--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.09.23

アーカイブ・ライフ

今日の名言「何も気にせず暮らすには、やはり自分の島が必要」…by兼。
あなたいい事言いましたー!


懐古厨なお話をしましょう。

2000年代初頭から半ばにかけての、SNS黎明期。
個人で手軽に「ホームページみたいな日記」を持てちゃうんだよ!という事で、
みんながボンボンと作りまくったのがブログというサービスでございます。
今では当たり前すぎるコメント機能や、今ではもうどうでもいい子みたいな扱いのトラックバック機能、一つひとつの記事にパーマリンクが貼られアーカイブされる、などの特徴は当時非常に画期的でした。

僕が初めてブログを作ったのは2006年だったでしょうか。
当時はmixiが大流行で会員数うなぎのぼりでしたが、それでもブログはまだまだ増えていました。
日本人の日記文化がどうたらこうたら、と理由をつけるのは野暮な話だと思いますが、
皆それぞれパーソナルに何かをアウトプットする場が欲しい気分だったのです。
ブル研界隈でも例外では無く、あんな人やこんな人までブログを持っていたものです。

ただ、それらのブログの殆どは仲間内だけで完結していれば良い内輪ブログでした。
このブログも例外では無く、ほとんどブル研コミュニティで閉じています。
ならばそのコミュニティとのつながりが薄くなれば自然とブログから離れるのは当然。
尚且つ、作ってみたは良いけれど意外と更新が面倒くさい。

乱立されたブログはやがて、更新されず放置され忘れさられていったのです。
その上、より緩やかで手間のかからない繋がり方が楽だと気づいた日本人達は、
ツイッター等のSNSで十分なのだと気づき、新規にブログを作らなくもなりました。

ブル研ブログ界隈も過疎って久しく、非常に寂しいものです。
まぁ、確かにブログでなくても、Twitterで良いんだけど。
いちいち記事を書くよりも「おなか減ったー」とか言ってる方が楽だし、
他の人ともつながれてるから楽しいかもしれないけれど。


それでも、ブログというものは素晴らしいものです。
ブログを書くという事は、それぞれ様々な理由があるにしろどれも皆、
「価値をアーカイブしていく」事にほかなりません。
自分の指からぱらぱらと払い落としていく文字を並べて一つの塊にまとめていくという作業を経た一つの記事というものには、何がしかの価値があるものです。
特に書いた本人にとって。
内容が雑文駄文でも、書く作業それ自体や、その積み重ねの体系には何かしら価値が生まれます。

それならわざわざブログで無く日記帳にでも書いていればいいじゃないの、
というのは、あんなことやこんな事も書けちゃうのでその通りなのです。
ただ、それが続けられればいいのですけれど。
曲がりなりにも人に見られ、偶に反応があったりすればそれなりのモチベーションにも繋がりますし、何より人の目に晒す「記事」を書こうとする事で良い意味での緊張感をもたらします。
まぁ、中には人の目を全く気にしないでブログを書く人もいるかも知れませんが。



…とかなんとかのブログ論はどうでも良くって、詰まるところご主人様(兼。)がブログ作ったよヒャッハー!!リンクに追加したよヒャッハー!!って話だよチェケラー!!
→tortuga



スポンサーサイト
Posted at 19:09 | へぼ | COM(0) | TB(0) |
2012.09.19

がたいが良くて声が大きくて同い年か年上くらいの。

今日の名言「そうだよデメリットしかないよ!でもせざるを得ないんだよ!」
友達がマリッジブルーです。


往生際の悪い残暑の候。涼し気な晩夏の香りと秋の予感はどこへやら。
晩夏というか、もう秋真っ盛りな時期のはずなんだけれど。
未だに雪駄を履いて歩き回れるのが嬉しい半面、暖冬になるのではと心配です。

寒冬に比べると暖冬はどことなく嬉しい響きのように思われますが、違うのです。
暖かな冬は、水分たっぷりなみずみずしい雪を、しんしんずんずんと、
ドアの前に、車の上に、玄関の前に。
あの白にはなんの悪意も無いはずだけれど、
スコップ越しに嫌がらせを感じかねない、自宅生キラーです。

という事で、自宅生の腰と北海道の伝統芸能バナナ釘打ちを守るためにも、
寒冬を切に祈るばかりです。
ついでに節電と言ってケチケチせず、どうか道路の雪だけは溶かしまくって欲しいところです。



前回の予告の通り、今回は新しいギター買ったよーって話。
いや、ほんとそれだけです。

バンジョーにちょっと限界を感じ、悶々でギターを使うことにしたはいいものの。
僕、マトモなアコギって持ってなかったのです。
三年前にゴミギターを蘇生して部室前に置いてあり(参照→前編後編
練習はそれを使っていたのですが、本番をどうするか。
あのボロギターを裂けたボロケースのまま運ぶのは難しく、
誰かにギターを借りるのも億劫。

