--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.14

Too many Bobs ~後編~

今日のドドド「ド wing」
WS188.jpg
お気に入りドドド。
怒られないかな。
怒られたら消します。

今年も八雲、晴れるといいですね。



~前回のあらすじ~
MTR買ったぜ!
一人ブルーリッジできるぜ!

~今回のあらすじ~
ムズイぜ!
妥協するぜ!
\(^o^)/


と、言う訳で。
兎にも角にも作った一人ブルーリッジがこちら。
字幕で解説、及び言い訳その他ぼやき入り。



本稿においては、これ以降を反省室とします。



汚いものには蓋をする。
醜い反省は「続きを読む」。
今回の雑感・反省・その他色々です。


◆そういえばブルーグラスは一人でやる音楽ではなかった気がする◆

バンドも無くなり晴れてバンドニートとなりましたわたくし。
お友達レスな孤独死時代のブルーグラスは多重録音トラッドが台頭するに違いない!
と、後からとってつけた先見の明に目覚めた事にして始めた(事にした)この企画。
考えてみれば、アコースティック、かつ言葉の要らない楽器で語り合い、
ジャムで人と人との繋がりを咲かせて楽しもうじゃないかぁ!
というブルーグラスの根本理念に喧嘩を売るような先見の明です。

ブルーグラスのリズムは複数人が某かの意識を同調させ、
何故か発生する良くわからない現象みたいです。
経験値豊かな方々が良くわからないのだから、僕にもよくわかりません。

今回は複数人が複数人のリズムと同時に同期できるわけではありません。
ぼぶ(バンジョー)のリズムにぼぶ(ベース)を重ね、そしてぼぶ(マンドリン)を…
と、ビルを建てていくように積み重ねて行く訳です。


◆そういえば肝心のマイクがカラオケ用一本だった気がする◆

PA機材や録音機材やといった物について、大して知っている訳ではありません。
なので、カラオケ用マイクでどうにでもなるだろ~、と呑気に構えていたのですが、
いざやってみるとノイズがすごいです。
音の質感も、とても残念な感じ。
初めてマイクの大事さが分った気がします。
まぁ、良いマイクと比べてみた訳ではないのですが、また一つ物欲が…。


◆そういえばロール練はトリップできるものだった気がする◆

5つの楽器の中で、一番のネックはバンジョーです。
なぜなら練習していないから。
しかし、この一人ブルーリッジの為に4弦だったのを5弦に戻し練習です。
しょうがないからちゃんとロール練もしましたが、

…た、楽しい、、だと?

いや、正確に言うとロール練は楽しいものではなくトリップするものです。
そして楽しいのは、ロール練後の右手の滑らかさです。
なんだかすごくありがたみを実感し、僕にバンジョーブームが来たのです。

そして結局、バンジョーのバッキングでかなり助けられました。
雰囲気的にも、音の隙間を埋めるのにも。
一番経験の薄いのに…ぼぶ(ベース)やぼぶ(マンド)の立場がありません。


◆そういえば全然歌ってこなかった気がする◆

一人ブルーリッジをやるからには歌わなきゃいけません。
楽器の中ではバンジョーがネックでしたが、全体の中のネックは歌です。
如何せん、この4年間僕はほぼコーラス要因で、
真面目にメインをとったことは無いと言って良いです。
だから歌の練習もコーラス以外したことがありません。

実際、自分の歌を録ってみて、非常に凹みました。
せめて僕が女の子でかわいい声が出せるのならば、
色々許され、色々楽なのですが。
この声に生まれた以上、この声と付き合っていかにゃいかんのです。

しかし、今回にしろこの4年にしろ、せめてもうちょっと練習すべきだったなと。


◆そういえばアドリブしかできない気がする◆

僕がソロを弾くとき、大体はアドリブです。
二度と同じソロが弾けない事が多数です。
しかし、良い感じなフレーズのアドリブを良い感じにキメられる確立は、
レア中のレアです。

今回、バンジョー・フィドルソロは大体固定、マンドリン・ギターは大体適当です。
マンドリンとギターは、良いフレーズが浮かんでもすぐ忘れて弾けなくなります。
困ったものです。
もうちょっとフレーズを大事にする習慣をつければ、
いつもの主張や面白みの無いアドリブから脱却できるかもしれません。


◆そういえばあきらめた気がする◆

今回、正直言って満足できる出来じゃあありません。
しかし満足できるものを作ろうとすれば、全部取り直し&練習しなおしです。

つまり、本当はもっと上手く出来るけどこれくらいで勘弁しておいてやるよ。
(意訳:直すトコがありすぎて手におえないから妥協させてください。)


◆そういえばふつーな気がする◆

過去にも一人ブルーリッジをやられた方はいらっしゃるそうです。
詳しくはしりませんが。
それなら、普通にブルーリッジをやるよりオリジナルで色々と手を加え、
もっと面白いものにすればよかったなぁ、と思います。
まぁ、MTRの練習ってことで、いいか。




と、まぁ。他にも反省点については枚挙に暇がありません。
しかし、機材について、曲の組み立てについて、ノリやタイミングについてなど、
多々お勉強になったと思います。
そんな事お勉強してる場合と違うような気がしますが、ちょっとした充実感です。

しかし、これからこのMTRを何に使えばいいのでしょう。
結局一人でブルーリッジをやっても、それ自体に音楽的な輝きはありません。
MTRで録音してアップされた動画だって結構ありますし。

まぁ、とりあえずせっかく面白いおもちゃを手にしたのです。
よく「自分が5人くらいいればなぁ…」と考えたりもしてたのですが、
コレを使えば5人10人それ以上!
バンドニートの孤独死時代、暫く一人遊びでもしてようと思います。


スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/181-b2324e7e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
多重録音なんて・・・
自分の伴奏きいて「何このリズム,合わせづらっ!」と思うばかりじゃないか.

ソロ回すばかりじゃなくて,楽器が絡むようなインストだったらやりがいあると思うよ.そんなんブルーグラスには稀だけど(笑).

昔本当に暇つぶしでSt. Anne's Reel一人マンドリンハモリをやったな.そういえば.


ギターはストロークの音をコントロールできるようになってほしいね.力任せに弾いて音が暴れてる感じがする.
ジャン!って音が1つの塊になるようなイメージで.

Posted by ますだ弟 at 2010.04.15 18:05 | 編集
すごい面白かったです!
エンドロールwww
Posted by 兼。 at 2010.04.15 23:15 | 編集
>ますださん
ええ、まったくその通りです。
自分のリズムだから上手い具合に合うなんて妄想、微塵も通用しませんでした。

そうですね、実際そういうアレンジをしてやろうかとも思ったのですが、とりあえずさっさと何か作ってみたくてw

アドバイスありがたいです。
リズムギターというものに関しては、僕にとってまだまだ未知の世界です。
オダニを研究しながら色々考えて見ます。

>兼。
ありがとう。
そう言って、そうコメントに残していただけると非常に励みになりますし、後悔を恐れずアップして存分に後悔する事もできます。
Posted by ぼぶ at 2010.04.17 02:10 | 編集
ブル研OBです。いつも楽しく拝見してます。
その才能に脱帽してコメントしました。
ぜひ一人ブルーリッジ選手権を開催して、Tクイさんと戦ってください。
Posted by だめか at 2010.04.18 00:39 | 編集
>だめかさん
なんと珍しいお方が!
ご覧頂きまして、そしてコメントいただきまして大変うれしゅうございます。
選手権開催は、このままだとTクイさんとタイマンでおっかないので、ひとりブルーリッジ仲間が増えたら挑もうと。
Posted by ぼぶ at 2010.04.18 20:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。