--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.23

バンド練ができるおうちを夢見て ~前編~

今日のドドド「兎」
WS233.jpg
ツイッターのプロフより。
センスに嫉妬。


2~3ヶ月ほど前に部から壊れかけのウッドベースを引き取りましたが、
一度記事を書いたきり修理報告を全く報告しておりませんでしたね。
色々と難があったのですがどうにかこうにか使えるになったので、ご報告をば。


◆思いがけず外注◆

その前回の記事では指板を削って塗装を剥がしたところまででしたね。
CA393114.jpg
実はこの時、削ったりテールピースを試しに塗装してる姿を父親に見つかりまして。
「塗装をするならじーちゃんにやってもらえ」
と、その場で電話して話をつけられてしまいました。
ホントは全部自分でやってみたいと思っていたのですが、
流れで木工好きの祖父の家へ持って行くことに。


◆致命的問題発見◆

持って行く前に弦を張ってちょっと弾いてみたところ、
なんと、めちゃくちゃビビるではありませんか!
てか、音がならねぇ!
特に凹んでいた1・2弦の2ポジのあたり。
あー…やっぱり紙やすりは手で適当にゴシゴシしちゃダメですね。
均一に削れるように木片などを使って慎重にやらなきゃダメだったのですが、
そこらへんをサボったツケがでてるようです。
自分で修正しようともしましたが、どうにも難しそうで。
塗装の件ついでに祖父に相談する事に。


◆宮大工用カンナが火をふくぜ◆

我家のムーブにウッベを詰め込み、祖父の家へ。
祖父との相談の結果、指板をカンナ掛けすることになりました。
CA393158.jpg
カンナで指板の凸凹をなくせばビビらなくなるはずです。
カンナ掛けは祖父の技術と勘に頼りっぱなしでした。
ある程度カンナをかけ、弦を張ってチェックし、またカンナ…
を繰り返し、どうにかビビらないところまで回復しました。
指板が削られる様子はちょっと不安だったけど、すげー、カンナすげー。

その後、ラッカー塗装もお願いして数週間後。
指板の塗装だけでなく、がっつんがっつぶつかり削られた淵を、
パテで埋めて補修までしてくれてました。
流石は熟練の技と言いますか、見事です。
自分で全部やりたい気持ちはあったものの、
やはり完成度を見ると非常にありがたく思います。


◆ラスボス◆

ウッベもヴァイオリンもですが、魂柱(こんちゅう)という部品があります。
楽器の中に立てる柱なのですが、通常は弦の圧力だけで挟まっています。
当然弦をすべて外せば圧力が弱まり、簡単に取れてしまいます。

しかしこのウッベは弦を外して結構動かしても、魂柱が取れませんでした。
それはそれで問題なのですが、まぁ取れないほうが面倒じゃない。
ってことで安心していたのですが、祖父宅で取れちゃいまして。
自分で魂柱を立て直すことになりました。
コレをクリアすれば弦が張れる!
ラスボスです。

この魂柱を立てるって、なかなかにデリケートで面倒で技術がいるんですよ。
あの狭いf孔から木の棒を綺麗に垂直に適正な位置と方向で立てるって、
そりゃあ楽器屋に金払ってやってもらう仕事です。
が、生憎僕にはオカネがありません。
そもそもアレを楽器屋まで持って往復するとか、面倒すぎる。

でも自分で立てるのも面倒だなぁと思い、放置して数週間。
ようやく重い腰を上げ、重いウッベを寝かせ、作業する事に。




後編へつづく。

スポンサーサイト
Posted at 03:46 | がっき | COM(2) | TB(0) |
2010.07.16

マイノリティ馴れ合い録

今日のドドド「マジデブチ殺スゴ秒前☆」
WS244.jpg
犯行の動機は曲決め中の意見の相違。



最近の酪農大関係なイベントをまとめて報告致します。


◆白樺祭◆

IMG_1208.jpg

酪農大の学校祭に行ってまいりました。もう先月の話ですが。
去年はインフルエンザで寒い時期の開催でしたが、
今年は6月、天気の良い日でした。

今年の出店スペースは移動しており、若干規模縮小。
ブルーグラススペースも縮小。

北大からはAOKとリッチモンド、あと何名かがお邪魔しました。
みかんさんが久々にウッベを弾く羽目になってました。
boy's are backin' townのスラップはひよってました。
でも…同じひより系ベース弾きとして、みかんの事は責められない!
そもそもあっちのベース弾きがバチバチしすぎじゃけぇ。
北大生はリトルダーリンなんてほとんど知らないでしょうし。
僕だって、酪農大で5回くらい名前聞くまで覚えられなかった。