ちょうどそんな時、地元のハードオフに少し気になるギターがありました。
約5千円のYAMAHAのアコギ。
その昔、
ぼぶ:「YAMAHAでも買おうと思うんだよね。」
~子:「え、やめろよ。お前がYAMAHAなんて普通なの、似合わない。」
って言われたからいつぞやかは血迷って緑なovationを買っちゃったけれど、
やっぱり欲しかったんよ、YAMAHA。

ってな訳でLOGの数日前、試奏しにハードオフへ。まだ残ってた。
弾いてみると、うーん、まぁまぁ。弦高は高いけど、まぁ大丈夫。
フレットはかなり残ってる。あまり強くは弾かれなかったのかな。
でもなんか楽しくない…あ、弦が細すぎるのか。
エクストラライトを張ってるようだったので、太いのを張ればかなりマシだろう。
って期待を持って、結局買ってしまったのです。

[UNSET]
YAMAHA FG-250M
トップはスプルース単板、サイドバックはマホガニー合板のようです。
25年から30年前くらいのギターで、当時の定価は2,5万。
無駄な装飾を一切排したどシンプルギターです。(やっぱちょっとつまらない。)

弦を外し、ライト弦、を通り越しミディアム弦を張り、
ついでにドリルで穴を開けて、マンドリンで使ってたストラップピンを移植。
じゃらじゃらズドンと鳴るギターになりました。
気持ちいい。楽しい。ミディアム弦バンザイ。
ちなみにロッドも回したのですが、どうやら回しきっているようで効果なし。
つまり今後は順反りしまくるわけです。ただでさえ弦高は高いのに。
今度サドルでも削ってみようか。


続きを読む
Posted at 12:34 | がっき | COM(2) | TB(0) |
2012.09.13

その根底にはブルーグラスとは何か、ブルーグラスとはどのように定義づけられるべきなのかという、21世紀を生きるグラッサー達の愚かでも切実な飽くなき(以下略

今日の名言「Toi Toi Toi いいことがあるように。」
IMAG2406.jpg

書きかけの記事が一度吹っ飛んで、書きなおす。
軽く泣きたい。

毎月恒例ブルーグラスの日、ブルーグラスじゃない日スペシャルに出てきました。
お越しくださった方々、どうもありがとうございました。
もう見事にブルーグラスじゃなかったですね。
それでもブルーグラス愛に満ち溢れた日でした。
ええ、満ち溢れてたんです。それはもう満ち溢れていたんですってば。
言葉には出さないけれど皆、命日であるビルモン様を偲んでいました。
ええ、偲んでいたんです。それはもう偲びまくっていたんですってば。

既に報告はご主人様がブル研公式で既にしてくださってます
ちなみに、悶々がまさかのLOGに出たのはご主人様の暗躍があったからだったり。
ありがとうございますご主人様。


前半は関野さんのカントリーバンド。
IMAG2477.jpg
生スチールギターの演奏って、思い返せば初めて見るかも。面白いですね、あれ。
そう言えば最近カントリー世界で暮らしていた僕にしてみれば、多少やった曲やわかる曲もちらほら含まれていたので、そういう点でも楽しかったです。もうちょっと真面目にカントリー勉強しようかな。
しかし、我々の何倍音圧があったことか。エレキの力と低音の力は偉大です。
ベースが恋しい。


悶々は前半にやり逃げするコースで考えていたのですが、事情により後半へ。
1347297517663.jpg
新曲を多数導入し、悶々の持ち曲全て大放出。
僕の趣味的に、すごく自由にやらせてもらいました。
ギター、バンジョー、フィドル、ウクレレ、鍵盤ハーモニカ、スネア(+シンバル)、タンバリン…という、出演者の2倍以上の楽器でちゃかちゃかと。
あくまでベースは弾かない。

いやぁ、しかし。いいね。手前味噌ながらいいね。すごくいいね。
何がいいって、添鷹の二人がめちゃくちゃいいね。

あの落書き群と曲名ボードとかに至っては、天才的だと思うわ。
演奏も含めて、趣味だったり、センス、雰囲気…。
そういたものの魅力が二人から滲み出ていれば、企画者としてこの上なく幸せです。

まぁ、演奏に関しては色々もったいなかったです。僕が。
「焦らないようにね。」と出番前に言ったのに、言った自分が全部焦ってるため、
すべての曲がハイスピードモードでした。お恥ずかしい。
それなりに緊張もしてたように思います。
変な話ですが、ステージ中はその緊張を感じてないんですよね、多分。


添田曲名ボード劇場とか、動画とか貼り付けたかったけれど少々面倒なのでここまで。
次回、中古で買ったギターの話でもするので、そっちへ先送り。
9月は更新数を稼いでみるチャレンジなのです。


