです。
一ヶ月の間に七回記事を書くって、実は過去最高記録タイなのですよ。
去年の一月以来です。
だからこの記事も含めて後二回、頑張って書いてみようかと。
今回は折角なので、イベントがあったわけじゃ無いけどブル研の現状とか。
…をちょっと書き始めてやめました。
こんなもん書けたもんじゃないわ。どんどんブラック方向へ話が進みそうで。
普通にライブレポでもしますか。


続きを読む
Posted at 22:35 | へぼ | COM(2) | TB(0) |
2008.03.21

スシ・ロワイアル 2nd stage

今日の名言「もうトラウマは残したくない。」…byふじー
22日で晴れて合法的にお酒が飲めるようになるふじー君。
誕生飲みで欲しくないものは「トラウマ」だそうです。
そんなふじー君と、みかんさんと、回転寿司へ行って参りました。
そう、あの回転寿司戦争が前回よりパワーダウンして再登場です!
…三人だしなぁ。
ふじーとかは、悪い先輩二人にたぶらかされて来てしまいました。
ごめん、ふじー。

会場は前回同様桑園のとっぴーで、ルールも前回と似たようなもんです。
流れは、スシを取る→勝負する→食って皿を敗者の所へ置く、です。
少し流れが変わりましたが、そう大した事ではありません。
また、皿には赤い136円皿と白ラインの241円皿があります。(値上がりしてる。)
前回は曖昧でしたが、今回は取る皿の種類を統一しました。
基本2回赤い皿を取って、1回白ライン、というローテーションです。
では、開戦。

続きを読む
Posted at 02:26 | へぼ | COM(2) | TB(0) |
2008.03.18

刺された釘は抜け落ちて。

今日の名言「田舎のヤンキーに気をつけてください。」…byたか2
うっかり隣の中学校の校区(シマ)に入っちゃだめだそうです。
しかし、あいつが追いコンの司会って適任すぎる。

追いコンが終わってしまいましたね。
色んな方々が去ってゆき、色んなバンドが解散しました。
いやー、どうすんだブル研。良質な人材不足良質なバンド不足。
熟練工である団塊の世代が一斉に定年退職して悩む工場みたいです。
新歓とか、まともに出れそうなバンドの数が片手で納まりかねない感じです。
ってことで、伸びろ現役世代!自分も含めて。

さて、今回の追いコンに関しては、僕は何にも出演しませんでした。
イベントに出演しなかったって、実は一年の定演以来かな。
去年の追いコンでは華歌ってバンドで出たような出なかったような。
華歌ってバンドは…うん、まぁいいや。とても頑張りましたよ。ええ。
とにかく、ゆっくりとバンドを見てることが出来たわけです。

今回の追いコンでも色々と良質なサムシングがありました。打ち上げでも。
印象に残った事を箇条書きしていきます。


続きを読む
2008.03.15

夢のステージ…¥100

今日の名言「1、2、3、4、プリキュア~♪5(ファイブ)!」…by伝説のプリキュア
いつぞやか、ムシキングに挑戦。あっけなく負ける。
いつぞやか、ラブ&ベリーに挑戦。4回トライして勝利。ざまあみろベリー。
そして今回はプリキュアに挑戦。例によって東急のオモチャ売り場です。

そもそもプリキュア自体良く知らないのですが。
いたいけな女の子達が闘うアレなアレですよね?
取り合えず少女達(とおっきなお兄さん達)に大人気ってくらいしか知らないです。
ああ、そういえばお嬢がカラオケでやったら上手く歌ってたなぁ。

なにはともあれ100円を入れてみます。
まずはカードが一枚出てきました。
ぷりきゅあかーどWS113.jpg
自分の写真をこうも大々的に載せるのは初めてだ…。
出て来たカードのバーコードを読み込むことによって能力が付加する事ができます。
ある意味実用的なカードダスみたいな。皆カード集めに躍起になる訳です。
ちなみに出て来たカードは赤いミリタリーフリルドレス…。
分らない世界だ…。将来、軍隊とかで流行るかも。密林ゲリラ戦パーティとか。

