--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.24

4弦のススメ

今日のガラナ「ビックハウスのきまぐれ」
PAP_2809.jpg
近所のマックスバリュやセブンは、500ml缶のキリンガラナを常備しています。
反面、近所のビックハウスはいつ行ってもコアップしかないのですが、
最近2Lのキリンガラナが積まれるようになりました。
常温放置コーナーなので、続くかどうかはわかりませんが大変結構な事です。
しかし、やはり500mlの缶で飲むガラナが一番おいしいものだとも思うのです。



数日前、23歳になりました。
あからさまにお祝いしてくださった方、密かに心の中でお祝いしてくださった方、
忘れていた方、興味の無い方、むしろぼぶが憎い方、
とりあえず全員まとめてありがとう御座います。
プレゼントは誕生日の前後半年間に限り受け取らせていただきます。

さて、若干ニート気味な23歳は最近新しいオモチャに傾倒しております。
それがこちら。
CA392812.jpg
ご覧の通り、バンジョーです。
「おめー、前々から持っとるやろー」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、
その通り。1年生の冬にヤフオクで6000円くらいで落とした安バンジョーです。
この子(通称ハニー)は5弦ペグのチューニングが至難の技であること、
また、バンジョー独特の奏法が気軽にできるものじゃなかったことにより、
たまに遊ばれる程度の存在となっていました。

ところで、最近ジャグバンドをやりたくてしょうがない僕は、
4弦バンジョーを弾きたい衝動に駆られるようになってきました。
幸いにしてバンジョーはある訳ですから、5弦をテープで封印して弾いてみました。
そして4弦の、想像以上の手軽さに気付いてしまったのです。

そんなわけで今日は、
「実はベースの次くらいにとっつき易いのかもしれない4弦バンジョー」
をレコメンドです。


◆弾き語りたい人こそバンジョーを◆

4弦バンジョーと一口に言っても、テナーとプレクトラムの二種類があるようで、
そのうち「5弦なんて邪魔だからとっちまおうぜ!」
的発想なバンジョーはプレクトラムの方みたいです。
チューニングも何種類かあるようですが、ブルーグラス5弦バンジョーの5弦抜き、
つまりD-G-B-DのオープンGの前提で話を進めます。
馴染み深いので、僕はとりあえずこれで弾いています。

さて、なんで5弦を取るかと言えば、ストロークするのに邪魔だから。
つまり4弦にする事によりフラットピックでギターのようにジャカジャカ弾けます。
3フィンガーでロールしながら弾き語るのは至難の技ですが、
フラットピックでジャカジャカ弾きながらだと随分ハードルが低くなります。


◆4本弦が絶妙◆

ブルーグラスバンジョーのチューニングはオープンでG。
つまりそれを踏襲するならば、指一本だけ使ってセーハ(指カポ)するだけで
G~Dくらいのコードは簡単に鳴らせます。
それにブルーグラスでカットする時のフォームを2種類くらい加えれば、
3コードくらいならどんなキーでも簡単に出来てしまいます。
ギターだと開放弦も多用するのでカポを使ってキーを変える必要がありますが、
バンジョーでカットする時のフォーム(GフォームとDフォーム)は指一本につき一弦。
つまり、基本的に開放弦を使わずとも良いので、カポ要らず。
ミュートだって、マンドリンのカットのように、ちょっと浮かすだけ。
これ、すごく便利です。びば4弦。

一応マンドリンだって4弦みたいなもんですが、
初心者にとってマンドリンのフォームは大変です。
指は開かないし、小指つりそうになるし。
バンジョーのフォームが、初心者がすぐ出来るほど簡単という訳ではありませんが、
そう無理な形はしていませんし、2つの基本フォームはとても良く似ています。
なにより、バンジョーはマンドリンに比べて弦が押さえやすく、
それなのに圧倒的に音がデカイ。
そう、大きい音が鳴らし易いというのも大きな特徴です。


◆でかくてうっさいウクレレみたいなもん◆

つまり、簡単に言ってしまえば↑と言えるかもしれません。
ウクレレは弾いたこと無いけど。
・弦が4本でコードを鳴らすのが簡単で、
・弦が押さえ易くて、
・音が大きくて、
・カポ要らず。
そういう特徴を考えるとウクレレ並みにとっつき易いコード楽器だと思いませんか?
これが4弦の本格的なソロバンジョーとかなるとまたものすごい勢いのトレモロとか、
コードでフレーズを描いたりとか、ものすごい勢いのフィンガリングとか、
3フィンガーに引けをとらない独特の奏法が出てきますが、
簡単な伴奏程度の事なら随分簡単に出来てしまうのでは無いかと思います。

当然、こういう弾き方はブルーグラスには馴染みません。
しかし、ブルーグラスより緩い感じで何かを歌ってみたい方には、
場合によってはギターよりもオススメできる選択肢だと思います。
奥の深さはともかく、とっつき易さはかなりのものだと思います。

まぁ、そもそもバンジョーの存在を知り、
入手するまでがかなりのハードルなのでしょうけど。





僕はそんなに弾き語りたい訳ではないのですが、その簡単な割りにいい感じに
鳴ってしまう楽しさに没頭して弾き込んでいます。
そもそもジャグバンドにハマってこんな事を試し始めたので、
歌とかカズーとか洗濯板とか、色々入れてやってみたくもあります。

そんなわけでネグレクトの憂き目見ていたハニーですが、最近株が急上昇です。
それに伴いちょっといじることに。

まず、テープで封印していた5弦を、封印ではなくて除去してしまいます。
5弦のペグは完全に飾りとなりました。

次に、リゾネータ(裏の木のフタ)があると重くてうるさいので、
外してオープンバックにしました。
軽いって本当にすばらしい。

そして、たるんでいた太鼓の皮(ヘッド)をペンチで締めてみました。
ハニーの音には絶望していたのですが、ヘッドをしめただけで随分良くなりました。
まぁ、相変わらず安っぽい音ではありますが、
オープンバックにしたのと相まっていい感じにチープです。

そして最後に、先代のマンドリン(マリンちゃん)につけていた
唐草模様の手ぬぐいで作ったストラップを流用して取り付けて、
写真のような姿になりました。
非常にかわいい子に進化した、遅咲きの逸材です。
しばらく没頭していようかと思います。



そのうち、その「ジャグバンド」のレコメンドも書こうかと思います。
その前に明和電機についても書きたいのだけど。


スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/172-b3a9bba1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
追いコンで何かやるか!
Posted by ますだ弟 at 2010.02.24 18:13 | 編集
ええ、やりましょう。
…何を?
まぁいいや、やりましょう。
Posted by ぼぶ at 2010.02.25 00:41 | 編集
まんざで,バンジョーとギターしかソロがない感じの曲で,ざっくり適当にやるとかどうよ.
Fat Joyhumの1曲目とか雰囲気合いそうじゃない?
Posted by ますだ弟 at 2010.02.25 00:51 | 編集
おぉ、バンジョーにソロがある前提ですか…(苦笑)

あー、fat joyhumいいですね。
あのアルバムのlittle fats and(以下略 こそ今ハマっている人達の中心なのです。
しかし、アレをまんざでこれから出来るでしょうか?
ざっくり適当じゃ済まない悪寒がします。
Posted by ぼぶ at 2010.02.25 22:10 | 編集
やっぱ無理かなあ。
練習も頑張って2回くらいしか出来ないしな・・・。
Posted by ますだ弟 at 2010.02.26 12:04 | 編集
元々新曲も入れられない状況でしたからね~。
Posted by ぼぶ at 2010.02.26 16:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。