--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.11

出会いは別れを代償に 第四章 ~出会いは楽器だけでは無く~

今日のドドド「カレーイカガデスカ」
WS183.jpg
ゲシュタルト崩壊。
しかしこの格好で客が寄ってくるんだろうか。
お節介ながら心配してしまいます。

酪農大の学校祭(白樺祭)へ行って来ました。
勿論、酪農大のブルーグラス研究所も出店・演奏しています。

当然のようにマンドリンを持って行ったら、マンドリンは他に二人。
当然のようにセッションでベースを弾かされました。
当然のようにマンドリンは使わず、
当然のように家へ置きに帰ったのです。
世知辛い世の中です。

今年はいつもより大幅に遅い10月の開催とあって、やたら寒い。
ステージに立ったら、春のデモ演みたいな感覚です。

あとはまぁ、ブル研ブログに誰か書くでしょ。
てか誰か書いてください。




また、例のマンドリン話です。
例のマンドリン話ってか、分析ってか、ただのノロケ話ってか。
いつまで続くんだろ。

今回はあのモデルのルーツ。
そして、そのルーツとなったタイプのマンドリンを使ってた人について。

その人の演奏が、クリスシーリにマンドリンをはじめさせるキッカケになった…
らしいです。

続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 00:34 | がっき | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。