--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.12

全てはテコの原理だった

今日の名言「つまり、テコの原理で押さえるワケだ。」…by原さん
プロの論理は重みが違う。


もう今更ですが、先週末は学校祭でした。
恐らく、現役最後の学校祭です…多分。

天気は生憎の空模様でしたね。
参加者の晴れ男(女)指数-雨男(女)指数がマイナスだったということでしょうか。
誰のせいでしょうね。
主犯が判明したら、八雲には来させちゃいけない気がする。

今年もカレー、いももち、ドリンク、スモークチーズを作って売っておりました。
カレーにはスパイスを入れる事がレシピに明示されましたがいかがでしたでしょう?
結構辛めな事もありましたが、給食味よりかはよっぽどよかった気がします。

ステージも相変わらずでした。
金曜日はセッションの嵐。
土曜日は何かと出てくれる人がいて。
日曜日は2時間だから一瞬。

金曜日はやたらとステージに出たように思います。
如何せん、ベースとフィドルとマンドリン、三つの穴に名前を入れられます。
我ながら便利な人間です。
それに、ベースはともかく、他2つはステージ経験値が足りませんからね。
セッションでもステージに上げてもらえるのは嬉しい事です。

今年のステージは、去年のようなユアラヴ祭りにならなかったのが良かったですね。
2年目が結構多くのジャム曲を覚えててくれるからかな、と思います。
必修3曲やユアラヴ等、固定曲ばかりという事が無く、去年よりは飽きませんでした。
ついでに言うと、酪農大さんとも結構良いセッションできて嬉しかったな。




今回の学祭のメイン、というか個人的に特筆したいのは、やはり日曜日です。
既に随所に載ってますが、プロバンジョー弾きの原さとしさんがいらっしゃいました。
そして、一緒にステージに立たせてもらえることに。
しかも、他に居なかったため、マンドリンで立つ事に。
いいのだろうか…と思いつつ、嬉しい事で。

曲目は割と適当に、スタンダートナンバーをやっていただきましたが…
まず、ノリについていけない!
今までのセッションがいかに適当なノリだったかと思い知らされます。
小手先だけのリズムでやってたんだなぁ、と。
そのうち原さんのリズムに何とか慣れていく事はできました。
が、隣でワケワカメな凄いことをやってるわけで。
そりゃあ、ガン見しますよ。コード忘れますよ。石。さんだってGラン忘れますよ。

終始そんな感じで、付いて行くのがやっとでした。
でも楽しかったなー。すごく良い経験になりました。

その後、原さんを新千歳まで送って行くという高瀬さんの車に、何故か同乗させていただきました。これからステージやらなんやらを片付ける後輩たちを尻目に…いや、すみません。
空港までの道中は、車内で楽器を取り出して、市川にワークショップをしていただきました。

バンジョー教室も開いているくらいですからね、やはり教えるのが上手いです。
どこまでも理論的で、説得力があり、因果関係が明確なのです。
左手はテコの原理で押さえる、って言われると納得せざるを得ません。

ワークショップはバンジョー弾きでなくても得るものが大きかったと思います。
上手く還元できれば良いのですが。
既に市川は、教わったことをそのまま教えるワークショップをしたみたいですが。

でもなかなか、その時の納得感そのままに伝えることは難しいですよね。
プロが確信持って言うのと、伝え聞いたものを言うのとでは明らかに違う。
結局最後は自分で試行錯誤した上で納得するしかないのかな、と思います。

ただ、「初めからこうしておけば良かった…」って言うのはありますからね。
変な癖がついてから、それを治すのは大変ですから。
だから、1・2年目あたりは、今は弾きにくくでもそのメソッドで試してみるのが良いかと。


ワークショップで教わったことを書こうかな、と思いましたが。
それはまた今度にしましょう。長くなりそうだし。
そもそも、文章化するのってすごく難しいような…。
まぁ、何かしらで還元できたらいいな。片付けサボった分くらいは。

スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/125-86672767
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。