2017.02.27

幼児的に言えばたかいたかいを繰り返されるような。 ~「ようこそジャパリパークへ」リズム小考察~

少し間が空いてしまいましたが、前回の続き。



相も変わらず僕のiPodは、ひたすら「ようこそジャパリパークへ」をリピートし続けております。一時は他の曲を聞いても全く楽しくなく、たまらずジャパリパークへ帰ってくる、という禁断症状まで覚えておりましたが、徹底したジャパリパーク・オーバードーズにより、なんとか他の音楽も楽しめるまでには回復しました。
仮に、ライブを見ながらジャパリパーク禁断症状にでもなったら、いよいよ病院にかけこんで精神科フレンズでしたが、大丈夫。昨日のライブは楽しかった。

さて、ここまで「ようこそジャパリパークへ」を聞き続けられる魅力はどこにあるのか、を考えていこうという事で前回から書き始めていますが、流石は今をときめく一大ミームけものフレンズ。既に考えてくれているフレンズがいらっしゃいました。

けものフレンズOP『ようこそジャパリパークへ』コード進行とメロディと感想


すごーい!コードがとれて採譜もできるフレンズなんだね!
OP使用部分の楽譜付きで、コード解説してくれています。
僕は、音は取れるけどコードがわからない感覚依存フレンズなので、正直読んでもピンとこないのだけど、ただただ羨ましい限りです。

まったく需要のなさそうな今回の件はこの記事の紹介だけで終わらせてしまいたくもなってきますが、せっかくなので僕はリズム方面について少しだけメモを残しておこうかと思います。





繰り返し聴くに耐えうる曲の条件…は、おそらく簡単に定義することはできません。
しかし、「ようこそジャパリパークへ」が繰り返しに耐えうる必要条件なら思い当たります。

それは、口ずさんでてor頭の中で音ゲー化してて超楽しいから、です。
それをもう少し掘り下げると、リズムが超楽しいからになり、さらに言えばシンコペーションと安定との行ったり来たりが絶妙で超楽しいから、になります。

この曲は裏にアクセントを置く【シンコペーション】が強調されている部分と、表にアクセントが置かれた【オンビート】(←これがシンコペーションの対義語として正確かどうかは非常に怪しいが)の配置と演出が絶妙だと思うのです。


下図は1セルを一小節として、OPの歌詞と構成を大雑把に示したものです。
kemo.png



これを、【オンビート】、【シンコペーション】、そして【おちついたリズム】の3つに分類して色分けしたのがこちら。
kemo2.png


【おちついたリズム】は、【シンコペーション】とはまた違ったり、近かったりするんだけど、とりあえず【オンビート】とは差別化すべき「引いた雰囲気」の部分として便宜的に設定しています。
細かく言い始めたらキリがないのでこれでご勘弁。

この図を見ながら曲を聞いていただけると分かるように(分かってくれたらいいな…)、【シンコペーション】or【おちついたリズム】の後に、必ず【オンビート】があります。


つまり、変化のあるリズムのあと、必ず【オンビート】に戻すことにより、不安定→安定という解決のプロセスが、4小節or8小節の単位で繰り返されているのです。
そう、いちいちスリリングなリズムで揺さぶりを掛けられた後、必ず手拍子の打ちやすい表のリズムで落ち着かせてくれるという、非常に気持ちの良い解決体験を何度となく経験させてくれる曲なのです。

そして、その繰り返しを経た上でのアウトロは、ひたすらズンズンと進むようなオンビートです。
あれだけ挟んでいた【シンコペーション】を全く挟まずにEDまで突き進む様子は、安定感というよりもはや「無敵感」とでも言いたくなるような力強さがあります。

それでも最後の最後、思い出したように象徴的なフレーズの【シンコペーション】を入れて締めてくるあたり、この曲のテーマはここにあるという主張が垣間見えます。
音ゲーだったら、気持ちよく頭打ちしてた後の最後に来た裏リズムで、よくパーフェクトを逃すことになるあの現象が起こるポイントです。


と、言うことで。この「ようこそジャパリパークへ」における中毒性のほんの一端は、揺さぶられるリズムの解決と安定にあるかもね、というお話でした。

ちなみに、同じような手法を使った曲にはどのようなものがあるのでしょうか。
探すまでも無くわんさか出てくるものでしょうか。
類似性を持つ素材を探し出してくる事は研究の基本ですが、如何せん最近この曲しか最近聞いていないもので。





