2011.06.08

その26時間のピッキングに愛はあるのか。

今日の名言「そして、笑顔で乗りきりましょう」
IMG_1199.jpg
主任達がそう言うなら笑うしか無い。
どうやら今年も笑顔で乗りきれたようです。


夏を始めようか始めまいか、北海道が躊躇して優柔不断な6月初め。
日が差せば汗ばんだり、日が沈んで雨が降れば極寒だったりと、
空の気まぐれに季節は揺れます。
そんな狭間のシーズン、例年通り来るべき夏を目がけ、アウトドア系音楽サークルもそうでないサークルもうら若き一年生達もお年を召した何がしかの団体も、こぞってはじけて一発かまして奮起する北海道大学のお祭り「北大祭」が開催されました。
我々北大ブル研もいつも通り南の端っこで26時間耐久ブルーグラスレースです。

とは言っても僕ももう末端窓際六年目。その場にいるだけで老害です。
つまりあまり働いてはいけないのです。
あくせく労働したいのはやまやまですが、自重するのです。

なので、ちょこちょこステージに出つつ、気が向いたら営業テントを手伝いつつ、
部員をおっかけまわして写真を撮りまくり、たまにふらふら北のほうへ旅に出る。
…というイイトコどりな学祭を楽しみました。
まぁ単純にニート志向なのもあるけど、真面目な話、
なるべくなら四年目以上はあまり働かず、下に仕事をゆずるのが
一番良いのでは無いかと思っております。結局みんな働くのだけど。

そんな訳で学祭日記を。
…の前に、先にブル研ウェブアルバムのリンクを貼っておきます。↓
11学祭
まだ公式HPには貼られてないけど、いいよね。
ブログ読むより、写真を見るほうがよっぽど報告になるってもんです。
僕の分はアップしたけれど、まだ増えるかもしれません。
続きを読む
スポンサーサイト