2012.09.06

プリミティブ領域へ

今日の名言「ドラムはその人の個性が一番そのまま出る楽器」…by高橋幸宏
とかなんとか、NHKのスコラで言ってた気がします。
ドラムに触れる機会はおろか、側に寄る機会すらなかなか無い僕には、
あまりドラムを聞いてその人の個性を感じたりってのはありません。

ただ、打楽器って一番シンプルですよね。
人間か、そのご先祖様達が一番最初に作った楽器は恐らく打楽器でしょう。
弦を糸で擦ってみたり、穴に息を吹きかけてみたり、変な植物の板を濡らして吹いて振動させてみたり…とか小賢しい事を全くせず、叩いて鳴らす。
どシンプルです。ドレッドノート級にシンプルです。
どシンプルな発音過程を通って音が出てくるのなら、
確かにその音は、演奏者の個性そのままなのかもな、とは思います。
音、というよりリズム、なのかもしれませんが。


今までドレミ脳で生きてきた僕にとって、リズムを作り出す事を仕事とする打楽器はほとんど未知の領域であり、専門外であり、浮気対象外であり、触ることも無いであろうと思っていました。
あってもせいぜい木魚を叩いて遊ぶ程度でした。
が、しかし。ある日のハードオフで見つけてしまったのです。

スネアドラム、1050円。

日本人の99%が触りもせずに死んでいくであろうスネアドラムという楽器が、
僕にとって未知の領域である打楽器の世界が、
今、目の前で、大量に(10個近く積まれている)、格安で投げ売りされている…!
見たところどこかのマーチングバンドが大量に引き払ったようで、
スナッピーもちゃんとついていました。

その後30分くらい、ハードオフ内を30分ウロウロしながらロジカルダイブです。
・スネアドラムが欲しいか(y/n)
・置き場所はあるか(y/n)
・何か使える代物か(y/n)
・コスパは良いか(y/n)
・買っていい?ねぇ、ほんとに買っていいの?(y/n)
→yyyyy
てかロジックなんていらないよ!買うだろ普通!お買い得品だよ!

って訳で買ってしまいました。
なんだこれ、楽しいぞ。音がでかい。叩いてるだけで楽しい。
らぱぱんぱーん、し放題。
sd.jpg

そして、ちょうど悶々でもスネアの音があったらいいのにと思ったりしてたので、
バンドでも使ってもらうことにしました。叩くのは小林さんですが。
しかも小林が、スネア本体価格の二倍するドラム用のブラシを買ってきたもんだから、
有用性が一気に増したのであります。
なんかその時点でこのドラムは小林の元へ行く気がしたので、
後日同じのをもう一個買ってきたり。写真は二台目なのです。

僕自身がこのドラムで何かをするって事は無いと思うのですが、
未知の世界を教えてくれる、コスパの良い上質な玩具です。
あわよくば遊んでるうちにリズム感が強化されたり…
とか打算的にやると裏切られるので、色々いじりながら遊んでいたいと思います。
らぱぱんぱーん。


Posted at 12:34 | がっき | COM(0) | TB(0) |
2012.09.05

もう管楽器をやりたいとは思わないけれど。

今日のレコメンド「モノポリーズ」


残暑お見舞い申し上げます。
この暑さ、本当に9月なんでしょうかね。
数日前、祖父の命日だったのでお墓参りへ行ってきたのですが、
もう墓石がジンパできるんじゃなかろうかという程に熱かったです。
アブノーマルでフリーダームな墓石ブームな昨今、もしもジンパが好きで好きで仕方ない北大OBなんかが生前に墓を建てるとしたら、日光の力を利用して肉が焼ける墓石とか良いと思います。
お盆は皆で墓前ジンパできますよ。ご先祖様のお帰りは焼きナスで。



さて、まずは告知。
「悶々モンブラン」という3人組で、毎月恒例のブルーグラスの日に出ます。
ブルーグラスの日ですがブルーグラス成分は全くありません。
ちなみに対バンもカントリーバンドらしいです。
9月は「ブルーグラスじゃない日」に改名したほうがいいんじゃないか。

悶々は、僕がブル研を出る前にやりたいことをやっておくべく、
3月の追いコンの直前にかなりインスタントな感じで作ったバンドです。
メンツ(僕と添鷹)を見てもやってることもなんとなくベース企画ですが、
あくまで必要なメンツに声をかけたらベース弾きだっただけです。
皆でいろんな楽器を使いながらジャパニーズを歌います。

3月の追いコンに出た後は8月くらいまで放置状態でしたが、
札フェスに出る事が決まったついでにブルーグラスの日も決まりました。
どんだけ出演者不足なんだと、心配になります。



