--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.02.25

猫の日に成り損ねた日

今日の名言「絶景かな絶景かな。」…byづめさん
女湯で眺める様々な女体について、熱く語ってくれました。
なかなかに共感できる部分がありました。
いいよね、女湯。ぼく入ったことないけど。
じゃあ覗いた事はあるんちゃうかー?と思った貴方。
心が曇っています。
僕にそんな度胸はありません。


そんな愉快な話も飛び交う誕生日飲みがありました。
主賓はづめさん、1年女の子4人、僕、の合計6人。
非常に沢山のプレゼントを頂きました。
DSC_0074.jpg
(※消費して無くなった物もあります。 ※楽器類は含まれません。)
ありがとうございます。

バンドのメンバーからはケーキも頂きました。
DSC_0060.jpg
僕と同バンドのFdの子は僕と誕生日が一日違いです。なのでプレートの名前はふたり。
バンド名すら決まっていないようなバンドなので、つゆも期待していなかったのですが
(主にBjのおねえさまが)気を利かせて、用意してくれたようです。
嬉しい限りです。
その他「リア充乙」との人を介した伝言や、メールツイートテレパシーその他諸々でも
お祝いをくださった方々、本当にありがとうございました。


スポンサーサイト
Posted at 01:33 | へぼ | COM(0) | TB(0) |
2011.02.21

ヤンマーの朝ラーは、ヤンマーなのに優しかったらしい

今日の名言「曲芸みたいなもん」…byどもさん

確かに、言い得て妙。
ああ…スラップってなんだっけ。がんばれよこばやし。



お誕生日おめでとうございます、僕。
今日の誕生飲みで(ついでに)お祝いしてもらえるのが分かっているので、
先に御礼を言っておこうと思います。どうもありがとうございます。
明日の主賓は、僕を含めなんと6人。
そのうち僕以外の5人はいたいけな女の子。しかもそのうち4人は1年生。
明らかに僕だけが異質で邪魔な感じの布陣になりました。
おこぼれもいいとこですね。



さて、まずは(委託)宣伝。

学期納め進級卒業単位取得祈願、及び雨男おかえりなさい記念
北大・酪農大合同 第一回新川ブルーグラス集会(仮)
※タイトルは僕の想像です。
  • 日時:2月27日(日曜日)19時スタート
  • 出演:水たまヤクールツ 酪大Special Band
  • 場所:札幌市北区新川5条2丁目6-5 New England
  • チャージ:\1,000(ワンドリンク+おみやげ付き)
  • 問い合わせ:水たまヤクールツメンバー、またはお店まで
ちなみに僕は出演者じゃないので、詳しいあれこれはわかりませんが、
問い合わせの中継なら致します。

水玉がライブするって事で酪農大を対バンにさそったようで。
そしたら去年の殺フェス以降、諸事情によりブルーグラス界を去っていた、
酪農大二年のBj弾きカワバタが復帰してやってくるってさ!
もー、僕はそれが嬉しくてしょうがないのさ!ほんと嬉しいのさ!
そんなわけで皆さん、カワバタに会いに行きましょう。
きっとハチヤマも歓びに猛り狂って良い音が出るはず。

ちなみに、場所がちょっと分かりにくいところにあったと思います。
僕は一度だけ行ったことがありますが、もろ迷いました。
しかしカドワキさん曰く、ちゃんと迎えをよこしてくれるそうです。
ご安心ください。



さて、カワバタ復帰という嬉しい報せを聞いたのは、
先日の土曜に江別のどもIVで行われたブルーグラスライブでした。
どもIVさん企画の、酪農大関係ブルーグラッサーによるライブです。
下は1年生から上は50過ぎまで、幅広い層の方々が出演しておりました。
元会計フィドル弾き二人に付随して僕という、
ほぼ大体Fd.弾きトリオという構成で遊びに行ってきました。

雰囲気はいつもの通りのどもライブです。
ただ、顔は知っていても演奏を真面目に聞いたことの無い人とか、
顔も演奏も知らない人とかを見る良い機会ではありました。
しかし、何食べたらあんな演奏になるんだろうなぁ。
ふしぎなせかい、ブルーグラス。



