--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.29

アルコホリックに憧れるべきか否か

今日の名言「Death Count」
CA392191.jpg
飲めば飲むほど、死に近づく。
お財布、脳みそ、名誉、威厳、その他諸々。

ただ、学祭でお世話になっている店ですので、お酒は買いません。



お酒はやはり、どうにも弱いです。
その日の調子次第で飲める量は変わりますが、
日によってはビール一杯でも、頭部限定で慣性の法則に時間差が生まれます。

考えてみれば、飲むお酒によって違うのかもしれませんね。
量はともかくSSや日本酒、カクテル等はまだ美味しく飲めますが、
ビールは未だにあまり美味しく飲めません。

一説によると、ビールの美味しさはある日突然開眼するらしいです。
ある日突然美味しく感じられ、それ以降ハマっていくのだとか。
そんな大人の階段を一段登るような瞬間は、まだ僕にはやってきません。

そういえば、ガラナに開眼した瞬間ならありました。
一年目の時は500ml缶で気持ち悪くなっていたのに、
二年目の暑い夏の日に飲んだ500ml缶は、どうしてなかなか美味しかった。



お酒をあまり飲まないのは、現代の若者の傾向らしいです。
お酒に弱いというよりは、お金を使いたくないというのが理由みたいです。
お店や業者にとっちゃたまったもんじゃ無いでしょうね。
そういえば「ほろよい」って缶チューハイのCM、知ってますか?
堀北真希その他が「ウェブ飲み会」と称して、各々チャットしながら飲むCM。
つまり、一人でネットしながら家で飲むのが今の流行っしょ、って表しているのです。
…って話をどっかで聞きました。

そんな今の若者像は、共感できるところがあります。
今の若者ですから、一応。

しかし、そもそも飲む必要すら無いんじゃないか、とこの夏気づきました。
飲んだときのテンション傾向として、一瞬上がった後は下降します。
気持ち悪くなるからなのかなんなのか、わかりませんが。
じゃあ最初から飲まなきゃいいじゃないか、と。
そんな訳で今年のフェスや合宿では一切飲まず、
夜中に車で遊びに行ったりしてました。

決して「お酒を飲む」という行為は嫌いじゃないのですが、
別に「酔いたい」から飲むわけではないのですよね。

お金を使わずに済むという点に関しては大変ありがたいのですが、
いっぱい飲めて楽しく酔える方々を羨ましくも思います。
特に飲み放題の時は。

飲める人、飲めない人。
果たして、どちらが良いのやら。




スポンサーサイト
Posted at 01:59 | へぼ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。