--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.17

そんな声が欲しかった

今日のドドド「ヒロノ・マイベスト」
WS189.jpg
今までのヒロノの中で、一番お気になヒロノ(の写真)です。
そういう写真をアップする口実にもなる、今日のドドド。
誕生日飲み行けなくてごめん、ヒロノさん。
でもどうせ誕生日まだじゃないか、ヒロノさん。
ちなみに…あ、定演当日が誕生日じゃないですか、ヒロノさん。
皆様、ゆめゆめお忘れなく。


先日区分しなおした新カテゴリの一つが「れこめんど」です。
読んで約して字の如く、お気に入りの何かをオススメします。
カテゴリ分けした結果、3つしかありませんでした。
その中で一番古いのが去年の今時期、「Nightwish」のレコメンドです。
この記事をアップした後、エリーさんから「そのCDください。」と言われました。
レコメンドの甲斐があったというものです。

しかし、一年経った今でもまだCDをあげてません。
ごめん、エリー。
でもまだ忘れては居ないんだ。



さて。せっかくなのでレコメンド第四弾です。
オススメしたいようなCDやアーティストはそれなりに居ますし、
これからは頻度を増やして行きたいと思っております。

女性ヴォーカル大好きな僕ですが、
例によって今回は「中山うり」という女性シンガーソングライターをオススメ。
今まで紹介したようなテクノとかメタルとかではなく、アコースティック方面です。
ブルーグラッサーにもウケが良いのでは…と思います。

まぁ、百聞は一見になんやらや。先ずはご覧・お聴きあれ。
『マドロス横丁』

アコーディオン弾き語り、という、それだけでもう心惹かれる事をする女性です。
ベースとなっているのはジプシースウィングやタンゴといった類。
それを、若い女性がアコーディオンと日本語でゆっくりかき混ぜて、
独特のノスタルジックな味付けになったのがこの人の音楽。
「アコーディオンを抱えたシンデレラ」とか呼ばれてるらしいです。

ちなみに、実はアコーディオンだけでなく、トランペットも吹きます。
普門館で金賞取ってたり。
ついでに言うと美容師さんだったりもします。どんだけ多才だ。


中山うりの魅力は、歌詞・曲も勿論ですが、なんと言っても声にあります。
「ミラクルヴォイス」とか呼ばれてるらしいです。
さっきの「シンデレラ」と言い、そのありきたりさはどうなのよ、
と思わなくも無いけど、確かに魅力的なのです。

youtubeからだけだとその魅力は伝わりにくいかもしれませんが、
とんでもなく濃密、だけどきめ細やかで滑らかな声です。
ゆっくりと耳の中に流れ込み、いつの間にか脳みそに落ち着いてしまう、
優しげで憂いげで、説得力のある声。
いつぞやか、ある人物に聞かせたら、
ひたすら「良い声だ!」と絶賛し続けていました。

その声で奏でられるのが、ノスタルジックな旋律と綺麗な日本語です。
たとえその時代を知らずとも、いつかの懐かしい時代を感じさせてくれます。
だからか、おじさん世代の心もくすぐるみたいですね。
何かブルーグラストラッドにも通ずるものがあるのでは、と思います。

ああ、そういえば、通ずるものというわけでもないけど。
STOVEもたまにやってる、高田渡の「生活の柄」もカバーしてました。
歩き疲れては、草に埋もれて寝たのです~♪って、あの曲です。
いやぁ…いい曲だ。



レコメンド第四弾、シンガーソングライター「中山うり」…如何でしょうか?
他にもyoutubeを幾つか張っておくので、興味がおありでしたらご覧下さい。
更に興味がおありでしたら、CD焼きます。
アルバムは手持ち2枚です。
ちゃんと催促してくれれば、一年掛からないはずです。

私信:バルダサリのCD焼いてください、ヒロノさん。




『夏祭り鮮やかに』


『夕焼け空に摩天楼』



月とラクダの夢を見た』←アップ元が公式なためか、埋め込み不可でした。
お気に入りなのに。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/156-3a4a87f9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。