--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.14

ノーミソDJオートマチック

今日のガラナ「トップニュース?」
223426644.jpg
北海道新聞 夕刊 1月11日 一面
キリンガラナみたいな大手の亜種が80年頑張っても一面にはのらないだろうなぁ。
キリンはの僕は、コアップはまぁまぁ好きだけど、とても好きって程ではないのです。
それでも同じガラナとして、こうして一面に載るって喜ばしい。


とてもとーてもとてーも久々にサ館へ行きました。
いつぶりに自分のマンドリン弾いただろう。
ココ最近ずっとニートだった左手の指の皮が、
いきなりの激務で弱音をあげ、刺激が防衛線を突破。超痛。
右手も動かないし、ジャムしてもマトモに弾けん。
…と言っても、傍から観ればいつもどおりのヘタさなんでしょうが。
基礎力の底上げが必要です。

ところで明日はニューイヤーですね。
雪にめげず、いらっしゃいまし。
念じれば飛行機だって飛ぶさ!



我が家の車庫は、父の趣味が車と言う事もあり、かなり大きめです。
その車庫大きさの恩恵を受けているのは父だけなのですが、
我が家の雪かき担当である僕は、毎年のように車庫の屋根の雪下ろしも命ぜられます。
今シーズンもとうとう「やっといて」と指示が飛んできてしまいました。
車庫くらい自分でやってくれよー、とも言えない鶏肉坊やな僕は
脚立で屋根に登ってひたすら雪下ろしをするのです。

今年はケータイを持って行かなかったので記録を取れませんでしたが、
去年撮ったbefore写真がこちら。
CA392001.jpg
after写真は去年も撮り忘れてしまいました。
見渡すかぎり、という程広くないけどふっかふかな純白の雪原。
太陽の光が無邪気にダイブしては跳ね返り、僕の瞳孔をキュンキュン狭めさせます。
雪原高さは腰以上ありますから、1m以上はありましょうか。
これをひたすらスコップで崩し、ダンプで落とすという単純作業をおよそ3時間。
ちょっとした修行の時間です。


独り黙々と作業を続けるので、身体の動きはシステマライズ(システマイズ?)されます。
作業ルートを決めたら頭はほとんど使いません。
そうすると自然と、脳内ジュークボックスが起動します。
周りに人もいないので、当然のように鼻歌も連動します。
まぁ、頭の中で音楽を流すというのは誰にでもよくあることだと思います。
しかしそのジュークボックスの選曲というのが、どうにも不思議。
無意識に奏でているので普段は気にならないのですが、
気にしてみると「なんでこの曲うたってんの?」という事が結構あるのでは?
と、雪下ろしをしていて思いました。

今回の作業中に無意識下で選曲したのは、いくつかあるけれど
・イカリをあげよう(明和電機)
・my cat(ROCO)
・eight more miles to Louiseville(Sam Bush ver.)
の3曲が多かった。

明和電機とROCOは大好きだしいつも聴いてるし、
勝手に口ずさんでいても何ら不自然なこともないのですが。
不思議なのはサムブッシュ。
この曲はマンドリン大フィーバーな歌モノの曲で、
僕が2年生の頃に組んでいたバンドで練習していました。
ちなみにそのバンドは、1年くらいはバンド練したのに、
練習した曲を一度も披露せずに解散していくという奇跡を達成しています。
なので別に思い入れもクソも無いのですが、脳みそジュークボックスはこれを選曲しました。
まぁ、いい曲っちゃいい曲だけど、なんで今更?と思います。
小コンでの発表すらされなかった曲の怨念でしょうか。


もしかしたら、こうして日常の無意識下で選ばれる曲をメモして分析していけば、
自分の新たな思考に気づけるのかもしれません。
じゃあ、そのメモとして最適なのはツイッターだろうな、と当然考え、
ハッシュタグを付けて管理すればいいんじゃないか、と当然考え、
#nowplayingがあるなら#nowplayinginmyheadとか作ってみよう、と当然考え、
一応#nowplayinginmyheadで検索してみよう、と当然考え、
検索してみたら既に結構な人たちが使ってるじゃないか、と当然気づきました。
やっぱり地球に約70億も人間いりゃ、このくらい誰かが先に思いつきますわな。
(ちなみにツイッターだけで言えば1億5000万程度っぽいですね。)
まぁ、せっかくだから今度から使ってみようと思います。


皆様の脳みそを流れるその曲、なんでそれを選んだかわかりますか?


スポンサーサイト
Posted at 23:51 | へぼ | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。