--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.19

活字読みたいキャンペーン

今日のドドド「召還魔法陣」
WS190.jpg
左:呼んだ人 真ん中:呼ばれた人 右:おおきい人

もちろん「こっちの『ゴ』はサイズ4のほうがいいかな…」とかやりながら、

「僕は夜中に何やってるんだろう。」

って、考えるんですよ。
少しは。


魔法、使えたらいいですよね。
青木さんとか召還できたら…何ができるかな。
あ、ちょっと電球替えてよ、とか。

う~ん、やっぱ召還魔法はいらないかな。
それなら電球を替える魔法を自分で使ったほうがいいのか。
いいなぁ、それ。生活魔法。
もしもイオナズン使えたって、実際問題しゃーないしな。
面接ですらつかえねぇ。

そんなわけで、ぼぶろぐ~は生活密着型「まほうつかい」を育て始めました。
いや、生活密着型魔法が使えるのかは知りませんが。
サイドの下のほうに居ます。
ブログの記事をいっぱい書くと、経験値が入るそうです。
そのうち上級職にもランクアップできるそうです。

丹精込めて育てたいと思います。
つまり、頑張って更新します。


マンドリンネタを終わらせた今。
次はバンジョーネタでも…、と考えましたが。
そろそろ楽器ネタやめろよって思うのです。


さて、皆さんは読書しますか?
レポートや課題関係はともかく、世の大学生は何を読むんでしょうか。
そして、どんな読み方をしているのでしょうか。

しばらく「楽器」「パソコン」「食事」しかしない生活を続けていました。
すると、どうやら頭が腐り始めたようです。
文字を読むのもめんどくさい。
自分はこんなにたくさん、無駄な文字を世界に放っているってのに。

思えば夏休み中は一冊たりともまともに本を読まなかったです。
大学生なのになぁ…。
ちなみに「文学部なのに。」と言われることもありますが、
学部の字面だけでそういうこと言っちゃいけませんよ。

読書が嫌いな訳ではありません。
読書欲がある時と無い時があるのです。
外に出かける機会が多い時期は読書欲があり、
ひきこもりシーズンは読書欲が沸かないのです。
本って、家では読む気になれないのですよ。

そんなわけで、地元の図書館通いを始めました。
学校まで通うのは面倒なのです。

読むのは、だいたい新書が多いです。
たまにビジネス書みたいな感じのも。
そういえば小説は最近読みません。


何か読んでお勉強するからには、身につけたいと思うじゃないですか。
でも、読んだ内容の殆どは忘れてしまう。
もったいない。
どうしたものか。
まぁ、こんなこと皆考える事で、だから読書法の本が沢山あります。
しかし結局その読書法の本も、読んだ内容を殆ど覚えていない。

それでも、極々簡単に内容のメモをつけるくらいの事はするようになりました。
後から読み返すこともあまりありませんが、
なんか「読んだ!」って実感だけは湧きます。
あとは、手を動かしてメモる事が重要だとかなんとか。

確かに、紙に書くってとても重要だなとは感じます。
脳みその中の単語をとにかくボールペンで吐き出していると、
脳みそが考えているのか手が考えているのか。
わからなくなってきます。
不思議な物ですね。

じゃあブログも手書きすりゃいいのかな。


皆さん、どんな本の読み方をしているのか。
ちょっと気になります。



スポンサーサイト
Posted at 02:44 | へぼ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。