今回のライブを利用して、ようやく使い慣れてきたスマートフォンIS03の
動画撮影テストを行い、何本かアップロードしてみました。
機器の問題、及び僕の問題、それぞれありましたね。

まずやってしまったのが、端末を持つ際に手でマイク穴を塞ぐという失態。
おかげで2本ほどの動画の音声がくぐもって、使い物になりませんでした。
まぁ、それは自分のミスとして、問題は音と動画のズレです。
注意深く見ていると、音だけ先に出て、動画がちょっと遅れます。
どこぞの腹話術師もびっくりです。
これってSDカードのクラスの問題なのかなぁ?
動画サイズを下げたりすれば解決されるんだろうか。
音質としては、まぁ、こんなもんかという感じ。悪くない。
そして分かっていたことですが、電池の消費が半端ない。

やはり、餅は餅屋。
写真・動画はカメラで撮るのが一番なのでしょう。
確かにIS03は全部入りなスマートフォンだけど、
全部入れたらやっぱり窮屈そうでした。



2011.02.15

バンジョウ・ウクレレ・バンジョレレ

今日の名言「こんばんわ。タコライスの皆様の演奏とっても素敵ですね」
…byリスナーのメール
かつて存在したHOT RICEというバンドがラジオに出演し生演奏した時、
そんなメールが寄せられていました。
そのラジオはデータをDLして聴くことができたので保存していたのですが、
先日、バックアップデータを漁っているときに見つけて懐かしくなりました。
放送時の僕は一年目。
Uncle Penの最初のGランを外すことがどれだけの大罪か、
当時の僕は分かってしませんでした。


◆今日の記事は超ややこしいので、面倒な人の為の三行解説◆
バンジョーの弦が切れたついでにウクレレ化しちゃうよ!
バンジョーウクレレ楽しいよ!
でもデフォのバンジョーで十分できるんだったよ!みんなやればいいよ!


さて、バンジョーは相変わらず4弦が切れたまま放置されていましたが。
ちょうど切れたのは4弦だけなので、これを機に一つ試してみたいことがありました。
それは以前から画策していた、バンジョーをウクレレ化させちゃおうプロジェクトです。
つまり似非バンジョーウクレレ。つまり似非バンジョレレ。
ずっとウクレレは欲しかったけど、買う気まではおきなかったのでよい機会です。

一般的なウクレレは、開放弦で4弦から順にG(high)CEAというチューニングです。
ただし、4弦のGは1弦Aのひとつ下…つまり音の高さ順ではCEGA(3241)。
バンジョーの5弦が一番高いような感じで、高音弦が変なとこに一本あるイメージです。
今回はこのウクレレチューニングをバンジョーで再現しようという試みです。
とは言ってもまぁ、弦とチューニングを変えるだけで、何も難しい事はしません。

バンジョーのチューニングは5弦からG(high)DGBDです。Gが一番高いのがミソです。
こっからまず、5弦と4弦をとっぱらいます。まぁ、4弦はもともと切れていましたが。
で、4弦の位置に、1弦用の弦を張ります。
この為にわざわざBj弦を買うのもバカなので、細めのエレキギター弦で代用します。
チューニングは4弦を1弦と同じDに。その後、1弦は一音あげてEに。
そして最後に仕上げとして、5フレットにカポを付ければ出来上がりです。

文字にするとややこしいですね。つまりこんな感じ。
バンジョー:5G(high) 4D 3G 2B 1D

バンジョー改:5* 4D(high) 3G 2B 1E

さらに5カポ:5* 4G(high) 3C 2E 1A =ウクレレチューニング

5弦部分が邪魔だったり、ネックが長いからやっぱりでかかったり、うるさかったり、
難有りな感じはありますが十分に遊べるバンジョレレです。
弾く場所で音も変えられるし、結構実用性もあるんじゃないか。
そのかわり3フィンガーバンジョーが出来ないけど。

パッと見はフツーにバンジョーです。当たり前か。
ちなみにリゾネーター(お盆)は外しています。
理由は二つ。重いから。そして五月蝿いから。
良い感じでチープになるので、これはこれで良いのです。

