2010.03.30

社長のセンスと工員の健気さに嫉妬する

今日の名言「スパーク一発やりにげ」…by明和電機社歌
入社したい…。


先週の金曜~土曜は珍しくアクティブに遊びました。
マンザでジャック(ごっつぁんです)、明和飲み@江別、
千歳へますださんを見送り、ベース飲み、最後にエニウェイ。
2月の引きこもり状態からは考えられないくらいです。

中でもメインは、やはり明和飲み@江別でしょうか。
明和飲みとは、明和電機のDVDを鑑賞し、その素晴らしさを学ぶという企画です。
そういえば明和電機のレコメンドを書くを言いつつ、結局書いていませんね。
書こうとはしたのですが僕が幾ら言葉を尽くしても、
その面白さは伝えられそうにありません。
正に「筆舌に尽くしがたい」ものなのです。


明和飲み@江別は、僕と寺様と兼。が基本メンバーでしたが、
兼。の誘いに応じて、なんと1年生のベース弾き、添。まで来てくれました。
夕方まで実家のある福島に居たらしいのですが、そこから帰って、
部屋荷物を置いて、そのまますぐ江別へ。
ノリで来る事にしてしまったそうです。
これが若さです。

翌日にベース飲みがあるのに、4人中3人がベース弾き。
プレベース飲み、略してプレベ飲みという大変愉快な事態となりました。


僕と兼。以外の二人は遅くなるとの事でしたので、先に晩御飯を作ることに。
二人共、お料理が出来ない人なのですが、お好み焼きならなんとかなるだろう、と。
実質、殆ど兼。に任せてしまったので、兼。の作品となったお好み焼きがこちら。
CA392919.jpg
それなりに大きいホットプレートで焼いています。
つまり、超巨大です。よくひっくり返せた。
肉7枚、魚介沢山を使用し、巨大でぶ厚く焼いたお好み焼きは、
どことなく新食感でした。
お料理はともかく、兼。はお好み焼きをひっくり返す事が出来る子です。


その後4人が揃ったところで、この日の主目的であるDVD鑑賞です。
僕が2月に購入し、もう10回以上は見ているパリ公演のDVDです。
夜中に見てはテンションがあがり、なんど寝れなくなった事か…。
なんで僕は工学部とか、芸術系大学に行かなかったのか、
なんでツクバミュージックではなくブルーグラスやってるのか…。

そんな事を本気で考えかけてしまうような破壊力のDVDです。
僕にとって、ちょっとしたバイブルと化しています。

明和電機はCDも出していますが、音だけ聞いても面白みはわかりません。
彼らの自作楽器やダンス、演出、パフォーマンスも含めて楽しまなければ、
非常に勿体無いのです。
なので、まず使用されている楽器について予習の講義をし、
そのあとライブDVDを鑑賞しました。
皆様、序盤で感心して、途中で予想通り(13週目の胎児に)ドン引きしてくれましたが、
最後には明和電機に魅力を感じていただけたようです。

DVDを見始めたのがもう遅かったので、見終わった頃にはもう夜中2時くらいでした。
そのうち兼。と添。はソファーで就寝しましたが、
僕と寺様は徹夜してみました。
早朝、新千歳までますださんのお見送りに行くにも関わらず。



長いので今日はここまで。


スポンサーサイト
Posted at 00:26 | へぼ | COM(3) | TB(0) |
2010.03.22

打ち上げで出る浅漬けがやたら美味

今日の名言「今日の内装は虹をイメージして作ったのですが…(中略
        まだ進路が決まっていない先輩もいて不安かもしれないけど、
        でも、この虹の色のように…
        未来への道は沢山あるのです。」…byかっきー(うろ覚え)


酪農大ブル研の追いコンへ行って来ました。
CA392889.jpg

毎年北大の追いコンとバッティングしていたので、僕も始めての参加です。
今年は
獣医6年生のFd弾きの方、僕と同期のFd弾き、
3年目4年生のBj弾き、そして短大2年のBj弾き
の4名がご卒業されました。

酪農大のコンサート関係はなるべく行くようにしているのですが、
ここ数年で一番良いコンサートだったのではないでしょうか。色んな意味で。
去年までの追いコンは知りませんが、正直侮っていました。


