--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.08

出会いは別れを代償に 第三章

今日の名言
「店員さんが『サイン下さい!』って言うから、
 『あ、サインくらい良いですよ~』ってサインしてあげたら、
 『ありがとうございました!』ってお礼言われた上、商品までもらえるんですよー。」
…by南
魔法のカードの不思議。
もし手に入れたのなら素敵な人生が待って居る事でしょう。
お気をつけくださいませ。



最近はマンドリンのノロケ話をお送りしてきたわけですが、
やっぱり今回もノロケ話です。
男って、馬鹿ね。

今回は新しい子について。

自分の楽器総じて異性であり、女の子であり、妻である。
そんなポリシー、と言うかルール、と言うか妄想があります。
なので、大体の楽器に名前がついています。
そして、名付け親になるのは自分であってはいけません。
女の子の名前は女の子に。
男って、馬鹿ね。

今回は誰につけてもらおうか、と考えた末、
「何か可愛い名前、適当に言ってみて。日本人で。」
と、みかんさんにメールしました。
期待通り、「え、何で?何の名前?」等と面倒な事を言わずに、
「うーん、おりえちゃんとか?」
とのお返事。
二重の意味で素敵です。

年上のお姉さんに「おりえちゃん」もどうかと思うので、
最終的には「織絵さん」となりました。
ちょっと感慨深い。
男って、馬鹿ね。


さて、織絵さんが届いてからは、色々と調べて調整してみます。
もちろん大した事は出来ませんが。
ここからちょっとディープな楽器トークになります。




※以後の展開を簡単にまとめると
「気になる点」→「またマスキングテープ」→「内部撮りました」→
「中身のお話」→「ビルモン家の侵入者」→「へぇ~」
そんな誰得トークです。


まず楽器を詳しくチェックしてみると、何点か気になるところが。

・フレットのサビ
あからさまなサビではありませんが、少しざらざら感。
触り心地はよくありません。

・指板の傷
何の傷か分りませんが、ネジ跡みたいな傷があります。
フレット交換でもしたんでしょうか?
御歳の割にはフレットは高く、削れてもいません。

・テールピースカバーの緩み
そもそもテールピースカバーは紛失している状態だったのですが、
偶然あったお店にあった違うブランドのカバーをつけてくれました。
なので、カバーだけ「ARIA」。
やっぱりちゃんとは調整されていません。
カバーの壁の角度って微妙で、
固すぎたら入らないし、緩いとカタカタ言います。

・ピックガードのネジ
ピックガードを止めるネジは二本ありますが、
そのうち一本の頭が吹っ飛んでます。
つまり外せないんだなぁ。
今の所外す必要もありませんが。

全体的に言って古さ相応なのでしょうか。
何か致命的な物も無く、目立つものでもありません。

ブリッジの位置を調整していたら弦も切れたので、
全て弦を取っ払って磨く事にしました。
ボディ、指板はもちろん、車庫で見つけたピカールでフレットのサビも。
CA392576.jpg
マスキングテープ作戦、再び。
フレットを磨きはしますが、削りはしません。
ええ、決して。

こんな状態にしたついでに、中を写真に撮って見ました。

CA392572.jpg
オーバルホールだからできる事ですね。
三本のトーンバーが見えます。
ブレイジングとか力木とも言いますね。
表板の裏側に貼り付けて、振動を板全体に伝えるとか云々。
音に関わる重要な部分でもあります。

かのビルモン様はお食事に行ってる間に、自宅にあったマンドリン2台を何者かに「火かき棒(つまり鉄の棒?)」でめちゃくちゃにされたらしいのですが、
そのうち一台は破片を接着剤でくっ付けて直せたそうです。
その直せたほうは、トーンバーは無事だったから。
つまり、トーンバーまでぶち壊されると再起不能ですが、
トーンバーが無事なら、超頑張って直せるかもねってことです。
トーンバー、大事。

写真では分りにくいのですが、写真上部にトーンバーが見えます。
つまり、「ネック側) サウンドホール→○E (お尻側」
この"E"を横に長くしたような形でついています。
分りにくくてすみません。

ネットで色々と見てる限り、このEの形のブレイジングは見た事がありません。
オーバルホールだからですかね。
ただの無知かもしれませんが。
普通のF型F孔は、「ハ」みたいな形(パラレル)か「X」みたいな形(エックス)です。
"E"が良いのか悪いのかは良く分りませんが、
コレがこの楽器の音に影響してると考えるとちょっと楽しいです。


本当にしょーもない話で長くなってしまいました。
ので、今回はこの辺で。


まだつづく。


スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/143-d231454f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。