--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.14

胸ポッケに入れてあったラムネを何か別の物に疑われやしないかと。

今日の名言「楽譜忘れました。」「隣の人に見せてもらいなさい。」…in塀の中
何かノスタルジックな光景。こんな所で垣間見るとは。
でも集団生活だしね。学校生活に似てるっちゃ似ている。


最近、とあるお店でピッチが若干ずれたひどるを弾いております。
某カントリーシンガーさんのバックで、ピアノ、歌、ひどるの三人構成。
中の人からすればエニウェイとはだいぶ違うけれど、傍から見れば似たようなもんでしょうか。

そのお店の御縁で、女子刑務所へ行ってきました。
お店のマスターは月一回、コーラスの授業を受刑者に行なっているそうです。
12月の授業はクリスマスプレゼントということで、お店の歌い手達を連れて
歌を聞かせてあげよう、という企画でお声がかかりました。


なんにも悪いことをせずに塀の中へ入っていける機会などそうそうありません。
というか、女子刑務所です。悪いことしたって入れません。
なんて貴重な経験。ワクワクします。
「若い男が入っていくことなんて滅多に無いからモテモテだろうね☆」
と、行きの車内で言われました。超売り手市場じゃん。
まぁ…あまり嬉しくは無いのですが。むしろちょっと怖いよ。

車で刑務所に着くと、支所長さんのお部屋へ。少しお話。
現在、おおよそ500人ほど収容しているらしく、
その半分以上がお薬関係の罪らしいです。
「音楽関係はドラッグと関わり深いからねー」と言われました。
ナッシュビル(に限らずだろうけど)では普通にマリファナプカプカしてるらしいです。
皆さん気をつけましょうね。ダメ、ゼッタイ。

「いやー、この人無職なんですよー。」
「おおー、刑務官試験とかどう?」
いや、あの、もう、その話はしなくていいってばっ。

えーと、警備関係とかあまり書かないほうがいいのかな。
まぁ、ともかく楽器を持ってちょっとしたロックを抜け、受刑者ゾーンへ。
そこらかしこで写真を撮りたかったのですが、流石に携帯持ち込み不可。
ちょっと歩いて小学校の体育館みたいなところへ案内されました。

「慰問」という話で聴いていたので、結構な人数が来るのかと思いましたが、
実際には「授業」という建前なので、受講している受刑者の方、15名程度でした。
予想よりかは随分とフランクな感じで、ピアノ周りに弧を描いて座る感じ。
内容はお店の人が一曲ずつやって、受刑者含む皆でクリスマスソング歌って、
皆でカントリーダンスを踊る、というプログラム。

刻々とズレまくるチューニングとピッチに必死すぎてよく覚えていないのですが、
どうやら随分と楽しんでいただけたようです。
演奏はズタボロだったのですが、なにより。
音楽を聞くことも滅多に無いでしょうし、大声で歌う事もないでしょうからね。
「どうせなら400人くらいで慰問としてやってくださいよー。」
と刑務官の方が仰ってくださいましたが、そう簡単な話でも無いみたいです。


終わった後、ぐるっと刑務所内を軽く案内して頂きました。
最近改築したようで、かなり綺麗な施設でしたね。
作業は洋裁とか革製品とか、そういう関係が多いみたいですね。
あと、大きな洗濯機がありました。
洗濯は女子、ご飯は男子刑務所で、と分業しているらしいです。


ボランティアだからお給金は出ないけれど、
マスターにお蕎麦(天ざる大盛り)をご馳走になって解散。



スポンサーサイト
2011.12.05

ちなみに歌詞は「インド人に一目惚れした英語が不得意な女の子」のお話。

今日の名言「so, I'm(you're) cutie pretty Japanese girl」
日本女子の健全な成長に必要なのは、お米、味噌汁、そしてガラナ。


はろー、でぃっせんばー。
寒さに震え、暖房に汗かき、氷に足を滑らせ、雪に靴を埋め、みぞれに髪を濡らし。
そんな終わりゆく一年と始まりつつある真っ白な日々を健気に生きておりますか。