音楽のレベルで言えば、上級生が主体(と言いつつ追いコン生がいないバンドもありましたが)になっているので高くもなるだろうと思いますが、
それにしても予想を上回った良さでした。

北大の追いコンとは違いコンサートとして真面目に練習する事や、
選曲や構成も聴きやすかった事(酪農大がsimple lifeをやる新鮮さ)、
PA関係も聞きやすかったことなどがありますが、
なにより「最後に好きな事をやって一花咲かせる」感がありました。
気合の入った集大成だけに、聴きごたえもあったのだと思います。

気合が入っていることは、音楽だけではなく随所に見受けられました。
虹と桜をモチーフにした内装(てか今年の北大は流石にてぬk)や、
追いコン生に渡す手作りのプレゼント、
それぞれの追いコン生をイメージして特注した花束、
そしてそれぞれが語る言葉や思い出。
見ていてなかなか感動的なものです。


今回敢えてMVPとして推したいのが、卒業生じゃないけど3年Gu弾きのかっきーです。
北大ブル研にも隠れファンの多い人ですね。

冒頭の名言は、最後のバンドのMCでしゃべったことだったと思います。
最後に「(笑)」をつけてみると、不思議な事にすごくイヤミになりますが、
実際は声を震わせながらとても気持ちを込めて語っておりました。

彼女、後半は3バンド、15曲くらいぶっ通しでステージに立っていたのですが、
歌もギターも良いなぁと思えたし、
ステージの進行やMCも追いコンにふさわしい美しい話題(!?)できっちり進め、
洒落っ気はあまりないけれど非常に好感が持てました。
元々しっかりした印象はあったけど、更にかっきー株が急上昇しました。



総じて、あちらの追いコンは或る意味「非常に酪農大」らしい
家族的な暖かさを感じられる、非常に良い追いコンでした。

でもまぁ。
酪農大とは対照的な、どこか適当さの垣間見える北大追いコンが好きです。
少なくとも自分が追い出される時の事を考えてみると、
ゆるーく出て行きたい気がします。



追いコン後は、恒例の打ち上げでむさぼり食った後、
最早恒例となりつつある「酪農大のコンサート後のヤンマー」
へ行って来ました。
後輩をわざわざ野幌で途中下車させてまで。
CA392891.jpg
隣に市川もいます。

深夜の「固め濃いめ多め」は、どこまでも不健康で、どこまでも美味。
ああ、やばい、写真みてたらお腹減って来た…。

2010.03.18

☆山ごっこ

今日のドドド「マヨラー」
WS222.jpg
マヨラーなのはむしろ男達の方ですが。
どうせならハートでも書いて欲しかったな。



2月のブルーグラスレスな生活から一転、
3月はブルーグラスが充満した生活です。
追いコンに関するバンド練、そして追いコン本番、ブルーグラスの日、
そして何故か営業。

北大教授の送別会での余興と言う事でクルトンジャックに話が来たようなのですが、
☆山が都合により行けないため、僕が代理でベースにお呼ばれしました。
down the line弾くから練習しとけよ先輩、とも言われました。
まじかよ。

今やブル研ベース界の筆頭となりつつある☆山の穴を僕に埋めろと言われ、先輩としてのプライドと、それに反して理想についていかないであろうベース演奏力の衰えのジレンマに頭を抱える…
、などと言う事はつゆも無く、気楽に参加させていただきました。

成長とか方向性とか面倒な事を考えずに、ある程度熟成したバンドの中へ
一時的にでも入って営業できるのは、中々おいしい話ではありませんか。
北大ブル研ベース界筆頭の穴などそもそも埋められるはずも無いので、
考える必要もありません。

しかし、問題も有りました。

・ブルーグラスベースが久し振りすぎる点
 恐らく去年の学祭以来。バンドとしては一昨年の定演以来…。
 一応マンザでもベースは弾いていましたが、アレは別物です。
 指は動くけども、耐久力が甚だ不安。

・down the lineが地味に厄介な点
 「あんなの所詮、B♭のドゥーリーじゃけぇwww」と侮っていたのですが、
 地味にコード進行がめんどくさい。Gm使いすぎじゃけぇ。
 ついでにコーラスも厄介。

