--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.09.04

緑松子に感謝を込めて

今日の名言「普通すぎてお前には似合わない。」…by~子

僕がまともにギターを触るようになったのは、ブル研4年目の時。
それまでベース、フィドル、バンジョー、マンドリンと入手していたくせに、一番手に入りやすいギターを最後に始めたのでした。
しかも、「ヤマハでも買おうと思う。」と友人に相談したら「普通すぎてお前には似合わない。」と言われたので、じゃあ変なの買ってやろうと思い何故か緑色したオベーションを買ってしまったのです。
なんでそんなことをしたか、今でも自分でよくわかりません。
IMAG6857_convert_20130904003928.jpg

しかしこの子、非常に弾きやすいギターで、初心者の僕にはうってつけでした。
ブルーグラスギターをするには物足りない子でしたが、自然と手にとることも多く、このギターで遊んでるうちにギターの基礎を習得していったのだと思います。
このオベーションは、緑松子と名付けられました。
当時の第六婦人…?くらい。もう一夫多妻制をするにも、嫁の順位がわからない。

それから3~4年の時が経ちました。
結局ヤマハのアコギも、他の楽器も色々買いました。
それでも緑松子は現役で、椅子から手の届くギタースタンドにいつでもいました。
ちょっとした暇つぶしにも、悶々の練習にも、とても便利な子でした。

そんな、とてもお世話になった緑松子とも、お別れの時がやってきました。
お別れするのは悲しいけれど、今までありがとう。
他の誰かの嫁になっても、どうかお元気で。

別れ際、僕が最後に聞いた緑松子の歌は、
セカストの店員さんが単弦で弾く「蛍の光」でした。







って事で、嫁を売って新しい嫁を貰ったよ!

IMAG6872_convert_20130904004036.jpg




スポンサーサイト
Posted at 12:34 | がっき | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。