2010.02.07

先行研究サルベージ ~バンマスさん達篇~

今日の名言「そう、私は晴れ男なのである。
        なにせ名前は『陽司』、太陽を司る男なのだ。
…by2006-06-28「雨男」


こんにちは。今回は先行研究サルベージ企画、第二回目です。
と、その前に。
せっかくコメント欄にあげていただいたので、ますださんの記事をご紹介しておきます。
タイさんのニューイヤーレビューに関連してお書きになったものですね。
また、タイムリーな事にタイさんも音楽的な事について語っておられます。
あ。…決して洒落じゃないですよ。


さて、今回は残る二つをいっぺんにまとめてご紹介しようかと思います。
ツクイさんの"Tsukui Music World"のコラムと、
タカセさんの"ANYWAYで逢いましょう"から、勝手に掘り出してきました。
なんでいっぺんにやるかと言うと、相互連関があったりするというのと、
個別にやるのがめんd…いや、まとまってた方が読みやすいかなと。

まぁ、ともかくまとめてみたのがこちらです。


Tsukui Music World  http://www.yoji.halfmoon.jp/

2006年
速く弾く方法その1
速く弾く方法その2
速く弾く方法その3 (このシリーズは、特にGu・Mn弾き必見)
メトロノームの使い方
どれも同じ曲(…にブルーグラスが聴こえてしまう件について)

2007年
ヴァーチャル演奏の効用
コピーと自己表現 (※タカセさんの記事と関連)
お次は「ドライブ感」だそうです (※同上)
ドライブとグルーブ

2008年
弾くよりも見る




ANYWAYで逢いましょう http://blog.livedoor.jp/wingrass_b/

2007年

0914 コピーについて(※)
1002 ドライブ感について(※)
1229 バンドについて(バンドをうまく続けるコツ)

2009年
1013 
ブル研の中心で音楽を叫んで下さい。


まとまってた方が読みやすいかなとも思いますが、
まとまってると読む気が失せるって危険性も大幅アップですね…。
とりわけ脂っこい記事を掘り出していますから。
集めてみるとヤンマーと大将をはしごするレベルです。

とりあえず、以下でちょっとガイドします。




まずツクイさんのとこから。
立派なホームページなのですが、最早コラム以外更新されていません。
ラストオーダーの紹介が初期メンツのままです。

コラムは、ウィットに富んだMCみたいな印象です。
理知的で、「ツクイさんっぽさ」があります。

掘り出した記事で、まず注目すべきは「速く弾く方法」シリーズです。
「メトロノームの使い方」とあわせて、練習の参考になるかと。
これまた目新しい方法ではなくとも、説得力はあると思います。
「左手トリル」練習は、やってみたことがありますが、なかなかキツイです。
続ければかなりの効果があるのではないでしょうか。
僕は続けられませんでしたが。

2007年のあたりは、タカセさんの記事に関連して書いていらっしゃるようです。
コピーの話はまだしもドライブ感の議論なんていう、どうがんばっても一つの結論に落ち着けなさそうな話は、やっぱり簡単に理解できるもんじゃありません。
多分一番脂っこい話なので、読むだけ読んで良くわからないまま、が関の山です。
少なくとも僕はそんな感じです。
ドライブ感についてあんまり考えてないからでしょうか。
まぁ、ツクイさん本人も、
実にたくさんのことを考えてもうまく『ドライブ感』を捉えることができずにもがいているうちに、ある時考えることを止めました。結果的にはそれがよかったように思います。

とおっしゃっていますし。

でも、ブルーグラスにおいて避けては通れないのが「ドライブ感」の追求…。
考える契機として一読してみるのが良いのではないかと思います。



次にタカセさんのブログです。一番最後にサルベージしました。
なかなかマメに更新されているようで、一ヶ月連続更新してる月もありました。
今でこそ感服いたしますが、サルベージしている時の僕は疲れ切っており、
ライブドアブログのチェックのしにくさも相まって、相当めんどk
…いや、頻繁に更新するというのはご立派な事でございます。
写真や動画の紹介などで充実した記事が多いので、
今後とも有り難くご拝読させていただく所存で御座います。

コピーやドライブ感に関するところは、先述したとおりです。
面白いなと思うのは、バンドを上手く続けるにはという観点の記事。
確かに、部員内の話題で「バンド」の話というのは良くありますが、
「バンド運営の仕方」なんて教わったりする機会はありません。
バンドが新陳代謝するこの時期、参考になるのではないでしょうか。

ブル研の中心で…は、アルコールパワーもあってアツいです。
すごく簡単に言ってしまえば「最近の若いもんは」的な話ですね。
もっと音楽について語ってくれ!という本音トークです。
僕自身きっとその「最近の若いもん」であり、文句を言われる立場にあるのでしょうが、
共感する部分はあります。
恐らくブル研の雰囲気は、諸先輩方が現役だった頃とは変質しているのでしょう。
これからも変わって行くのではないかと思います。
しかし、僕が一番納得できるのはコメント欄の"だめか(亀田)"さんです。
現役・OB関わらず、その「一握り」の人達に支えてもらっているのは確かです。
…まぁ、記事紹介なのでこの辺にしておきます。


ところで、タカセさんのブログを掘り起こすと、色々と珍しい物が出てきました。
ついでにご紹介します。

CD発売のお知らせ&動画再公開
ビルモン&…(当時、「消される前に!」と即座に保存したけど、まだあった。)
ソメタヤ劇場の動画他、ブリーフケース
定演の思い出(showboysの動画)

youtubeがまだあまり流行ってなかったころに、
普通の動画ファイルとしてアップした動画がたくさんあります。
ソメタヤ劇場の映像は、ホットライスの演奏はyoutubeにアップされているものの、
youtubeにはアップされていないソメタヤさん一人の演奏が見れたりします。
「6年目の浮気」なんていう、レアな映像も納められていますね。
showboysは、タカセさんの現役時代のバンドのようです。
最近まで何故かshowboysのサイン色紙が部室に飾られていましたが、
噂によると叩き割られた模様です。

ついでに、ツクイさんのとこからも

ローハイド (なつかしの土屋さんによる演奏音源の紹介)

まぁ、これは普通にHPの「SOUND」から聴けるのですが。




…ふぅ。
終わった。

とりあず先行研究サルベージの身近なOB篇はこんなもんでしょうか。
若干ハードでした。
まぁ、これから春休みですし、肉体・精神共に元気が有り余ってしょうがないでしょう。
そんな時に読んで、そしてじっくり考えて、じっくり練習してみると、
有意義な春休みになる…かもしれません。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/169-fa49d343
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
もう埋もれていくしか無い運命の記事にスポットライトを当ててくれるとはありがたい。若い人たちの参考になるかどうかわからんが、考えるきっかけにでもなってくれたら、おじさん嬉しいです。最近は音楽的に濃い記事を書いていませんでしたが、たまには書こうかなあ。
Posted by 高瀬 at 2010.02.10 02:05 | 編集
こちらこそ、お世話になっております。
期待していますので、是非。
Posted by ぼぶ at 2010.02.10 22:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する