まぁ、その辺は誤魔化し誤魔化し。


あのバンドは、眼鏡をかけていないと浮く、と言う非常に特殊なバンドです。
当日は、とりあえず☆山を意識して赤い眼鏡をかけ、
ホテルでの送別会という事で赤いネクタイもしていきました。

鏡を見たら、いつもの怪しいぼぶさんでした。


直前に一応バンド練。
既に指の皮と骨が痛くてくたばりそうでした。

いつもの☆山の視点
CA392878.jpg


送別会場は、どこかしら就活臭のする多目的宴会場でした。
しかし周りは皆、リクルートスーツどころのフォーマルさではありません。
普通のブル研衣装(適当なシャツとジーンズ)な一同は、その場違いさに気後れ。
それでもこれが牧歌的で陽気で…(中略)…なブルーグラスの正装なのです!
と、理論武装。

営業本番、演奏自体はつつがなく。
ミスもあったろうけど、気付かれてはおらず。
指は痛かったけど、誤魔化しつつ。

最後にカントリーロードをリクエストされて、キタムラが一人で歌っていました。
やっぱり知ってる曲の破壊力は違いますね。
もうキタムラがヒーローでした。
お陰で、お客様にも楽しんでいただけたようです。


本番後は夕飯でお好み焼き。
ヒーローは焼いた海老が嫌いです。
お好み焼きの中からほじくりだし、隣のカドワキさんに押し付けていました。


今日の結論
・☆山偉大。
・down the lineはドゥーリーとは違う。
・知ってる曲は強い。パンダの会ってやっぱりあったらいいなぁ。
・やはりベースもバンドも楽しいもの。
・ヒーローにも弱点はつきもの。



2010.03.17

6時間耐久ブルーグラスレース

今日の名言「SPECIAL TANKS」…by色紙
special tanks
コレは英語力の致命的な欠如の表れなのか、
話の長いハーゴン様への嫌がらせなのか。
もしかしたら「ハーゴンさんのニータカは戦車の如く全てを押しつぶしていく破壊力でカッコイイです憧れます」みたいな、とても熱いファンメッセージなのかもしれません。



久々の更新です。
本当は記事も書いていたのですが、ブラウザの操作ミスで消してしまったり。
あれは非常にやる気をなくしますね。

この更新していない間、3月1日にウチの犬がなくなりました。
老衰と思われます。最近は立つ事も出来ない状態でしたから。
先月19日で16歳になったばかりでした。
長生きしたと思います。
たくさんの人に可愛がってもらったので、ご報告申し上げます。



さて、ご存知の通り追いコンでした。
今年の追いコンはやたら長い。
しかしオーディションよか楽です。

今回めでたく9名がブル研をご卒業されました。
僕の同期でも、まいみさんが順当に卒業・就職。
1年前の予定では、僕も追いコン生になるはz…ゲフンゲフン
なのでまぁ、感慨深いものがあるような無いような。

今回卒業された6年目前後の方々というのは、
僕が1年目の頃にブル研の中心にいたような人達です。
改めて思い返してみると、なんとも偉大な人達だった…
のかもしれないなぁと思います。
少なくとも僕自身は、あんな立派な存在として卒業できる気がしないです。
直接的に本当にお世話になった人達ばかりなので、感謝の言葉も尽きません。
勿論先輩方だけではなく、同期のまいみさんにも数々のご迷惑とかもしくはご迷惑とか、例えばご迷惑とか具体的に言うとご迷惑とか、色々なご迷惑とかかけました。
そしてお世話になりました。


追いコンにはOBOG様も沢山いらっしゃいます。
だから過去のバンドの復活も楽しみなものです。
でも今年は少なかった…かな?神奈川だけでしょうか。
あまり懐かしさには浸れない追いコンだったかもしれません。

今回で見納めだったかもしれないのですね、神奈川。
懐かしいですin the fall。
録音会で死ぬほど聴きました。
あの時は飽きてたけど、やっぱり良い曲です。

昔と今とでは聴き方も少しは変わっているので、
もう一度ちゃんとしたライブを見て見たいなと思うのですが、残念です。



来年は一応僕も追いコン生になれる…といいなぁ。