--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.18

☆山ごっこ

今日のドドド「マヨラー」
WS222.jpg
マヨラーなのはむしろ男達の方ですが。
どうせならハートでも書いて欲しかったな。



2月のブルーグラスレスな生活から一転、
3月はブルーグラスが充満した生活です。
追いコンに関するバンド練、そして追いコン本番、ブルーグラスの日、
そして何故か営業。

北大教授の送別会での余興と言う事でクルトンジャックに話が来たようなのですが、
☆山が都合により行けないため、僕が代理でベースにお呼ばれしました。
down the line弾くから練習しとけよ先輩、とも言われました。
まじかよ。

今やブル研ベース界の筆頭となりつつある☆山の穴を僕に埋めろと言われ、先輩としてのプライドと、それに反して理想についていかないであろうベース演奏力の衰えのジレンマに頭を抱える…
、などと言う事はつゆも無く、気楽に参加させていただきました。

成長とか方向性とか面倒な事を考えずに、ある程度熟成したバンドの中へ
一時的にでも入って営業できるのは、中々おいしい話ではありませんか。
北大ブル研ベース界筆頭の穴などそもそも埋められるはずも無いので、
考える必要もありません。

しかし、問題も有りました。

・ブルーグラスベースが久し振りすぎる点
 恐らく去年の学祭以来。バンドとしては一昨年の定演以来…。
 一応マンザでもベースは弾いていましたが、アレは別物です。
 指は動くけども、耐久力が甚だ不安。

・down the lineが地味に厄介な点
 「あんなの所詮、B♭のドゥーリーじゃけぇwww」と侮っていたのですが、
 地味にコード進行がめんどくさい。Gm使いすぎじゃけぇ。
 ついでにコーラスも厄介。

まぁ、その辺は誤魔化し誤魔化し。


あのバンドは、眼鏡をかけていないと浮く、と言う非常に特殊なバンドです。
当日は、とりあえず☆山を意識して赤い眼鏡をかけ、
ホテルでの送別会という事で赤いネクタイもしていきました。

鏡を見たら、いつもの怪しいぼぶさんでした。


直前に一応バンド練。
既に指の皮と骨が痛くてくたばりそうでした。

いつもの☆山の視点
CA392878.jpg


送別会場は、どこかしら就活臭のする多目的宴会場でした。
しかし周りは皆、リクルートスーツどころのフォーマルさではありません。
普通のブル研衣装(適当なシャツとジーンズ)な一同は、その場違いさに気後れ。
それでもこれが牧歌的で陽気で…(中略)…なブルーグラスの正装なのです!
と、理論武装。

営業本番、演奏自体はつつがなく。
ミスもあったろうけど、気付かれてはおらず。
指は痛かったけど、誤魔化しつつ。

最後にカントリーロードをリクエストされて、キタムラが一人で歌っていました。
やっぱり知ってる曲の破壊力は違いますね。
もうキタムラがヒーローでした。
お陰で、お客様にも楽しんでいただけたようです。


本番後は夕飯でお好み焼き。
ヒーローは焼いた海老が嫌いです。
お好み焼きの中からほじくりだし、隣のカドワキさんに押し付けていました。


今日の結論
・☆山偉大。
・down the lineはドゥーリーとは違う。
・知ってる曲は強い。パンダの会ってやっぱりあったらいいなぁ。
・やはりベースもバンドも楽しいもの。
・ヒーローにも弱点はつきもの。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/175-12905bea
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。