--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.29

この記事で、実は月間更新数最多タイですよ

今日の名言「アニ損(どうせアニメを見てて気持ちわるいと思われているような顔だから、いっそのことアニメを見とかなきゃ損であるということ)」…byかとう×けーや
そんな訳で、アニメを見始めたそうです。


なんとも穏やかな休日です。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
僕は、する事があるようでないようでやっぱりあるんだけどないふりです。
シューカツってなんだ。


もう大分前になりますが、オケの定演を見てきました。
ぶっちゃけ途中寝ました。
普段、単純な構造の音楽ばかり聴いてると、対応できなくなります。
やっぱり僕にはよくわからない。
でも、ぼーっと見てると、それなりに楽しくはあります。

そんなオーケストラという存在は、結構柔軟性・多様性があるものです。
例えば先日の記事で紹介したNightwish。
貼り付けた動画では使われていませんが、オケを多用したアルバムもあります。
別段クラシックに限らず、幅広いジャンルで用いられていますよね。

テクノも例外では無かったようで。
テクノmeetsオーケストラ。
世界六十億人いれば、そんな事をやってみる人間も出てくるもんです。
そしてこれが結構鳥肌もので。



Carl Craig(カール・クレイグ)というテクノミュージシャンがいるらしいです。
彼がオーケストラとテクノをやっちゃった人間。
まぁ、百聞は一聴一見にしかず。

後ろでDJしてるのが、そのCarl Craigらしいです。
勿論、完璧オーケストラ編成でやったわけでは無く、色々混ぜては居ます。
でもやはり「オーケストラ」でもあり「テクノ」でもあり。
こう意外で無理そうなことをやってのけて、しかもカッコイイって…痺れるわけですよ。

因みに、ライブ全てを見るにはこちらから
下の帯からトラックを選べます。
オーケストラテクノもカッコイイのだけれど、アンコールのピアノとDJだけが至極良い。
全部聞き終わった後、思わず聴きなおしてしまうくらい。
トラックでいうと8番目、最後から数えて二番目のトラックです。
やはりピアノという楽器の多様性も広大ですよね。
うぅ、ピアノいいなぁ。
もうあんまり弾けない。
また練習してみようか。

スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/110-685a875b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
これ指揮者いらないよね。。。
なんだろう、オケでミニマルやっただけのようにも見える(笑)

こういうのを見ると、あらゆる音楽はオケのそれぞれ違う模倣に過ぎない気がして、負けた気分になるぜ(爆)
Posted by father at 2008.11.29 18:51 | 編集
DTMのリズムが入ってますからねー。
一応これの前に、リズムが入ってない曲もありますから、不必要ってわけじゃないと信じたいものです。

やっぱりオケって原点だと思いますよ。
しょーがないので、ブルーグラスはコストパフォーマンスで勝負です。
Posted by ぼぶ at 2008.12.01 12:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。