しかし今更気づいたのですけど、これで5カポしなかったらDGBEという並び。
Dがオクターブ高い事を除けば、ギターの1~4弦と同じ間隔なのですよね。
そして今更調べたのですけど、ウクレレにはLowGと言うチューニングがあるらしく、
4弦のGをオクターブさげて、素直な並びにしちゃおうぜって方法らしいです。
別に押さえ方が変わるわけではないし、そのほうがソロとかが弾きやすいとか。

つまり。バンジョーの5弦だけ取っ払い(orミュートし)、1弦を1音上げると、
それだけでもうギターの並びと同じ。
それにちょっと5カポをつければ、それだけでもうバンジョレレなんですね。
なんだ…なんか、えらい遠回りした気分になってきました。
ちなみに5弦だけミュートって言うのは、マスキングテープで簡単にできるので、
僕は4弦バンジョーごっこをしたい時によくやっています。
ちょっと荒業だけど、弦を緩めてテープを貼るだけ。簡単に出来ます。


だから、普通の3フィンガーセッティングのバンジョーでも、
ちょーっといじってやればウクレレに出来る!という事です。
流行るかな、似非バンジョレレ?
…流行らないだろうな、似非バンジョレレ。
でもおもしろいからみんなやればいい。




Posted at 02:15 | がっき | COM(0) | TB(0) |
2011.02.07

バンジョウ・イヌクギ・ホウシャセン

今日の名言「Have you...」
20110207-161530.jpg
例え通信が途絶えていても…それが1年半以上でも。
次の夜明け前、いずこからの通信を傍受しようと、
ジラフは静かにアンテナを張り続けています。
久方ぶりの通信に対して僕達に何が出来るわけではないけれど、せめて、
昔と同じように、必死に手を叩いているのです。

あなたは今日、バンジョーを抱きしめましたか?



そんな僕のバンジョーはちょっとギタースタンドから転倒いたしまして。
4弦がぷっつーん言いましたが、まぁ、お盆も取られた身軽なヤツですので、
首の骨を折るなどの大事には至りませんでした。
でも弦が切れたままだから、抱きしめてないなぁ。

しかしどちらにせよ、バンジョーもプチ整形する予定でいるので、
弦は張り替えられる予定でした。
何をプチ整形するかというと、そろそろ5弦のフレットに釘を打とうと思いまして。


ご存知、5弦バンジョーは5弦ペグが変なとこから生えてる不思議ちゃんです。
そいつだけ独立してるもんだから
、1~4弦には普通のカポが使えますが、
5弦のチューニングを変えるためには別途どうにかしなきゃいけないのですね。
5弦専用カポなんてのもありますが、如何せんお高いし面倒なので、
カポの代わりに釘を打っている方々がほとんどです。
あの釘も、実は最初から付いてるってもんじゃ無いんです。

バンジョーに打たれる釘は、「犬釘」というものらしいです。
犬釘自体はそもそも鉄道のレールを固定するためのぶっとい釘なのですが、
バンジョーにおいては鉄道模型用の犬釘を使うとか。
なかなかピンポイントなチョイスですね。


そこで探してみたのですが。
オブジェとしての古いぶっとい犬釘はオークションに出てたりしますが、
鉄道模型用の犬釘ってのがどこで売ってるんだか、さっぱどわかんね。
専門店のサイトとか探してみたのですがねー。
で、とうとう行き着いた先がこちら、BOMサービス
部室にムーンシャイナーやCD通販のお便りとかが転がってたりしますよね。
それらを発行する、ブルーグラス関係商品のお店です。
灯台下暗し。

犬釘は10本入り、なんと105円。
送料と振込手数料を考えると、これだけ買うのも損なので、
ピックやらステッカーやらを一緒に買ってみました。
ムーンシャイナーのサンプルとして、2008年9月号も入ってましたよ。
ちょうどシエラハルが来日してた時期で、記事になっていましたね。
235308436.jpg
inu.jpg
犬釘は打ち方解説付き。嬉しいですね。
ピックはカラフルなグリスマンピックと、分厚いブラントンピックを。
ブラントンピックはなかなか気に入りました。