定演から約一週間。未だに解放気分でいます。
しかし、定演が終わったと思うと、次は1ヶ月半でニューイヤーなんですね。
出演者は息つく暇も無くバンド練に追われていることでしょう。
今回僕は確か出なかったはず…あれ、出ないっけ?おりじょってどうすんだろ。
まぁ、いいや。


今日はニューイヤー関連で思い出した、一年生の時のお話。


YouTubeの自アカウントを見返してみると、非公開動画もあれど、
それなりの本数をアップしていたんだなぁと思います。
ステージ動画やら、自作の録音やら。

YouTubeの便利な側面の一つとして、様々なフォーマットに対応していることです。
昔の携帯で撮った.3gp(だっけな?)という拡張子の動画をPCで再生しようとすると、
QuickTimeでのみ、しかも何故か15秒しか再生されないという事がありました。
しかし、そんな動画もYouTubeに放り込んでしまえば見れちゃったり。
それはそのままバックアップにもなるし。便利ですね。

そんな感じでアップされた非公開バックアップの一つを久々に見て、
感慨深く色々思い出してしまいました。変な汗も出たけれど。
いっそ、記念にこれを公開してみようかと思います。
人によっては黒歴史…?一部からは、なんだかすごくすごーく怒られそうだけど、
まぁ、近々ブル研も辞めていくことだし。いいよね。
[落合 - Anti English Girl]


二代前の携帯ムービーなので、音も画質もとても悪いのです。

この曲はその昔、「だんだん畑」という一年生バンドで作ったオリジナルです。
もう辞めたor卒業した人もいるけれど、見ての通り現六年目世代です。
ぼぶはマンドリンを弾いていて、ベースはかとぅーんとか言う男でした。
あれ、逆だっけ。逆かな。…いや、最早どっちでもいい。
ベースソロの運指がなかなかに強引でちょっと面白いです。
しかしアレよね。ギターの人、あの頃からこんなレベルだったよね。脱帽する。
かとぅーん君も上手かったのに。
いつの間にかピコピコ変態セクハラお兄さんになってしまいました。

当時の一年バンド内で「自作したい」って話があり、拙いmidiでポチポチとデモを作り、
拙い英語で適当な歌詞を繋ぎ、ソロのアレンジは各人にお任せ。
3コードで簡単に、コーラス部は4枚突っ込んで、チャラいブレイク多用。
そんな感じで、出来てしまった曲です。
試行錯誤しながらだけれど、意外にもサクッと形になった印象でした。

この動画の演奏は年明け一発目の部会前に行った、
だんだん畑単独、一曲だけオーディションでした。
本当に年明け早々、成人式もそこそこに部会へ行って発表した覚えがあります。
年末、なんやかんやがあって、部内発表する流れになったのです。
なんで僕らだけがそんな事するんだと、あの時はどうも釈然としなかったけれど、
今となってはまだ分からなくも無い…か。
ともあれ、それに向けてバンド練を詰めに詰め、チャーリーは何かしら開花し、
その他各々が上達してこの曲だけが格段にレベルアップしたのでした。
結果、ニューイヤーのトリという目的も果たしたし、良かったというものです。

そんな「なんやかんや」や猛練習があったのが、
ちょうど今時期から年明けくらいにかけてだったのです。
毎年この時期になった思い出す…ってもんじゃ別に無いけれど、
今夜は動画を見ながらしみじみと思い出していました。青かったなぁ。


しかし、あれ以来まともにオリジナルとかやっていないんですよね。
我ながら嘆かわしい事です。
なんでやらなかったかな…いろいろ日和ったからか。勿体無い。
暗黒で今から…キツイか。

ブルーグラスはせっかく3コードで済む超簡単な音楽構造なんだから、
みんなもっと勝手に作っても良いもんじゃないかなと思うのです。
自由に好きなように作って、アレンジして考えるって、楽しいですよ。
例え一から作らなくても、いろいろアレンジを試してみるだけで、
随分とワクワクできます。
ベース企画がやたら楽しい所以の一部は、その辺にあると思っています。
まぁ、あれはネタに走っちゃうわけだけれど。

一年生バンドも上級生バンドも、どうぞやってみてください。
期待しています。
ご用命があれば曲・アレンジ・プロデュースのご相談承ります。
責任は負いかねますが。


Posted at 12:34 | へぼ | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。