2014.12.01

SSはフルーティであるべきだからしてフルーティであるのか。

今日の名言「ブル研がなければ苗字も変わってなかった」
おおよそ半世紀。いったい何人の人生を狂…変えてきたことやら。



東京で開催されたブル研関係者勢揃い総会、きよたなきぶん。
東京人グラッサーたちが思いを馳せているであろう北海道で、足が届かなかった東京に思いを馳せる道民グラッサーはどこへ行けばいいのか!
そう!それはもちろん!「まるたなきぶん」なのです!
よく知らない創始者っぽい人から、よく知らない一年生、はたまたすっかり初々しくも無いSSを握りしめるサラブレッドベイビーまで、北大ブル研が貫いてきた三世代分くらいの関係者が大集合。企画してくれた☆川の働きは、永世名誉副部長の称号でも与えられそうな素晴らしいものでした。

今回の企画では東京と札幌での同時開催ということで、Skypeによる中継も。
IMG_3477.jpg

PCとスクリーンとマイクとアンプとプロジェクターを持参。すごいぞ☆川。
ただ、Skypeの通話品質の問題か、コンデンサマイク使っても全然音声は伝わらないし、こっちも聞き取れませんでしたね。結局このシステムの半分くらいは、おっさんの腹踊りや変顔を映し出す用途に使われ、大活躍でした。

あとは特にイベントらしいことも無い普通の飲み会なのですが、映像だけ見る限りどうやら東京ではやっているらしい自己紹介を、こちらでもやることに。
実物の人間が歴史順が立ち上がるのを見ては、こんなよくわからん音楽をやるサークルで、よくこんなにも人生が連綿と続いてきてるなと感心するばかりでありました。
ちなみに自己紹介コーナーMVPは、自己紹介からヒストリートークへ脱線したおじさま達を華麗に軌道修正した☆山さんでした。なんてデキる男なんだろう。流石、過去に言った下ネタをもう一回言わされた上にドン引きされるっていう、自分が言ったギャグの何が面白いかを解説するよりも悲痛な目にあっても尚逞しい男。彼がいる限り札幌ヤングOB会の未来は明るいのであります。幸あれ光あれ。


まるたでの一次会を終えて、二次会はつくしへ。
つくしとかすごく久しぶり。

二次会では、明るい前途を夢見る独身vs枯れ果てた既婚者みたいな光景もありましたが、珍しく音楽についてもちょっとは語ったり。そうだよ、ここ音楽サークルだったよね。
思い返せば一年生に身も蓋も無い事言ったような気がします。
でも飲み会で身も蓋もある素晴らしいアドバイスをしたところで覚えてるわけはなく、よしんば覚えてても実行されることは殆ど無いものだ、とも思うので、それで良かったことにします。
でも、まぁ、コーラスはやりなよ、青木くん。楽しいよ。

早めの時間から始まったので、チーム終電の僕も十分二次会を楽しみ、終電で帰宅。
帰ってから色々と懐かしくなって、昔の動画なんか漁ってみたり。

来年もきよた・まるたなきぶんは、やるとかやらないとか。
恒例行事になったら、楽しいでしょうね。



スポンサーサイト