--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.08

先行研究サルベージ ~掘りきれないからサイトだけ紹介篇~

今日のドドド「オタマトーン」
WS208.jpg
最近、色んなお店でよく見かけるようになった明和電機のオタマトーン
otama.jpg
僕も昨年購入しました。
一度転落してから、接触不良に悩まされていますが。

今僕の中で明和電機がものすごい勢いでアツいです。
近いうちにレコメンドします。必ず。

そういえば、本日は本間某さんのお誕生日で御座います。
今日から少しの間、僕より年上のお姉さんです。
ちなみに昨日は橋爪某さんのお誕生日でした。
二人とも、おめでとう御座います。




さて、前回、前々回と、身近な範囲でブログをサルベージしたわけですが、
今回はもう少し広くあたってみようかと思います。
流石に前回までのように過去ログまで具にチェックする気力は無いので、
僕が知る範囲で有用そうな所をいくつかご紹介させて頂くだけにします。
きっと有名どころは「今更か」って感じかもしれませんが。

と、言う事でまずは今更なところから。

◆ハシモトコウ・アワー http://www.koh-h.tv/

やはりまず押さえておくべきは、ブル研OBであるコウさんのサイト。
今僕は、「先行研究」を探すという名目でこの企画をやっているわけですが、
まさに「研究」と呼べるような素晴らしいコンテンツが詰まっているサイトです。
ジャンルは日記から、音楽、ギター、芝居…幅広く、面白く、量も多く。
ブルーグラス関係では、クラレンスホワイトのギター研究や、
知ってる方もちらほら出てくる駅伝的CDレビュー「BGタイムス」があります。
ギター弾きのみならずブル研部員なら、一度は必ず覗いてみるべき所です。



◆The maEdolin Section http://www.geocities.jp/maedolin_sect/index.html

プロマンドリン弾き、maedolinさんのページ。
マンドリンのレッスンページがあります。
充実したタブ譜のほか、テクニックについてのレッスンも、
ちゃんと整理されて公開されています。
マンドリン関連のコラムは、昔何度も読みました。
この前ウルフキラーを作ったときも参考にしましたし。
ブルーグラス着メロなんかもあります。
マンドリン弾きは是非ブックマークするべき良い所だと思います。



◆Mandolin Cafe http://www.mandolincafe.com/

またまたマンドリンの有名どころ。ただ、今度は世界規模です。
恐らく世界最大のマンドリン総合情報サイトでしょう。
MP3アーカイブでは、ブルーグラスをはじめケルト、ジャズなど
結構な量の曲がダウンロードでき、
タブ譜もあり、
マンドリン関連のニュースは随時更新され、
掲示板では数々のスレッドがたてられて、
「F型マンドリンの渦巻きは音質にどう作用するか」みたいな事が延々と議論され、
たまに「グリスマンのアイコラはってけ」みたいな頭悪いスレもあったりします。
なんとも愉快なところです。
マンドリン弾きでなくとも、MP3アーカイブくらいは漁ってみて損は無いですよ。



◆The House of Fiddler http://great.fiddler.jp/

マンドリンとくれば次はフィドルです。僕の嗜好性全開ですね。
ここはオールドタイムフィドルを演奏する方がおやりになってるページですね。
「ヴァイオリン」ではなく「フィドル」のボウイングのやり方や
お稽古の方法なんかを解説してくれています。
また、オールドタイムフィドルの録音もアップされていますね。
ちなみに宝塚フェスでハーゴンさんがお会いしたらしいです。
フィドル弾きは押さえておきたいサイトです。



◆torihada++ http://www.stickmusic.info/

最後はベースです。
ここは北大OBのベース弾きの方のサイトですね。
もうこちらでは更新停止されていますが、ベース講座は生きています。
大学一年生がブルーグラスなんかをはじめてベースを弾く事になり、
とりあえずウェブで情報を集めると、まず最初に行き着くところです。
と言うかここ以外にブルーグラスベース講座なんて知りません。
…まぁ、探してもいないのですけどね。
「基礎編」「発展編」も勿論重要ですが、
若かりしあの頃はスラップ編ばかり読んだ気がします。
実際、一年生の時の箱根フェスで教えてもらったりもしました。
お陰さまで、当時のオーディションでのスラップ部分を乗り切ることができました。
今ではスラップの技術なんて殆ど残っていないので、
申し訳無い事この上ないのですが。



本当はこれらに加えて、もうひとつ紹介したいサイトがありました。
ブルーグラスギターについてかなり研究されていた方のサイトだったのですが、
久々に行ってみると何故かnot foundです。
もしいつか、また見れるようになった時にはご紹介いたします。

しかし、最後までバンジョーには触れず仕舞いでしたね…。

今回ご紹介させていただいたのは、広大なウェブの海の中のほんの一部です。
先行研究は、まだまだたくさんある事でしょう。いや、あるかな…ぶるーぐらすだしな・・・。
…まぁ、あるんですよ。きっと。
もし「ココを紹介しないとは何事だこの野郎刺すぞ。」みたいな所がありましたら、
是非お教えくださいませ。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。