スポンサーサイト
Posted at 19:00 | へぼ | COM(0) | TB(0) |
2017.02.14

それはまるで、定演前に聴く原曲かのように

今日の名言「けものは居ても のけものは居ない」
                      …byけものフレンズOP「ようこそジャパリパークへ」

■アーリーマジョリティ(またの名をミーハー)なフレンズ

先週「 語彙力を取り戻すのだ!(大意)」と高らかに見栄を切りましたが、その直後に"けものフレンズ"ムーブメントに巻き込まれ、晴れてフレンズ化しました。
どういうことかと言いますと、IQを溶かすことに定評のあるアニメに毒され…いや、"フレンズ化"され、思考が「すごーい!」「たのしー!」「君は○○なフレンズなんだね!」で事足りる世界となったため、もう語彙力がいらなくなったのです。
1話の初回視聴では、キルミーベイベー的な辛さを感じていたものの、話数を勧めていくと以下のようになるから不思議。



■OP曲買っちゃったフレンズ

そんなIQが溶けたフレンズである僕は、躊躇いなくOP曲である「ようこそジャパリパークへ」をiTunesで購入しました。多分、アニソンのシングル曲をわざわざ購入するのは人生初です。しかし、即買いする程印象的で素晴らしい曲なのかというと、多分そうでもないのです。フレンズ化したから買った。ただそれだけ。



…かと思っていたのですが、聞いていると、どうしてなかなか。気づけばここ数日、iPodでは1曲リピートで固定され、移動中も運転中、この曲しか聞いていない。ひとつの曲をとことん聴き込むなんて行為、定期演奏会前やそのオーディション前以来です。(そしてあれは、決して好き好んでリピートしてたわけじゃないんだ)

IQが低下していたためこの数日間、何の疑いもなくリピートしており、ふと、その事に気づいたのはついさっき。なぜ僕は、いつの間に僕は、この曲ばかり。これ、すごく、いい曲じゃないか。



■星野源もお気に入りフレンズ

と、気づきを得た所で、
あの恋ダンスの人も一日60回聞いているらしいと知り、「わーい!こうはくかしゅもみとめてるー!すごーい!たのしー!」と、なんとなく権威を傘にかけてちょっぴり安堵感を得た、卑屈なフレンズこと僕。(radiko会員じゃないから、残念ながら放送自体は聴けない…)


じゃあこの曲何がいいのか、っていうのは、やはりこれだけ認知度があると、既に書かれていることもあるわけで。

【連載】けものはいても“のけもの”はいない!大石昌良の詞と曲に魅了される『けものフレンズ』主題歌「ようこそジャパリパークへ」

記事の内容を乱暴にまとめちゃうと、ピアノロックが良い、その他多彩な音色・サウンドが良い、若手声優陣が良い、歌詞が良い、って話。うん、まぁ、そうなんだろうな。

しかし、ピアノロックなのは言われてみてそう言えば、だし、若手声優陣は8人もいて正直サーバルちゃん以外わからないし、だし。何かもっと別の音楽的理由があるに違いないと感じているわけです。

それを考えてみよう!とこの記事を書き始めてみたものの、考えれば考えるほどまだ聴き込みが足りない感じがしてきたので、あと60回ほど聴いた後に書こうと思います。

続く。



Posted at 21:25 | へぼ | COM(0) | TB(0) |
2017.02.06

正確に言えば798日ぶり

今日のお題目「凛ちゃんまじえんじぇー
はー。えんじぇー。まじえんじぇー。
劇場版でソロ(正確には1年生組3人)を歌いだした時、「なんてこった」と口をついて出てしまいました。
あれを英訳するなら間違いなくOMGであり、GはGoodnessとか日和ったワードじゃなくて紛れもなくGODであり、つまる所僕は凛ちゃんに神性を見出しており天使どころか神の





見捨ててません。ブログ、見捨ててません。
見捨ててません。ブル研、見捨ててません。

例えもう誰も見向きもしない当ブログでも、例え僕のブル研参加率が著しく低下していても、例えクソヒキニート化してこのまま眠り続けて死ぬとしても、例え壁にかかっている楽器の弦がゆるゆるになるまで放置していても、例え僕のipodにゆるゆりのキャラソンを入れるためにバンジョーの音が駆逐されても、例え「ナントカコントカ&ニューサウス、の人って誰だっけ」と1ヶ月間モヤモヤしているがさして大事なことじゃないと軽んじて調べなくてもいいかと放置していても、僕の心筋はブルーグラスの事を決して忘れず不規則な2ビートを刻み続けているのです。

