--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.05

meet the F#

今日の名言「え、M7(メジャーセブンス)あんまり使わないの!?」…byりっくん
地獄のミサワ的発言じゃなくて、まったくの素です。
彼の曲は常に7thやら9thやらテンションコードが鳴っているのですから。


久々にブログでも書くか、と思いぼぶろぐ~を開いてみると、
一番上に次回予告してる記事がありました。
…えっと、また"次回"!


という事で忘れないうちにライブ報告。
夏ごろに参加したハンバートハンバートのコピバンで一緒になった、なかにしりく君(通称りっくん)という歌唄いのライブ&Ust配信@中目卓球ラウンジ札幌分室にお邪魔してきました。

りっくんは「なかにしりくトリオ。」というカルテット(そう、何故か4人)やソロのシンガーソングライターとしてかなり精力的に音楽活動をしており、CDも2枚ほど作ってたり。
おされコードをガシガシと弾きながら(なんというブルーグラス目線)実に気持ち良い歌を歌います。


しかもお互い全く覚えていない無かったけれど、
僕と彼は大学の基礎クラスで同級生だったようです。
彼は当時同じクラスの体育委員としてクラスマッチのダンスを教えてたそうですが、そういえば僕、クラスマッチはぶっちして、ブル研のお花見に参加していたのでした。
ごめん、りっくん。

今回ライブをしたのは南3西3にある、中目卓球ラウンジ札幌分室。
IMG_20121105_005219.jpg
これまたおされなバーの中に、ででんと卓球台があります。
飲みながらピンポンできます。
ででんと卓球台がある割に何故か違和感が無くおされで、ででんと卓球台がある割に狭さを感じさせない開放感があり、ででんと卓球台があるなしに関係なく非常に居心地の良いお店でした。
卓球せずとも、飲みに行くだけでも十分に行きたくなるお店。

このお店の隅っこにある、これまた落ち着くソファーの一角に陣を張り、ゆるゆるとUst中継しながら、ゆるゆると二人でライブをしておりました。
彼のオリジナル曲に合わせて僕のひどるを合わせて行くという感じ。
今後何度か機会があるかもということで、事前にサ館で音合せはしてありました。
人の書いた楽譜を見ながら曲をやるというのはこの上なく新鮮体験。
それでも決め所だけ決めて、あとはいつもどおり適当に、というスタイルでした。

今回の一番の問題は、僕がF#の曲を全く弾けないという事。
ふぃ、フィドルはF#プレイなんかしないしっ!
まぁ弾きにくいキーはたくさんあるのですが(というかAとD以外もう嫌です)、F#はフィドル弾きにとって本当に鬼畜という事が判明したのであります。
第1ポジションで弾かなきゃ少しは楽なんでしょうけれど、第1ポジションでしかいつも弾いてないもんだからいきなり第3で弾こうとするとピッチが大惨事でありまして。(要約:ローポジと開放弦ですべて解決してきたんだよ畜生っ。)
しかしお陰様で新しい世界が開けそうです。
沈みゆく今年の目標はF#にします。

さて、二人でのライブは初めてだったのですが、印象としてはとにかく新鮮。
その中でも音合せできてるから、やっていて非常に気持ちよかったです。
彼も好感触を持ってくれたようで、今月22日のファクトリーでの演奏にもお呼びいただきました。
詳細は良くわかりませんが、そのうちTwitterででもお知らせします。
是非是非、ふらっとお越しください。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。