2008.07.31

ステレオタイプがやって来た

今日の名言「ビルチータムが初めてかっこよく思えた」…byくぬぎさん
やる人がやれば、クリップルだってカッコいい…かな?


謎の胃もたれ発生中。何故だ。
とりあえず、明日のテスト勉強なんてしないでブログを書け、と言う人智を超えた存在からのささやかなメッセージとして頑張って解釈してみようと思います。
…ちょっと頑張ったけど無理でした。悔しいな。


さて、こんな時期に書く事と言ったらね、シエラハルですよ。
きっとmixiあたりに「シエラハル」って書くと、ブル研関係者以外はどこで切ればいいのか良く分らないのでしょうね。「シエ・ラハル?そいつ何人?」みたいな。
シエラ・ハルは今更言うまでも無く、かわいい女の子です。16歳です。
しかもマンドリンが弾ける。
そんな女の子がバンドを連れて札幌へ来たのです。
楽器が揃った5人編成のプロのバンドを生で見れるとは、なんとすばらしい。
ついでに言うと、バンジョーもフィドルも十代です。
ブルーグラスに未来はありそうです。
ギターとベースはおっさんです。両方ともカッコイイハゲ。
かっこよく禿げれるって、ずるい人種だと思います。

さて、肝心の演奏ですが。
そこはやっぱり良かったですよ。そりゃあ。
シエラハルの歌は色んな意味で若いなぁと思いましたが、マンドリンはさすがです。
バンドの他のメンツの演奏も、もちろんね。
あんまり言うのも野暮ですが。
まぁともかく、五千円払っても満足できるライブでした。

そしてライブの翌日、御一行を空港まで送り届けて来ました。
2台の車のうちの片方のドライバーを任されまして、後輩一名を道連れにドライブです。
前の座席のジャパンと後部座席のアメリカで見事に国境線が引かれた車内でした。
アメリカ人でも若者はシャイボーイでした。日本人はチキンでした。
それでも一応最後に写真を撮ってもらいました。
シエラのお母さんにシャッターをお願いしたのですが、
手振れ補正設定忘れてまして。
ちょっと後悔。
CA391478.jpg
でもいい思い出になりましたよ


続きを読む
スポンサーサイト
2008.07.24

7月ダイジェスト

今日の名言「まさにつんでれ」…訳:大塚
The Bramble And The Roseという、モリリンの曲でとても美しい曲があります。
以下そのコーラス。

Now see how the bramble and the rose intertwine
Love grows like the bramble and the rose
Often cruel and often kind

これを大塚が訳すと
つんでれ
この意訳センスに嫉妬。


7月は色々ありましたねー。
ブログも散々放置しましたねー。
約一か月分、谷山浩子を聴きながらまとめてダイジェスト。
あ、誰か。
僕と谷山浩子について話したことないけど持ってる方、ご一報下さい。
追分で語ったら、再ブームがきました。
 
続きを読む
Posted at 01:07 | へぼ | COM(6) | TB(0) |