さて、覚えてる限りのゲームの概略はこうです。
「伝説のプリキュアのみが出演できるライブ番組に出て歌おう!」みたいな。
なんか自信なかったので公式ページに行ってみたら、伝説のプリキュアたちのみが歌うことの出来る夢のライブはランキング1位を目指すドキドキのライブ、らしいです。
伝説のプリキュアってそんなにいていいのかよ。
…あーもー、少女向けストーリーにそんな文句付けてもしょーもないですよね。
大人って不粋です。

なにはともあれ、カードをスキャンさせます。
ん?できない?…え、なにこれ。カードに3種類くらいの種別あんの?
つまり3項目の強化ポイントがあって、その内1つしかカードで強化できませんでした。
思い返せばラブ&ベリーもそうか。ってか、あっちのほうが多いか。服やら靴やら。
はまると金かかるだろうなぁ…。

ゲーム自体は割りと簡単です。いかんせん小さい子向けですから。
バックで歌ってる歌そっちのけでゲームします。
まず○と×のカードをシャッフルして○はどこでしょー、ってやつ。
それと、流れてくるカードに合わせてボタンを押す、ビーマニのような音ゲー。
その二つを一回のステージの中でやります。
カードシャッフルは簡単です。
音ゲーは簡単ですが、結構理不尽です。
何が理不尽って、音楽のリズムと関係ない。
完全に視覚に頼ってボタンを押すとか、子供のリズム感を損なわせるだろ。
ヤマハ音楽教室におこられるぞー。ドレミファソーラファミッレッドー♪
まぁ、それでもラブ&ベリーのような、タイミングの全く取れないあの音ゲーよりかは良心的ではなかろうか。だってあれ、大人がやっても3回もベリーに負けたんですよ。
…いや、あれは僕のリズム感の至らなさですか。そうですか。すみません。

ゲームが終わり、ドキドキの結果です。
出て来た評価はそこそこっぽい。まぁ、カード1枚しかつかえなかったし。
ランキングは…なんと一位!え、マジカヨ。
ちょっと嬉しかったのですが、二位以下を見れば理由が分りました。
二位以下がどうも筐体の中にデフォルトで入ってるランキングっぽいです。
つまり、東急の筐体はほとんど遊ばれてなかった、と。
実は人気ないんだろうか、これ。


さて。追いコンプレゼントツアーの話でもと思って書き始めたのですが。
前フリなはずのプリキュア話でどんだけ書いたんだか。
まぁ、いいか。
あ、赤いミリタリーフリルドレスカードはまだ財布に入ってます。
やりたい人、あげます。声掛けてください。先着1名。
てかサトコサマ、このカードあげるからラブ&ベリーニーソはいt(ry

Posted at 02:26 | へぼ | COM(2) | TB(0) |
2008.03.09

久々に会った幼馴染はとても綺麗になっていて、僕は…

今日の名言「(指を使って)2、3、で『日産』なんだよ。」…by経済学部
指を使ってというのはつまり、ピース→スリーピースです。意味わかるかな?
証券取引所で使われるらしいです。
文章で書けばなんてことないトリビア。
しかし、バンド練では時として絶大な破壊力を発揮します。
コーラス練ができなくなったり。


さて、皆さんの人生において最初に楽器と出合ったのはいつでしょうか。
幼稚園で始めたピアノ?ヴァイオリン?はたまた、赤ちゃん用のタンバリンとか?
最初の出会いは総じて幼い頃でしょう。
少なくとも、ブル研に入るまで一度も楽器に触ったことが無い事は無いでしょう。
なぜなら日本の義務教育制度に器楽演奏が組み込まれていますから。
そう、リコーダーおよび鍵盤ハーモニカです。
英才音楽教育な家庭の子も音楽とは無縁な家庭の子も、皆等しく触る楽器です。
しかし、所詮義務教育課程での音楽教育。
画一的にやらざるを得ないためか、ただ全員で音符をなぞるだけ。
みんな同時に、おなじように、音符をなぞるだけ。
仕方の無い事でありましょう。教育効果も無いわけでは無いでしょう。
でも、その二つの楽器は所詮教育の道具で、「楽器」としてはなかなか見られません。


