--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.11

出会いは別れを代償に 第四章 ~出会いは楽器だけでは無く~

今日のドドド「カレーイカガデスカ」
WS183.jpg
ゲシュタルト崩壊。
しかしこの格好で客が寄ってくるんだろうか。
お節介ながら心配してしまいます。

酪農大の学校祭(白樺祭)へ行って来ました。
勿論、酪農大のブルーグラス研究所も出店・演奏しています。

当然のようにマンドリンを持って行ったら、マンドリンは他に二人。
当然のようにセッションでベースを弾かされました。
当然のようにマンドリンは使わず、
当然のように家へ置きに帰ったのです。
世知辛い世の中です。

今年はいつもより大幅に遅い10月の開催とあって、やたら寒い。
ステージに立ったら、春のデモ演みたいな感覚です。

あとはまぁ、ブル研ブログに誰か書くでしょ。
てか誰か書いてください。




また、例のマンドリン話です。
例のマンドリン話ってか、分析ってか、ただのノロケ話ってか。
いつまで続くんだろ。

今回はあのモデルのルーツ。
そして、そのルーツとなったタイプのマンドリンを使ってた人について。

その人の演奏が、クリスシーリにマンドリンをはじめさせるキッカケになった…
らしいです。


前にもチラッと書きましたが、
そして誰も覚えていないでしょうが、
そして興味も無いでしょうが、
そして僕はやさぐれすぎでしょうが、
そしてそろそろウザいでしょうが、

織絵さんは古い「Gibson A-5」のコピーのようです。

CA392569.jpgMF7492.jpg
左:カスガ(織絵さん)   右:ギブソン

色こそ違えど、ヘッドのクラウンインレイまでコピーしてあります。
このクラウンインレイに限った話ではありませんが、
何故そこまでコピーするのでしょうね?
マンドリンで言えば、ギブソンのフラワーポットインレイとか。
構造はともかく、インレイくらいもっとオリジナリティがあってもいいのに。
楽器のコピー物ってのは、そこらへんがちょっと不可解です。


さて、このタイプのA-5の使い手として有名なマンドリン弾きが居ます。
ジャズマンドリン弾きのJethro Burnsというお方です。
有名っつったって、僕は知らなかったのですが。

ジェスロ(面倒なのでカタカナ)は残念ながら、既にお星様になってます。
彼の楽器は博物館に納められて、
たまにグリスマンとかが弾いてるみたいですね。(TonePoemII)
赤い。

ジェスロはジャズマンドリン弾きであると同時に、
どうやらコメディアンでもあったようです。



相方とジャンバラヤを歌いながら、見事に笑いを取っています。
いかにもアメリカンな感じです。
何が面白いのか、じゃぱにーずにはよくわかりませんが、
確かに顔は面白い顔ですね。
でも、しれっと弾くソロに、何か魅力を感じてしまうのです。

もう少し色々と調べてみると、素晴らしいページを発見しました。
昔ジェスロからレッスンを受けていた生徒さんが、
その時録音したテープの中身をデータにして公開しているようなのです。

そのページがこちら
ジェスロのCDなんてやっぱり持ってないので、
あまり演奏を知ることはできなかったのですが、
ここならザッとCD4枚分のレッスン記録があります。
レッスンと言うよりかは、普通に曲を弾いているほうが多いですね。

マンドリン一本でも、人を十分惹きつける事ができるものだなぁ、と感じます。
むしろマンドリン一本だからか、確かな技術所以か、滲み出るノリ所以か、
とにかく、なんだか聴いてて気持ちが良いです。

ほとんど全てジャズですし、我々とやってることは全然違うのですが、
マンドリン弾きなら一度聴いてみる価値があると思います。
たまにブルーグラスナンバーも入ってますよ。
すっげーお洒落なRed Wingとか、Down Yonderとか、びるちーとか。
まぁ、ずっと聴いてると飽きるのですが、BGMには最適です。

なので、是非是非、マンドリン弾きはダウンロードしてみてください。
ちゃんとzipで落とせます。

しかし、ちゃんとしたCDも聴いてみたいもんです。
ジェスロに限らず、ジャズマンドリン自体に興味を覚えた22歳、秋。
誰かお持ちの方いらっしゃいましたら、どうかお貸しいただけないでしょうか…。




と、まぁ。
なまじ変な形のを手に入れると、
そんな所にもリンクし、興味が湧いてくるのです。
コレも別れを代償とした出会いの一つなのでしょう。
いいなぁ、ジャズマンドリン。

しかし、マンドリン弾き以外には(いや、マンドリン弾きにしたって)、
かなりしょーも無い記事が続きますね。
いいのだろうか。
まぁ、更新しないよかマシか。
そんないつもの不安と諦めを感じながら、


まだつづく。



スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/144-4ce97ae0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
これは・・・使えるッ!
Posted by ますだ弟 at 2009.10.12 16:22 | 編集
録音した生徒さん、ほんとにgjですよね。
Posted by ぼぶ at 2009.10.13 01:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。