この800日にも及ぶ更新空白期間の間にも様々な出来事が有りや無しや。日々濃密な時間を過ごした僕には千の言葉を尽くしても語り得ぬ膨大なトピックスが累積しており、それをご報告するため記事に書き起こさんとするならば万の言葉を尽くしても表し得ぬ一大叙事詩にもなろうかという所ではありますが、積もりに積もった悲喜交交の物語の数々は下層のほうより濃縮発酵を始め一部は液体化までしている様相で、芳しく立ち上る腐臭に酔える好事家の諸兄ならばいざ知らず、公衆の面前たるこの場に於いて晒す事は以て犬も食わないロマンチスティック自分語りの罪として再び当ブログに禁固刑が課せられようかと危惧する所でありますが故に、この度は努めて大人しく小市民的に当たり障りなく、ブログ更新を目的とする更新にとどめて筆を取ろうと思い立った次第であります。



さて、2年ほど放置はしていたものの、このブログも10周年です。
この10年の間にネット文化もSNS文化も随分様変わりしました。
数も僅かな当ブログのリンク集も死屍累々の有様になって久しく(そもそも「リンク集」などというワードすらノスタルジーを感じる次第でありますが)、「流行りに乗じてブログを始めてみたけれどあんまり続かず、そのうち過去の記事がこっ恥ずかしくなってきたから消すか非公開にしちゃおー」とか考えちゃう元ブロガーの方々の心中お察し致します。

そう、10年前の自分の記事とか、こっ恥ずかしくてたまんないね!
数年前ですらこっ恥ずかしくてたまんないもんね!
ただ、わざわざ読みに潜る人も今更いないでしょうし、もしも僕が世界的重大犯罪を犯した暁には世界中の野次馬・鬼女・マスコミ・研究者・その他大勢がこのブログを特定し漁りに来てカウンターを爆回しした挙句にお昼のワイドショーで卒業アルバムと共に公開処刑されるのでしょうから、品行方正に生きるための心の枷として、僕は消さずにいるわけです。


自己の犯罪予防目的かどうかはさて置き、それでもブル研ブログ文化は、余所様のところでもまだ潰えてはいないようです。
最近ちらほら復活している所もあるみたいですし。
その中でも、
"あと、ブログを書かなくなって、作文する機会がめっきり減ってしまい、語彙力や表現力がどんどん無くなってきているという実感があります。もともと大したことのない文章力をとりあえず回復させたいという思いもあり、書いていこうと決めました。"
は、もう、ほんとそれな。それなボタンがあったら超押す。それな!
本稿はこの引用だけで完結できるくらい、それな!


曲がりなりにも四捨五入したら二桁になる程度の年数を大学関連モラトリアム生活に費やしたゆるゆる文系学生ですので、レポートをそれっぽくしたりレポートを水増ししたりレポートをでっち上げたりと、作文の機会には事欠かない生活でした。
しかし時は経ち、文章を書くイベントも、文章をアウトプットすべきところも、どんどん減る一方。
いつしか僕の語彙力は「凛ちゃんまじえんじぇー」しか言えない痴呆レベルにまで落ち込んでしましました。
凛ちゃんが天使である事に議論の余地は無いにせよ、それを「まじえんじぇー」とのワンワードでしか褒め称えることができないのであれば、それは大変由々しき語彙力低下と言えます。

それは凛ちゃんを褒め称えるだけの問題にとどまらず、日常の端々に人生の機微に、色を注して観測可能にし定義を与え記憶に留め思い出とし自分の内部に還流させる為には、言葉がなければならないのです。
僕がひたすら「凛ちゃんまじえんじぇー」とワンワードなお題目を唱えている間に、どれだけの素敵な凛ちゃん(と人生のあれやこれや)を取りこぼしてきたことでしょう。

そう、だからこそ、今こそ。再びブログを書く時が来たのです!



…と言った事を何度考え、何度論じ、何度繰り返し、何度途中でほっぽりだしていた事でしょう。いい加減このスキームも飽きてきた具合です。
でも、大事なことは再開することなのですから。
また書くことなのですから。
書いて辞めてを繰り返していくのです。
例えこのブログでじゃなくとも。



Posted at 11:31 | へぼ | COM(0) | TB(0) |