2010.01.28

天才と負け犬

今日の名言「天才?そんなの大昔の負け犬が作った言葉だろ。」…byアリューゼ
ヴァルキリープロファイルというRPGより。
あるキャラクターに、
アリューゼさんと一緒にしないでください。僕は天才なんかじゃない。」
と言われたアリューゼさんが言い放った言葉。
大変印象に残っている言葉です。



「天才」とは何か…。
ニューイヤーの開場前、チャーリーと何故かそんな話題になりました。


「天才」なんて、そもそも曖昧な言葉ですので幾らでも定義の仕方はあるでしょう。
しかし、まず思いつくのが冒頭の名言です。
天才…つまり天性の才能という、恵まれた先天的な能力を認めることで、
自分の土俵とは違う土俵にいるんだとし、そこへ対象を追いやる事で、
自分が劣っている理由をつける為の言葉。
確かに、「天才」の存在意義の中で、一つの側面ではあると思います。

チャーリーとの話をしているうちに、天才の例を挙げることになりました。
咄嗟に思いたのは、3年目Mn弾きのケーヤです。
何かにつけての間の悪さや、何かとアレな発言レベル、愛され具合…。
詳しく説明するのは野暮ですが、彼は天才と言って差し支えないでしょう。


しかし、彼に対する天才は明らかに「大昔の負け犬」が作った意味じゃない。
例えば、

小谷「
ケーヤさんと一緒にしないでください。僕は天才なんかじゃない。」
ケーヤ「天才?そんなの大昔の負け犬が作った言葉だろ。」

何て会話してみようものなら、小谷君は嫌味なだけで、
ケーヤは空気読めてないだけです。
…別に小谷である必要は無いですよ。

思うに、そもそも自分とは比較競争のしようも無いジャンルで賞賛するにあたって、
かつ、特に強い期待をこめているわけでは無い時に使われるのが、
この場合の「天才」と言えるのだと思います。


ところで、ニューイヤーのあの日。
事もあろうにステージ上で7年目から「天才」と謳われた2年目がいます。
ちょうどチャーリーと話して、天才について考えた後でしたから、
少々考えてしまいました。
うん、確かに彼女は天才と感じる。(褒めて伸ばす!)
ベースもドブロも、それはもう、紛れも無く天才である。(褒められて伸びろ!)
そしてそれは、ケーヤに対するそれとは別物である。
同じ音楽という土俵においての比較ですからね。
じゃあ、例えば、、、

7年目(増田)「えー、ではメンバー紹介を…。ベースは”天才”、兼平です!!」
2年目(兼平)「天才?そんなの大昔の負け犬が作った言葉でしょう。」

…あ、なんか。

これを脳内再生してみた時点で、なんかどうでもよくなってきた。
ゴメンナサイと言いたくなるくらい、打ちのめされた感があります。

脳内再生実験の結果、やはり僕は負け犬だったようです。
まぁ、年目が上がってくるにつれ自分の程度も知れてきたのに加え、
前途有望で広大な成長の余地が残された希望に満ち満ちている2年目達を見てると、
「天才」とでも言いたくなるのでしょう。

…とは言っても、結局みんな本当にひがんでる訳でもなく、
本当にその実力を客観的に認めているからなのでしょうけどね。
要は純粋な評価と期待、といったところでしょう。

そう言った意味では、むしろ多くの後輩に「天才」と言いたいです。
先輩を悔しがらせてひがまれる、
そんなプレーヤーになって欲しいと思います。
存分に褒められて、まだまだ伸びてください。


続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 04:29 | へぼ | COM(3) | TB(0) |
2010.01.28

まだ一月、まだ新年。

今日のドドド「補助呪文バイキルト(゛)
WS207.jpg
効果:右手の親指、人差指、中指のパワー、スピードを2倍にする。
    "天才"は、そんな魔法が使えるのかもしれません。
    しかし、無論レベル上げの末に覚えるものでもあるのでしょう。

むしろ「ヘイスト(゛)」とかのほうがいいだろうか。



新年、明けましておめでとう御座います。
もう1ヶ月以上も更新していなかったので、今更という感じですが。
何度か更新しようとしたのですが、やる気が出ませんでした。
旧年を振り返ったり、新年に向けて意気込んだりするはずだったのに、
pspしてたり、国連の人のお世話しながら遊びまわってたりしていたら、
いつの間にかニューイヤーコンサートが終わって1週間以上。

そんな訳で、とりあえずニューイヤーの記事を書いておきます。


いつもの琴似パトスで、今年は9バンドの出演でした。
いつものように、1年生の成長にホクホクするコンサートです。
1年生主体でありつつ、たまに癖のあるようなバンドも混じる、
いつものように素敵なコンサートだったと思います。
…客入りの少なさはどうかと思うけど。

ニューイヤー関連は誰か彼かブログを書いていますが、
taiさんのブログを読んで見る事をオススメします。
ニューイヤー記事を書いた人が軒並み紹介していますね。
色々と参考になります…たとえマンドリン弾きでなくとも、自分の事でなくとも、
自分が7年目と一緒にまとめられ、スルーされていようとも。


さて、今年のコンサートにはどのような印象をお持ちになったでしょうか。
集計されたアンケートはまだ読んでいないのですが、
ブログを読んでいると、割と上級生についての記述が目立つように思います。
それはそれで良いのですが、裏を返せば1年生の印象が薄かったのでしょうか?

と言うのも、やはり僕自身の中で印象が薄い事が否めません。
決して例年に比べて未熟だとか、そんな事では無いけれども、
何か薄味だった感はあります。
あまりちゃんと聴いて無かったからなのかな…。

まぁ或る意味、堅実に技術を積み上げたと言えるかもしれません。
これから、バンドが新陳代謝する時期です。
上の年目と交われば、また面白い事も起こるでしょう。
期待しています。
頑張れ1年生。
頑張らせろ上級生。


続きを読む