--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.10

晩婚の正第一婦人

今日のドドド「オーラレスな集団」
WS230.jpg

新入生が来るこの時期は兎角、大勢でご飯を食べに行く機会が多くなります。
外食が多いとお財布がイタいのなんの。
でもまぁ、外食はある意味「投資」みたいなもんだと思います。
別におごるとかじゃなくても。

この日は1人の新入生に対して10人で立ち向かい、総勢11人でお食事。
RSFの一番偉い人と二番目に偉い人に挟まれてる、ドラマーな青年です。
きっと将来、ハチヤマを突き上げる良きBj弾きになってくれることでしょう。



浮気者と罵られる事の多い僕ですが、
僕なんかよりよっぽど浮気な存在がいる事をご存知でしょうか?
それは部にあるウッドベース達です。
彼ら(?)、又は彼女ら(?)は日毎時間毎にパートナーを変えてしまう浮気っぷり。
ウッドベースの共同使用こそ究極の一夫多妻・一妻多夫なのです。

ウッドベース達は数々の人間によって弄ばれ、共にステージで輝く事もありますが、
ブル研という過酷な環境の中、数々の事故・DVで傷を負うこともあります。
そしていつかブル研は新しいウッドベースを迎え入れ、
傷を負った古いウッドベースは倉庫に追いやられ、忘れ去られるのです。
しかし、倉庫にいられるだけまだマシかもしれません。
いつしか倉庫にも居られなくなった時、
それは楽器としてではなく「邪魔な荷物」として扱われます。
そうなってしまったら、後はキャンプファイアーにくべられてしまうだけ。
もしも、そんな可哀想な楽器が目の前に居たら、放っておけるでしょうか…?




CA393088.jpg
放っておけませんでしたー。

部で新しくウッドベースを購入したので一台処分する事になり、
捨てるくらいなら!と、それを引き取ってしまいました。
別に慈悲の心でなく、何かこう、「これはチャンスだ!」とフィーバーしてしまって。
しかし自宅に来るとすごい存在感ですよ、ウッベ。

引き取ったのは、僕が入部してからは全く使われていなかった、チャキのF-20。
元々が入門ランクの安物です。(とは言っても定価で20万弱はしますが。)
弦は一本無いし、指板は2ポジの部分だけ削れまくってるし、
ペグは一つ壊れてるし、駒もずれてるし、スクロールは吹っ飛んでるし。
現状では使い物になりません。あちこちについた傷も酷いです。
CA393090.jpgCA393091.jpg

しかし一方で、良くわからない人達のサインがいっぱい入ってたりもします。
CA393093.jpg
良く見ると知らない人達に混じって、kentaro hiratsukaとか書いてあったり。
また、デルバンドも93年来日時にサインしたらしく、
マイク、ロブ、ロニーのサインは確認できました。
ロニーのサインはちょっと嬉しい。デルのサインは確認できず。

まