--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.24

4弦のススメ

今日のガラナ「ビックハウスのきまぐれ」
PAP_2809.jpg
近所のマックスバリュやセブンは、500ml缶のキリンガラナを常備しています。
反面、近所のビックハウスはいつ行ってもコアップしかないのですが、
最近2Lのキリンガラナが積まれるようになりました。
常温放置コーナーなので、続くかどうかはわかりませんが大変結構な事です。
しかし、やはり500mlの缶で飲むガラナが一番おいしいものだとも思うのです。



数日前、23歳になりました。
あからさまにお祝いしてくださった方、密かに心の中でお祝いしてくださった方、
忘れていた方、興味の無い方、むしろぼぶが憎い方、
とりあえず全員まとめてありがとう御座います。
プレゼントは誕生日の前後半年間に限り受け取らせていただきます。

さて、若干ニート気味な23歳は最近新しいオモチャに傾倒しております。
それがこちら。
CA392812.jpg
ご覧の通り、バンジョーです。
「おめー、前々から持っとるやろー」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、
その通り。1年生の冬にヤフオクで6000円くらいで落とした安バンジョーです。
この子(通称ハニー)は5弦ペグのチューニングが至難の技であること、
また、バンジョー独特の奏法が気軽にできるものじゃなかったことにより、
たまに遊ばれる程度の存在となっていました。

ところで、最近ジャグバンドをやりたくてしょうがない僕は、
4弦バンジョーを弾きたい衝動に駆られるようになってきました。
幸いにしてバンジョーはある訳ですから、5弦をテープで封印して弾いてみました。
そして4弦の、想像以上の手軽さに気付いてしまったのです。

そんなわけで今日は、
「実はベースの次くらいにとっつき易いのかもしれない4弦バンジョー」
をレコメンドです。

続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 02:42 | れこめんど | COM(6) | TB(0) |
2010.02.12

芸術の根っこ

今日のドドド「元気玉」
WS219.jpg
タイさん夫妻から、結婚祝いのお返しが届きました。
チョコレートティー、大変おいしう御座いました。ごっつぁんです。

チョコレートティーと一緒にこのイラストが同封されていた訳ですが。
奥様(!?)のイラストは、見るにつけ上手で可愛いものだと、常々思います。
閉まっておくのも勿体無いので、暫く僕の部屋で気を集め続けてもらう事にします。


僕の部屋に入ったことがある方ならご存知かと思いますが、
僕の部屋の壁にはべたべたとポストカードがはってあります。
シンプルでスタイリッシュな部屋を目指す気なんぞ毛頭無く、
壁はポストカードをはじめ、ポスターやらその他やらでごっちゃです。
最近はマンドリンケースもごっちゃです。

ポストカードの殆どは浪人時代に集めたものです。
暇だったのです。
なので、イラスト関係に随分とお金をつぎ込んだことがあります。
ただし、集めるだけで、決して描く訳ではありません。
書くほうは絶望的に下手なので。
しかし、プロならともかく、割と身近にいる人が上手だと、
自由に描けるって羨ましいなと思わずにはいられません。


元気玉の写真を撮りながらぼんやり思い出していた記事があります。
はてブの2009年ブックマーク数ランキングで見つけた、
どんなにへたくそでも一日後には絵が上手くなる方法
という記事です。
ランキングでは10位にランクインしていました。
2chのまとめなので読むのに若干抵抗がある方もいましょうが、
とても興味深い内容だと思います。
スレッド投稿者はまず、理由は知らせずに「ただひたすら丸を描け。」
とだけ指令を出します。
白い紙に、鉛筆で、何枚も、丸、丸、○。
何枚か書き溜めた頃に解説が始まっていくわけですが、省略。
自分で読んでください。

言ってることは結局精神論とも言えますし、
すごく当たり前の事っちゃ当たり前の事なのです。
でもその当たり前の事に気付いていなかったり、
その重要さを実感していなかったり、
考えた事すらなかったりするから、
このスレッドにある種の新鮮さがあったのでしょう。


この絵を上手く描けるようになるための方法論は、似たようなフォーマットで
音楽をする方法論にも当てはめることが出来ると思います。
眼で見て⇔脳みそでイメージして→ペンで出力する。
眼を耳に、ペンを楽器(or声)に置き換えれば、そのまま音楽の方法論です。
上手く描けないのはイメージが頭に無いから、とスレッドの投稿者は言います。
上手く弾けないのはイメージが頭に無いから、と言うのも言えるのではないでしょうか。

まず、手を動かさなきゃ絵も音楽も上手くはならない。
当たり前ですね。
じゃあ何故手を動かす事が必要なのか?
それは身体的技術をつける事はもとより、イメージを頭に浮かべなきゃいけないから。
そのためには丸でもロングトーンでも、重ねていかなきゃしょうがない。
とても当たり前な理屈ですが、それを意識し、実践している人は、
当たり前のようにいる訳では無い気がします。
ここまで言っておいて、自分でも実践してないと思います。


音楽は紙のように積み重ねて厚みで成果を実感できなかったり、
なかなか自分で客観的な評価がしにくかったりするのが難点ですけどね。
しかし、何の効果を目的にしているのかも良くわからずに練習するのと、
イメージを持ち続ける、又は考え続けて練習するのとでは、
その効果に大きな差があるのでは無いかと思います。
音楽も絵も、イメージ無くして成り立たないのです。
まぁ、結局はいっぱい練習するって大前提はあるのですが。


皆様、テストも終わり、春休みに突入しつつある頃でしょう。
暇な昼間は楽器を弾き、
眠れぬ夜は丸を描く。
そうすれば、定演にも出れて、パンフレット描きにも困らないことでしょう。



2010.02.08

先行研究サルベージ ~掘りきれないからサイトだけ紹介篇~

今日のドドド「オタマトーン」
WS208.jpg
最近、色んなお店でよく見かけるようになった明和電機のオタマトーン
otama.jpg
僕も昨年購入しました。
一度転落してから、接触不良に悩まされていますが。

今僕の中で明和電機がものすごい勢いでアツいです。
近いうちにレコメンドします。必ず。

そういえば、本日は本間某さんのお誕生日で御座います。
今日から少しの間、僕より年上のお姉さんです。
ちなみに昨日は橋爪某さんのお誕生日でした。
二人とも、おめでとう御座います。




さて、前回、前々回と、身近な範囲でブログをサルベージしたわけですが、
今回はもう少し広くあたってみようかと思います。
流石に前回までのように過去ログまで具にチェックする気力は無いので、
僕が知る範囲で有用そうな所をいくつかご紹介させて頂くだけにします。
きっと有名どころは「今更か」って感じかもしれませんが。

と、言う事でまずは今更なところから。

◆ハシモトコウ・アワー http://www.koh-h.tv/

やはりまず押さえておくべきは、ブル研OBであるコウさんのサイト。
今僕は、「先行研究」を探すという名目でこの企画をやっているわけですが、
まさに「研究」と呼べるような素晴らしいコンテンツが詰まっているサイトです。
ジャンルは日記から、音楽、ギター、芝居…幅広く、面白く、量も多く。
ブルーグラス関係では、クラレンスホワイトのギター研究や、
知ってる方もちらほら出てくる駅伝的CDレビュー「BGタイムス」があります。
ギター弾きのみならずブル研部員なら、一度は必ず覗いてみるべき所です。



◆The maEdolin Section http://www.geocities.jp/maedolin_sect/index.html

プロマンドリン弾き、maedolinさんのページ。
マンドリンのレッスンページがあります。
充実したタブ譜のほか、テクニックについてのレッスンも、
ちゃんと整理されて公開されています。
マンドリン関連のコラムは、昔何度も読みました。
この前ウルフキラーを作ったときも参考にしましたし。
ブルーグラス着メロなんかもあります。
マンドリン弾きは是非ブックマークするべき良い所だと思います。



◆Mandolin Cafe http://www.mandolincafe.com/

またまたマンドリンの有名どころ。ただ、今度は世界規模です。
恐らく世界最大のマンドリン総合情報サイトでしょう。
MP3アーカイブでは、ブルーグラスをはじめケルト、ジャズなど
結構な量の曲がダウンロードでき、
タブ譜もあり、
マンドリン関連のニュースは随時更新され、
掲示板では数々のスレッドがたてられて、
「F型マンドリンの渦巻きは音質にどう作用するか」みたいな事が延々と議論され、
たまに「グリスマンのアイコラはってけ」みたいな頭悪いスレもあったりします。
なんとも愉快なところです。
マンドリン弾きでなくとも、MP3アーカイブくらいは漁ってみて損は無いですよ。



◆The House of Fiddler http://great.fiddler.jp/

マンドリンとくれば次はフィドルです。僕の嗜好性全開ですね。
ここはオールドタイムフィドルを演奏する方がおやりになってるページですね。
「ヴァイオリン」ではなく「フィドル」のボウイングのやり方や
お稽古の方法なんかを解説してくれています。
また、オールドタイムフィドルの録音もアップされていますね。
ちなみに宝塚フェスでハーゴンさんがお会いしたらしいです。
フィドル弾きは押さえておきたいサイトです。



◆torihada++ http://www.stickmusic.info/

最後はベースです。
ここは北大OBのベース弾きの方のサイトですね。
もうこちらでは更新停止されていますが、ベース講座は生きています。
大学一年生がブルーグラスなんかをはじめてベースを弾く事になり、
とりあえずウェブで情報を集めると、まず最初に行き着くところです。
と言うかここ以外にブルーグラスベース講座なんて知りません。
…まぁ、探してもいないのですけどね。
「基礎編」「発展編」も勿論重要ですが、
若かりしあの頃はスラップ編ばかり読んだ気がします。
実際、一年生の時の箱根フェスで教えてもらったりもしました。
お陰さまで、当時のオーディションでのスラップ部分を乗り切ることができました。
今ではスラップの技術なんて殆ど残っていないので、
申し訳無い事この上ないのですが。



本当はこれらに加えて、もうひとつ紹介したいサイトがありました。
ブルーグラスギターについてかなり研究されていた方のサイトだったのですが、
久々に行ってみると何故かnot foundです。
もしいつか、また見れるようになった時にはご紹介いたします。

しかし、最後までバンジョーには触れず仕舞いでしたね…。

今回ご紹介させていただいたのは、広大なウェブの海の中のほんの一部です。
先行研究は、まだまだたくさんある事でしょう。いや、あるかな…ぶるーぐらすだしな・・・。
…まぁ、あるんですよ。きっと。
もし「ココを紹介しないとは何事だこの野郎刺すぞ。」みたいな所がありましたら、
是非お教えくださいませ。



2010.02.07

先行研究サルベージ ~バンマスさん達篇~

今日の名言「そう、私は晴れ男なのである。
        なにせ名前は『陽司』、太陽を司る男なのだ。
…by2006-06-28「雨男」


こんにちは。今回は先行研究サルベージ企画、第二回目です。
と、その前に。
せっかくコメント欄にあげていただいたので、ますださんの記事をご紹介しておきます。
タイさんのニューイヤーレビューに関連してお書きになったものですね。
また、タイムリーな事にタイさんも音楽的な事について語っておられます。
あ。…決して洒落じゃないですよ。


さて、今回は残る二つをいっぺんにまとめてご紹介しようかと思います。
ツクイさんの"Tsukui Music World"のコラムと、
タカセさんの"ANYWAYで逢いましょう"から、勝手に掘り出してきました。
なんでいっぺんにやるかと言うと、相互連関があったりするというのと、
個別にやるのがめんd…いや、まとまってた方が読みやすいかなと。

まぁ、ともかくまとめてみたのがこちらです。


Tsukui Music World  http://www.yoji.halfmoon.jp/

2006年
速く弾く方法その1
速く弾く方法その2
速く弾く方法その3 (このシリーズは、特にGu・Mn弾き必見)
メトロノームの使い方
どれも同じ曲(…にブルーグラスが聴こえてしまう件について)

2007年
ヴァーチャル演奏の効用
コピーと自己表現 (※タカセさんの記事と関連)
お次は「ドライブ感」だそうです (※同上)
ドライブとグルーブ

2008年
弾くよりも見る




ANYWAYで逢いましょう http://blog.livedoor.jp/wingrass_b/

2007年

0914 コピーについて(※)
1002 ドライブ感について(※)
1229 バンドについて(バンドをうまく続けるコツ)

2009年
1013 
ブル研の中心で音楽を叫んで下さい。


まとまってた方が読みやすいかなとも思いますが、
まとまってると読む気が失せるって危険性も大幅アップですね…。
とりわけ脂っこい記事を掘り出していますから。
集めてみるとヤンマーと大将をはしごするレベルです。

とりあえず、以下でちょっとガイドします。



続きを読む
2010.02.06

先行研究サルベージ ~「自由奔放」篇~

今日の名言「柔軟さの必要性をアカギも説いていた」…by自由奔放 2006-10-04
過去ログを漁りながらこの一節を呼んだとき、
あの子ってそんな語る子だっけ!?と、一瞬本気で驚く自分が悔しい。
そっちの「アカギ」か…。
そもそも2006年って、僕一年生でした。