続きを読む
Posted at 23:50 | がっき | COM(8) | TB(0) |
2008.03.08

スキマハピネス

今日のガラナ「ガラナ!ガラナ!ガラナ!」
CA390706.jpg
名言ネタが無い時のこの企画。
ニューイヤー直前のジュージャンで。
負けたので、ガラナ3本買いました。いやがらせです。
女性二人は飲みきれず、結局僕が飲むことになったのですが。
約1.2リットルのガラナを腹に溜めてのバンド練は、ええ、それはもう。
どうでもいいけど、チェイス!チェイス!チェイス!って曲が好きだったなぁ。
ポップンです。パーキッツです。あのめっちゃオトメチックなポップ。誰も知らないか。

そのガラナを3本買った時、自販機まで3人で行きました。
その際、僕以外の2人がサ館の自販機にある種の魔力を発見しました。
正確に言うと、自販機の隙間に。
CA390707.jpgCA390708.jpgCA390709.jpg
なんとなく入りたくなる魔力。
おっきなお姉さん達には物理的な無理があったようですが。
でも、無理があるからこそ、そこにロマンがあるのです。そこに夢があるのです。
人間は、鳥のように自由に空を飛べません。だから空に夢を見ました。
そして勇気と知恵を振り絞り、様々な技術で空へ近づいたのです。
そう…夢とロマンこそが、不可能を可能にする原動力となるのです。
自販機の隙間にだって、同じ事が言えましょう。
あの無機質でそっけない隙間。それでいて魔力をもった隙間。
その魔力にお姉さん達は魅せられました。その狭い空間に夢を見つけました。
隙間に入り込むことに、どれだけの意義があるのか。どれだけの意味があるのか。
たとえ、圧倒的多数の人類にとって無価値でも、彼女達にとっては問題じゃない。
夢に手を伸ばすこと。それこそが、お姉さん達の生きる命題です。
実用性や利益等という不粋な範疇で捉えきれない、とても綺麗な願望です。

しかし、その願望が叶う日は来るのでしょうか。
あのお姉さん達が自販機の隙間に在る夢に触れることは出来るのでしょうか。
とても辛いことですが、可能性としては低いでしょう。
人々が夢見るもの、ロマンは数限りなくあります。
そして、その殆どが現実となることなく消えていってしまうもの。
努力しても報われなかったり、努力すらされないものだって膨大にありましょう。
その中で努力や運によって実現した夢だけが、後世に残っていくのです。
彼女達の願望だって、この世に存在する数限りない夢の中のひとつにすぎません。
単純な確率論でも、個別具体的な検討をしても、やはり可能性は低い。
それでもきっと、彼女達は体を隙間にねじ込むのです。
たとえ実現しなくても。たとえ報われなくても。たとえ奇異の目で見られても。
体をねじ込み続ける限り、無価値じゃないのです。
だって、叶わないかもしれないけど、彼女達は夢をみているのですから。
手を伸ばして簡単に届く夢なんて、何の意味がありましょう。
そんなもの、触れた瞬間に現実に引きずりおろされ、輝きを失ってしまうのです。
安っぽい夢の残骸を抱いて微笑むよりも、届かない隙間の夢に手を伸ばして涙を流すことに、あのお姉さん達は生きる意義を見出したのではないでしょうか。

だからたかだか自販機の隙間に体を突っ込む行為だけど、僕には馬鹿にできません。
あのおっきいお姉さん達を笑う事はできません。
彼女達は夢を追っているのですから。
残念ながら、自販機の隙間に僕の夢は見つかりませんでした。
でも、いや、だからこそ、彼女達の夢を応援してあげたい。
あの自販機の隙間に体を完全に押し込む、その日まで…

