--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.22

打ち上げで出る浅漬けがやたら美味

今日の名言「今日の内装は虹をイメージして作ったのですが…(中略
        まだ進路が決まっていない先輩もいて不安かもしれないけど、
        でも、この虹の色のように…
        未来への道は沢山あるのです。」…byかっきー(うろ覚え)


酪農大ブル研の追いコンへ行って来ました。
CA392889.jpg

毎年北大の追いコンとバッティングしていたので、僕も始めての参加です。
今年は
獣医6年生のFd弾きの方、僕と同期のFd弾き、
3年目4年生のBj弾き、そして短大2年のBj弾き
の4名がご卒業されました。

酪農大のコンサート関係はなるべく行くようにしているのですが、
ここ数年で一番良いコンサートだったのではないでしょうか。色んな意味で。
去年までの追いコンは知りませんが、正直侮っていました。


音楽のレベルで言えば、上級生が主体(と言いつつ追いコン生がいないバンドもありましたが)になっているので高くもなるだろうと思いますが、
それにしても予想を上回った良さでした。

北大の追いコンとは違いコンサートとして真面目に練習する事や、
選曲や構成も聴きやすかった事(酪農大がsimple lifeをやる新鮮さ)、
PA関係も聞きやすかったことなどがありますが、
なにより「最後に好きな事をやって一花咲かせる」感がありました。
気合の入った集大成だけに、聴きごたえもあったのだと思います。

気合が入っていることは、音楽だけではなく随所に見受けられました。
虹と桜をモチーフにした内装(てか今年の北大は流石にてぬk)や、
追いコン生に渡す手作りのプレゼント、
それぞれの追いコン生をイメージして特注した花束、
そしてそれぞれが語る言葉や思い出。
見ていてなかなか感動的なものです。


今回敢えてMVPとして推したいのが、卒業生じゃないけど3年Gu弾きのかっきーです。
北大ブル研にも隠れファンの多い人ですね。

冒頭の名言は、最後のバンドのMCでしゃべったことだったと思います。
最後に「(笑)」をつけてみると、不思議な事にすごくイヤミになりますが、
実際は声を震わせながらとても気持ちを込めて語っておりました。

彼女、後半は3バンド、15曲くらいぶっ通しでステージに立っていたのですが、
歌もギターも良いなぁと思えたし、
ステージの進行やMCも追いコンにふさわしい美しい話題(!?)できっちり進め、
洒落っ気はあまりないけれど非常に好感が持てました。
元々しっかりした印象はあったけど、更にかっきー株が急上昇しました。



総じて、あちらの追いコンは或る意味「非常に酪農大」らしい
家族的な暖かさを感じられる、非常に良い追いコンでした。

でもまぁ。
酪農大とは対照的な、どこか適当さの垣間見える北大追いコンが好きです。
少なくとも自分が追い出される時の事を考えてみると、
ゆるーく出て行きたい気がします。



追いコン後は、恒例の打ち上げでむさぼり食った後、
最早恒例となりつつある「酪農大のコンサート後のヤンマー」
へ行って来ました。
後輩をわざわざ野幌で途中下車させてまで。
CA392891.jpg
隣に市川もいます。

深夜の「固め濃いめ多め」は、どこまでも不健康で、どこまでも美味。
ああ、やばい、写真みてたらお腹減って来た…。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/176-a54cfa6b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。