--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.27

無差別ゴメン射撃

今日の名言「留年は、しないほうがいいよ」…byOりた氏
先人の重み或るひと言。
しかしなんと、彼女は進級した模様です。
願わくばいつか「放校は、されないほうがいいよ」と言われないことを祈るばかりです…。


さて、今回は皆様に色々と謝ってみたいと思います。
ご存知の通り、なんとも不甲斐無い男ですので、いつもご迷惑ばかりかけています。
例えばバンドメンバーには本当に申し訳ない。
曲決めでまともな曲は持って来ないし、無茶言うし、たまにやたらとけだるそうだし、余計なところにいちゃもんはつけるし、まともな意見言わないし、ベース安定してないし。
本当にごめんなさい。
また、宿題バンドにおいてなんかは、本当にまったく申し訳ない。
せっかく二人の歌声がきれいなのに、僕の調子外れな声がコーラスをだめにしてる。
本当にごめんなさい。
また、ろくにベースも弾けやしないのに、他の楽器に浮気してごめんなさい。
いっつもボックスにころがっててごめんなさい。
たまにジュージャン勝ってごめんなさい。
せっかく皆様に見ていただいているブログなのに、ろくなこと書けなくてごめんさい。




とまぁ、とりあえず適当に思いついた限りで謝ってみました。
周りを見てると、どうも最近謝罪がちょっとしたブームみたいですので。
周りと言ったって、そんなに広いもんじゃないのですが。
事ある毎に「ごめんね」が口をついて出てきてるような気がします。
そしてその度に、なにか息苦しさを覚えます。
今日は、昔誰かに話したかもしれない、そんな「ごめん」のお話です。

「すみません」を「ありがとう」という意味で使ってるあたりからして、「ごめん」を言う事は日本人全体の癖かもしれません。
それはそれで必ずしも嫌いな文化じゃありませんが。
でも僕は、特にバンド練中なんかでは意識的に「ごめん」を封じています。
勿論明らかに何か悪い事をすればちゃんと謝るのですが、例えばコーラスを外したりとかの失敗をした時にふと出て来る「ごめん」は一度喉元で抑えるのです。
ああ、だから「ごめん」を言う前に本当に言うべきか考える、と言うべきですね。
なんか傲慢な感じがするかもしれませんが、謝られるほうからしてみれば場合によってはそのほうが気が楽ではないでしょうか?
確かに、然るべき時にきちんと謝れないやつは論外です。
でも、少なくとも謝られる側の自分からしてみれば、安易な「ごめん」も無価値です。
いや、こっちも申し訳ない気持ちになるあたり、無価値よりも太刀が悪い。
まぁ、「すいませんすいませんああああああああああああごめんなさいごめんなさいごめんなさい」くらい胡散臭ければ誠意がこもってればそんな事も無いのですが…(笑)

思うに、そういう「ごめん」は自分への免罪符ではないでしょうか?
自分が改善しなきゃと思うけどできていない事について相手へ申し訳なく思い、その思いを吐き出す事によって身を軽くするための、薄っぺらい免罪符。
まぁ、感情を溜め込んで膿になるよかよっぽどマシかもしれませんが。
でも多くの場合、そもそも相手はそんなに心の狭いお方じゃありません。
大抵、そんなことで申し訳なく思う必要すら無いと思っているんじゃないでしょうか?
「謝る側」としての僕だと正直そう言い切る自信がありませんが、「謝られる側」としての僕からだとそう思う事がしょっちゅうあります。
弱音や愚痴なら幾らでも聞けるのですが、いわれ無き謝罪にはただとまどうばかりです。

今度なにか口をついて「ごめん」と言いそうになったら、一度謝られる人の立場で考えてみては如何でしょうか。
謝られて相手はどう思うのか。
それで本当に謝るべきなら謝るにしても、必ずしもそうでない事があるはずです。
そしてそんな時は何か別の言葉や行動で置き換えられるはずです。
そんな事を会話の間の1秒間くらいは考えてみてもいいのではないでしょうか?
…まぁ、これは自分に対する戒めでもあるのですが。

とは言ってもそんなに厳密なもんにするのもいかがなもんかと思いますがね。
僕達謝りたい日本人ですから。
とどのつまり謝りすぎは良くないよってだけのお話でした。


冒頭に適当に書いてみた僕の謝罪。
あれは、不必要で良くない謝罪の例としてあげてみようと書いてみました。
でも書いてるうちに、これって普通に謝んなきゃダメなのがあるような気が…。
う~ん、どうしようか。とりあえず謝っとこうか。
すみませんすみませんああああああああああごめんなさい。

スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/13-d9e6024c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2007.02.28 00:23 | 編集
>また、宿題バンドにおいてなんかは、本当にまったく申し訳ない。

私もごめんなさい。
そして「フィドルなしでやるからいいよ」とか言わないでくれてありがとうv

その分帰ったら頑張るね。
見捨てないで~(;Д;)ノ


ん。
自分は、結構他人にされてもさほど気にしない、でも同じことを自分がする時はやっぱり謝ってしまう。
ぼぶの言う通りなのかもしれないなぁと思って読みました。
バイト先でも色々気にし過ぎって言われたし。

あははは~(汗)
Posted by show-eh at 2007.02.28 21:27 | 編集
おー、そういや音取りどーよ?
てかいつ帰って来る?
まぁ、フィドルだし、なんとかなるだろ。
Posted by ぼぶ at 2007.02.28 22:36 | 編集
12日かな。多分そこらになると思います。
遅くても14日には札幌にいます。
お土産は何がいい?w

あ、ソロは8割くらいはできたと思う。
たったった、たっらったー、たららららららららららー、たららららららーらーらららー、らーらららららっりーらりらーりらー、らりー。
って感じの、たららららららららららーが苦労してます。
結局、らーらららららっりーらりらーりらーの最後のらーりらが良くわかんなかったです。
適当にやってみてます、たは。
Posted by show-eh at 2007.03.01 23:00 | 編集
初カキコ。テーマが自分に突きつけられた気がして。
ボブ子の意図とはかかわりない所でそう思っただけですが。

楽になりたいから謝るのはその通りだと思う。
自分の不甲斐無さを弁護するような効果をどこかで
期待してるような気もしている。
いつぞや言われたように、「ごめん」より「ありがとう」って言っとけ
ってのは凄く説得力があったんだわ個人的に。

謝り倒そうとする前に情けなさどうにかする努力を
してみようと思って日々過ごしているつもりなのだが。

簡単にうまくは運べないものであるな。
へっくし
Posted by パンプ瓜 at 2007.03.02 00:17 | 編集
>しょーえー
おみやげ?
うまけりゃなんでも。
あ、北海道の土産だけど、「じゃがぽっくり」ってのみつけたら買ってみ。
今まで喰ったポテトスナックの中でダントツだった。
売り切れ続出中。

ごめん。
その暗号、最後の方デコードできなかった。

>瓜
うぇるかむうぇるかむ祝・初カキコ!
1度書き込んだからには、2回目のカキコに躊躇しちゃいけねーぜ。

はてさて、ボブ子の意図とはなんやらや。
まぁいいや。

努力!
ぼぶ子にはまぶしすぎる単語だわ。
ろくな努力もできない俺がいえたもんじゃーねーけどさ、不器用な努力に溺れちゃ窒息しちゃうよ。
なんか、君の言葉を読んでるとそんな姿が目に浮かぶから困ったもんだ。

へっくし
Posted by ぼぶ at 2007.03.02 01:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。