酪農大部員用にアップしたフォトアルバム
公開して怒られないかな。
まぁ、いいや。
テーマが「コスプレ」なので、色々います。
1年生たちは総じて学生服です。
奴らはあんまりブランクがないから、違和感が無い。


◆酪農大ブル研新歓コンサート◆

IMG_1647.jpg

毎年恒例、一年生の正式デビューステージの意味合いが強いイベント。
今年は大量、10人くらい入ってます。
1年生バンドは2つあるのですが、両方ともツインバンジョーという荒業。

北大からは、草刈りやバンジョー飲みと日程がかぶったこともあり3人しか行かず。
4年目と5年目と6年目。
合計15年目なパワーで打ち上げまで頑張りました。
しゃーないけど、ちょっと淋しかったですね。
酪農大ブル研にも申し訳ない感じ。
ブルーグラスなんて音楽やってる人間はその時点でマイノリティなんだから、
マイノリティ同士もうちょっと馴れ合っておいて損は無いですよ。
可愛い子もいっぱい入ったことだし。


◆曲決め@江別◆

CA393520.jpg

酪農大・北大が合同で人員出資で組んだバンドの曲決め。
酪農大Bjのカワバタ(上の写真でキスしてる手前側)を向かえてから、
この日が初顔合わせでした。
前回、4人体制でも一度やっているので、曲決めとしては2回目です。
毎度ぼぶ家までお越しくださり、皆様どうもありがとう御座います。

前回もでしたが晩御飯を作って食べてから、深夜にかけて曲を決めます。
せっかく黒髪・金髪よりどりみどりな女の子達に作ってもらうのだから何が良い?
とカワバタに聞いたら「ハンバーグとかですかね」と答えが返って来ました。
それを女の子達に伝えたら「面倒」と一蹴され、ホイコーローになりました。
愛が無いなぁ…。
じゃあ副菜は何が良い?とカワバタ聞いたら、杏仁豆腐との答え。
それはデザートだろ、と思いつつこの願いは叶えられることに。
混ぜるだけの杏仁豆腐の素で。
愛が無いなぁ…。
じゃあお菓子は何が良い?とカワバタに聞いたら、ポッキーっすかね、と。
ポッキーゲームですかカワバタさん!と盛り上がってると、
女の子達に「ぼぶさんとですよね」と冷たく言われました。
ガチホモブームが来つつあるブル研とは言え、
そんな愛は無いなぁ…。

お食事中は何故か政治談議でした。
総理大臣の名前くらい自信を持って言えるようにしましょうね大学生!

曲決めは少々難航しましたが、なんとか2曲の新曲が決まりました。
みんな好き放題に曲を出すのですが、大学間での風習の違いが分りますね。
僕達のあまりのトラッドを聞かない風習にカルチャーショックを受けているようでした。
なんかごめんなさいって気分です。
でも僕としては、何故そんなにコンポラを聞く風習がないんだろうと思います。
まぁ、言ってしまえばそのサークルの「性質」って事になるんでしょうけれど、
やっぱり不思議に思えてしまいます。
どちらが良い悪いという尺度で計れることじゃありませんがね。

さて、このバンドは目下札フェスを目指して練習する事になりました。
あと約一ヶ月、テストやイベントの合間をかいくぐり、何とかバンド練をし、
良いものをお披露目できれば…と思います。





2010.07.08

金属探知ゲートを抜けるとそこはアメリカだった。

今日のドドド「背丈は負けない」
WS243.jpg
背丈だけは。


独立記念日パーティー@アメリカ領事館へ行って参りました。
もちろんお客様としてでは無く、余興演奏の営業です。
出演はセッションバンドとポニーチャイムの2つです。
僕はセッションのベースで参加させていただきました。

一緒にやったセッションのメンツは3~5年目の実力者達で固められており、
僕としてはとてもやり易いバンドでした。
バンド練も何回か出来たから、割と安心して行けたし。


領事館という所はなかなかセキュリティがしっかりしていまして。
入館にあたっては出入国レベルな手荷物・金属検査を受けなきゃいけません。
まぁ、当日は人の出入りが激しいので寛容でしたけどね。
楽器が金属チェックゲートを通ると反応されまくりですが、そのまま通過です。
しかし、仮にイシハラさんのバンジョーの中に爆弾が仕込まれていたら
大変な事になってましたよ!
ブル研の公認と共に、僕らの命が吹っ飛んでたところです。