悶々の現レパートリーの半分くらいがハンバートハンバートですが、
元々は「モノポリーズ」というバンドの曲がやりたくて企画しました。

「小音量、大人数のスカバンド」というテーマの元に始まったモノポリーズは、
確か三重県あたりから始まったバンド。正直、栃木県より印象薄いぞ、三重県。
スカバンドと言っても印象的にはスカって感じはあまりせず、
どこかじっとりカサカサ、妙な雰囲気がします。
その妙な雰囲気が僕のドツボなのです。

現在のメンバーとか編成はわかりませんが、
僕としてはチューバがベースを担当している点にひとつ、グッと来ます。
チューバはエレベでもウッベでも出せない、管楽器独特のベース感を出してくれます。
実は僕、中1の時だけテューバを吹いていたのですが、
その時はこんなに素晴らしい楽器とは知りませんでした。
こういうあくせくしないで良いアコースティックにはすごく合うのです。
ちなみに栗コーダーなんかもベースにチューバを使ったりしますね。
どなたかチューバ(やトランペットその他)をお持ちで次の日曜に暇を持て余していて、
かつ悶々と一緒に出てやっても良いという方はご一報ください。
2曲程ゲストにお呼びしますよ。



Posted at 23:51 | れこめんど | COM(0) | TB(0) |
2012.09.04

ここ最近の演奏ダイジェスト

今日の名言「アボカドチューニング」
フィドルを低い方からABCD(Dだけオクターブ上)とチューニングする新手法。
誰でも簡単に現代音楽が奏でられるようになる。
また、バンジョーに転用する事により、
誰でも簡単にベラ・フレックもどきになれる。


また一ヶ月以上、ブログを放置しちゃった。

この7・8月というのはまさに駆け抜ける夏…というより夏に駆け抜けられた僕。
四半世紀も生きるとそろそろ時空が歪みだし、3度の満月が瞬きの間の出来事。
つまり何が言いたいかというと、
「え、もう9月?7月と8月は?終わったの?早くね?これって年のせい?」
という事です。


ただ、瞬きの間にも、いろんなことがあったように思います。
ちょっとダイジェスト。


◆コピバン企画◆
酪農大OGゆっぺさんからお声がけを頂き、コピバン企画でひどるを弾いて来ました。
ライブハウスでやる大音量系ライブなんて何年ぶりに行く事か。
まして参加なんて初めてです。
改めて狭いコミュニティでやってたんだなぁ、とか、
何年か越しにクラスの同級生と仲良くなったり、とか、
色々ブログに書こうと思ってたのですが。
気づけば9月です。またの機会に。

ただ、一つだけ言っておきたいことは、
バイオリンって役得、という事だけです。


◆長沼ウィングラス営業◆
今度はウィングラスの営業お手伝いという話を頂き、ひどるを弾いて来ました。
個人的に「ひろよしさんごっこ」しようと思ってたのですが、
あらゆる意味で難易度が高すぎて諦めました。

「TKG専門店」「リバーブ・クラップ・ハードモード」、「ブル研OB会による局所的追分フィールドの展開と感染」…等など個人的にたくさん書きたいテーマがあったのですが、
気づけば9月です。またの機会に。

ただ、一つだけ言っておきたいことは、
長沼町すげー良い所、という事だけです。


◆札フェス◆

俗世に生きる方々も、堅気の商売をする方々も、ビルモン教に帰依して入滅する方々も、異教の教えに従いながら他文化交流を望む方々も、みんな集まるお盆の札幌、豊平峡温泉。
お風呂とカレーに音楽がついて、お値段なんと2500円。
今年も楽しい楽しい、札幌ブルーグラスフェスティバルでした。
今回もたくさんの方にご来場頂き…と言う側では無くなった僕は、ステージにネジを打ち込むことも無く、買い出しに車を走らせることも無く、ただただOBヅラして高瀬さんのご馳走を食べていれば良いのです。

今回は新ひばり(+旧制成分)、ひばりもどき、悶々モンブラン、
そして忘れてはならないご主人様との主従関係の証、おりじょで出演しました。
わ、わすれてない、わすれてないもん!ほんとだもん!
フェス中にドブロを除く5種類の楽器全てをステージ上で弾く、
というちょっとやってみたかったチャレンジを地味に達成しました。

虫の大群、高瀬さんの料理、アボカドチューニング、
書きたい思い出はたくさんたくさんあったけれど、
気づけば9月です。またの機会に。

ただ、一つだけ言っておきたいことは、
貫徹して二日目死んでたのは、ひろよしさんが面白すぎたせい。
ということです。


◆その他諸々◆
他にも石狩でライブがあったり、カメラ撮ってたり、サーカス見たり、色々した気がしますが、
気づけば9月です。またの機会に。

それと今週末のブルーグラスの日、でます。
悶々モンブランです。
それについては、日曜までに別途書こう。きっと書こう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。