昨夜の記事で、「先行研究のため他人の過去ログをサルベージしてきます。」
と宣言したので早速、昨夜記事をアップした直後から掘り出し始めました。

対象に選んだのは、割と身近にいるOB様のブログ(コラム)3つ。
ツクイさんのHPのコラムと、タイさんタカセさんのブログです。
この方々なら、何かしら有り難い事もお書きになってらっしゃるだろうと踏みました。

最初は楽しく、興味深く読み進め、
中盤は少し疲れ、軽く読み飛ばし、
終盤はお腹が空いて、鈍足で読み飛ばし、
なんとかお日様の気配がする前には終わりました。

終わった後に思った事は、
約4年×3人分の歴史を一晩でダイジェストし、
尚且つその中でも濃い記事を探すとなるとかなりグロッキー。と、言う事です。
全部いっぺんに読むと、もうどうでm…な気分になってきます。

なので、全部いっぺんに紹介するのはやめて、
分割して紹介していこうかと思います。


の、前に。そもそも勝手に過去記事への大量のリンクを張ってしまって良いものか、
という不安はあります。
実はぼぶろぐ~からのリンクですらタイさんの「自由奔放」しかしてなかったりする。

なので、何か不都合があれば速やかに対処致しますので、その際はご連絡下さい。
もし朝5時に「お前あの記事なんだ、リンク消せ、早く消せ」ってメールが来たとしても、
速やかにパソコンを起動して、速やかに対処します。
…まぁ、あの時は公開日時を「1年早めた」だけでしたが。


それはさておき。
今回はまず、タイさんのブログをサルベージしてみましょう。




続きを読む
2010.02.05

、とか言ってやる事は大して変わらないのだろうけど。

今日の名言「なっとく森は きちんと腑に落ちる♪」…byなっとく森の歌
嗚呼、納得。

酪農大のコンサート@江別のレポやら、谷山浩子飲み@江別のレポやら、
書こうとは思ったのだけど筆が進まなかったのでやめます。
特に、浩子飲みは下手にレポしちゃいけない感じになってしまいました。



早いもので、2月です。もうすぐ僕も5年目ですか。
5年目と言えば、僕らが入部当初の頃だと土屋さんあたりでした。
そう考えると、凹むばかりです。
やはり、1年生の時の状況を基準にして、色々と考えてしまいますよね。
あの頃の「1年生の視線」が、美化して記憶している事も否めませんが。

僕が最初にブログを作ったのは1年生の秋くらいだったかと思いますが、
その頃はもっとブログがあった気がします。
いや、数が多かったというよりかは、割と濃かった、とでも言いましょうか。
自分の価値観なんて無かった頃、他人の価値観がとても新鮮でした。
飲み会には出無精な僕にとって、ブログは他人の価値観に触れる
数少ない場だったのかもしれません。
それも美化して記憶しているのでしょうか。
ネムノキとか残っていれば、過去ログでも漁ってみれたのですが。

ところで最近…に限った話ではありませんが、音楽についてよく考えます。
別にブルーグラスには限らず、技術論から願望から妄想まで、取りとめも無く。
しかし、取りとめが無さ過ぎて直ぐに霧散してばかりなのが悲しいところです。
音楽的興味やマイブームがどんどん変わって行くせいで、
自分自身付いていけてないから、というのもあるのかもしれません。

なので、これから少しブログにアウトプットしていこうと考えています。
あまりブルーグラスから離れない範囲で。
今まで多くの実験と犠牲を積み重ねてきたので、その供養代わりにも。
それを1年生が読んで、僕の事を美化して記憶してくれれば、
あとはさっさと逃げるだけです。
まぁ、そもそも1年生がブログ知らないとか、
実際問題ブログで読んだ事なんていちいち覚えてないとか、色々と問題はありますが。
こういうのって、面倒臭そうな話になりがちなもんですので、
「おんがくろん」という面倒臭そうなカテゴリに作ってまとめておこうと思います。



さて、自分が書くにあたってまず行うべきは、先行研究のチェックと考えます。
先人達は、僕よりも沢山の経験の中から沢山の事を考えていると思います。
そしてその一部をブログに記していることでしょう。
しかし、ブログでは時が経つにつれて埋もれてしまうのが難点です。
なので、まずは他人の過去ログをサルベージしてこようと思います。
何が出るかな。何が出るかな。
次回の記事でまとめます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。