ぼぶろぐ~は、あのお姉さん達を応援します。


Posted at 00:41 | へぼ | COM(0) | TB(0) |
2008.03.02

王様ショート

今日の名言「トンビが鳴きながらとんでいる」…by爪
ドブロ企画用バンドが宿題バンドとして出たのですが、その評価用紙より。
全文を書くと「とても良い雰囲気でした。 トンビが鳴きながらとんでいる」だけです。
その感性が羨ましい。…いや、どうだろう。やっぱいいや。

そんなわけで今回は、一年前も書きました、冬の宿題バンドのお話。
もう一週間前の話ですが。
やっぱり冬の宿題は夏のとは絶対に違う面白みがあります。
ていうか冬は面白い。夏は…。

さて今回の宿題バンドのメンバーですが、なんとフィドル以外全員一年生です。
Gu.パルコ Mn.けーや Bj.まさこ Bs.よしの となっております。
2名はバンドメンツを決めた部会で指名して引っ張り込んだり、後の2名は部会に出てなかったのに勝手に組み込まれてたり…まぁ、なんにせよ面白そうなメンツです。
あ、ちなみに上記のドブロ企画とは別ですよ。
今年は2月・3月、各2バンドあるのです。

最近良く思ったり話題になったりするのですが、先輩は後輩を育ててくれない。
…と言うと多少語弊もあるのですが。
原因は色々あるのでしょうし仕方ない部分も大いにあるとは思います。また真面目な話を詳しく書き始めると、収拾がつかなくなってめんどくさい話になるので割愛しますが。
でも、なんか色々勿体無いなぁと思うわけです。1年生とかみてると。
そういう点で、宿題バンドで僕がやる事って決まってきます。
てか、正直夏野菜とあんまかわんない。
正直、好き勝手にフィドルが弾きたかった…けど、これはこれで面白いので良しとしましょう。

課題曲を自分達で決めることができるのは冬の宿題の魅力の一つです。
が、レベルや今後の事を色々考慮した結果、ユアラブでひよりました。
新歓デモ演対策も含めて。
ていうか皆様ジャム曲覚えてください。
覚えたほうが良いよ。
覚えろ。
人の事言えないけどさっ。
ジャム曲推進委員会どこいったんだ、広報担当。

バンド練は、バンドも個人も未熟な分、改善の余地が広大なので開拓し放題。
これってかなり楽しいのですよ。成果が分り易いから。
そして自分の好き放題できます。ぼぶに毒されていく無垢な一年生達…嗚呼。
つまり、バンド練は僕が喋り続けるのが基本スタイルでした。

が、必ずしも僕だけが喋り続ける必要は無かったのですね。
というのも、一度僕がダブルブッキングでバンド練をお休みしたのですよ。
死ぬほど申し訳無いのですが、4人でバンド練してもらいました。
その次のバンド練、勿論5人でのバンド練ですが試しに僕が何も言わないでいると、なかなかみんな的を射た事をちゃんと言うのですね。
4人でやった時も、何気に2時間半やり続けたようで。
考えてみればもう二年目にもなりますか…過保護する必要なんて無いのですね。
彼らがいればブル研の将来は明るいです。…多分。

発表本番は恙無く終わりました。おお、これで「つつがなく」って読むらしいです。
みんな緊張しているようでしたが。何気にパルコはデビュー戦だったし。
評価も恙無く終わりました。フィドルに関しては恙無くノータッチでした。
非正規雇用って切ない。まぁ不満は御座いませんが。

本番のバンドの出来としては、正直よくわからんかったです。
が、練習での成果は確かな物だったと思ってます。
とは言っても、もうちょっと続けてたかったなぁ。
まだまだいじれば良くなったろうし、楽しかったし。
まぁ、宿題バンドの宿命ですな。しかたない。
バンドメンツの皆様、ありがとうございました。ダブルブッキング許してくれたりとか。


続きを読む
Posted at 04:17 | へぼ | COM(1) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。