じゃあ早速打つぜ!
…と言いたいところですが。
打つ前の穴を開けるハンドドリルが無いのでまだお預け状態です。
まぁ今更、無理矢理打ち込んでフレットが割れようと、どうってことはないのですが。
むしろこの為だけにハンドドリル買うのもバカバカしいか…。
まぁ、気が向いたら。



Posted at 19:00 | へぼ | COM(0) | TB(0) |
2011.02.03

誤魔化し志向の思考かもしれないけれど

今日のドドド「カネヒラスカル」
WS000003.jpg
上から覗き込むちっこいのは、ちょっとオマセなお年頃。

ギター飲みをやってる裏で、ギター弾きである副部長の家にお邪魔していました。
広い、おされ、暖かい、Wiiがある、PSPもある、テレビでかい、ラスカルがいる。
あの家がたまり場になる理由がよくわかります。合鍵ほしい。
ただ、暖房が強力すぎて、直に温風を浴び続けていた僕のコートのボタンが変色
結構目立つ。結構困る。


さて、2月に入ってしまいました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
どうやら普通の学生さん達はテストやらレポートやら卒論やらに追われているようです。
僕も普通…の学生さんですが、色々早めに終わったので割と余裕があります。
思わずギター飲み裏企画で徹夜したり、その翌日浩子飲みしてみたり。

そんな中、放置しっぱなしだった僕のマンドリンも久々に鳴らしています。
しかし、去年はあまり触っていなかったので、弦も1年くらい変えていません。
そこで今回、弦を変えるついでにプチ整形することにしました。

整形箇所はこちら。
C360_2011-02-02 11-13-54
このブリッジから飛び出すネジです。これが邪魔なので切ります。
なぜこれが邪魔かと言うと、この飛び出たネジが手のひらに当たるのです。
手のひらにこいつが当たると痒くなり、さらに乾燥が重なったりすると、
手のひらのその部分がパックリ割れてしまったりするのです。

手術自体は至ってシンプル。
ネジを引っこ抜いて、金ノコを持ってきて、無理矢理ちょんぎります。
図画工作のノウハウは全くなので正しいかどうかはわかりませんが、
手を何度か切断の危機にさらしながらもなんとか成功しました。
C360_2011-02-02+11-54-17_convert_20110203012054.jpg
切ったのは4弦の方だけです。

そして楽器をポリッシュで磨き、弦を張って完成。
今回からはウルフキラー星人やウルフキラーヒモを使わない事にしました。
そのかわり増田さんに倣ってテールピースとカバーの間にフェルトを挟むことに。
効果は良好です。



こうやって無理矢理な事ができるのは、これが自分の楽器だからですが、
楽器を自分の弾きやすい状態にセッティングするというのは非常に重要だと思います。
「弘法筆を選ばず」と言いますが、裏命題を言えば「弘法でないならば筆を選ぶ」。
つまり、あの諺は「弘法じゃないなら筆を選ぶ努力も必要じゃねーの?」
、と言ってるように思います。
高い楽器を買わなきゃいけないって話じゃないのだけど、
弾きやすさは自分の出来る範囲で研究・調整すべきです。
もちろん、求める音質とかプレイとの兼ね合いもありますけどね。

扱いやすさの観点から考えると、ドラクエ等の世界はやっぱり理不尽ですよね。
例えレベルが1であっても、「はがねのつるぎ」や「バトルアックス」が装備できる。
「どうのつるぎ」ですら重そうなのに、あんなもん振り回せるわけ無いでしょう。
楽器未経験の新入部員に、音は激鳴りだけどめちゃくちゃ
弦高の高い楽器を与えるようなもんですよ。
まぁ、剣と魔法の世界にケチつけるのは無粋なことですが。

そんなわけでこれからの春休み。
ストイックに与えられた筆で練習するのもいいけれど、
筆そのものについても考えてみていいんじゃないでしょうか。
結局出来ることっていったら、弦高やロッドの調整、ストラップの長さ、
あとは色んな弦を試してみたりピックを試してみたりって程度の事でしょうけど。
あれこれ試すのは結構楽しかったりしますよ。




Posted at 01:34 | がっき | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。