アメリカ領事館なんだから客はアメリカ人か!
とみんな思っていたのですが、実は日本人が大半です。
役所関係とか、自衛隊関係の方が多かったのかと思います。
チャーリーさん、頑張って英語の原稿書いたのに…。
あ、でもスコットが来てましたよ。
覚えてます?1年間ブル研に居たベース弾き。
どうせ日本語通じるけど。


領事館内に出張してきたスタバのコーヒーを飲んで、
オバマ夫妻と一緒に写真を撮って、
鳩山前首相からの祝電を聞いて、
総領事さんの挨拶を聞いて、
しばらくだべって、
それから演奏です。
CA393489.jpg

はじめはセッション。

まだ客はアメリカ人ばかりと信じてた時に曲を決めたのですが、
アメリカ人ウケする曲はなんだろうと言う話になりました。
メジャー所でフォギマンやロッキートップは入っています。
それに、クリップルクリークやオールドジョークラークなんかも入れてみました。
ソースは忘れましたが、クリップルとオールドジョーはアメリカで一般的と
聞いた覚えがあるのですが…本当でしょうか?
まぁ、結局日本人だから何やってもあんまり変わらなかったのですが。

曲が足りないんじゃないか?とか考え曲数も途中で増やし、セッションは約40分。
お客さんの大半はお忙しいためか、この間にどんどん帰ってしまいました。

そのあと約20分間でポニーチャイム。客少ない。
先にポニーやったほうが良かったのかもですね。
しかも結局時間が押しはじめ、ポニーが曲削っちゃったし。
ちょっと判断ミスでした。申し訳ないです。


演奏と同時にパーティは終了でした。
その後は領事館やスタッフの方々に混じって、料理をご馳走になりました。
CA393498.jpg

ハンバーガーとホットドックです。さすがアメリカ。
最近オバマさんがロシアの大統領にも食べさせましたよね、ハンバーガー。
その場でパテやソーセージを焼いてたので、とても美味しいものでした。
欲張って食べて、ハンバーガー2つ、ホットドック1つか2つ、ピラフ適量、
ついでにビールも少々。アイスコーヒーは数杯。
しめの激甘アイスクリームは2カップ。(自分の分と、隣の子が食べ切れなかった分と)
アメリカ食体験は、若干グロッキーでした。
その後ウッドベースの運搬をして、とてもグロッキーでした。

CA393496.jpg CA393495.jpg


今回の営業、なかなか領事館関係者の方には喜んでいただけたようです。
また何かしら、面白いお話を持って来てくれるかもしれません。
ネイティブのブルーグラッサーを日本に呼ぼう、とかも画策してるみたいです。
関係者の方々と某かのお付き合いを続けていければ良いですね。

あと、ブル研メールをちゃんとチェックしましょう。
「あそこに送ってもなしのつぶてなんだもん…」って担当の方が嘆いていました。


2010.07.05

旧式ハイエースで行く、道南八雲フェス

今日のドドド「マジカルドブロ少女えりぷー」
WS242.jpg
シャッター速度約4秒。
打ち上げ花火点火用の線香で描いた魔法陣。
羽織っている毛布がローブっぽくて、なんか魔法少女っぽい。



恒例、八雲フェスへ行って来ました。
今年はOB様たちが忙しいのかひよったのかいらっしゃいませんでしたが、
現役生は20人以上、ハイエース3台での大所帯でした。
残念な事に二日目は小樽フェスともかぶっていたので、
出演するRSFと観客達は二日目の朝に居なくなってしまいましたが。


今回は、というかいつもの事ですが、写真を撮りまくって参りました。
違うのは、いつもの携帯カメラではなく、ちゃんとしたカメラで臨んだという事。
タオルでぐるぐる巻きにしてショルダーバックにいれ、常に携帯していました。
そしてそれらを厳選し、ウェブアルバムにアップロードしました。
リンクはこちら↓
八雲フェス2010
何か問題がありましたらメールでもコメントでも下さい。
恐らく迅速な対応をさせていただきます。

下手な写真も数撮りゃあたると言いますか。
良いのは良いと思います。かわゆい被写体のお陰で。
もっと色んな状況に対応できるよう、お勉強したいところではあります。


以下、時系列で今回のフェスについて書いてみます。


続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。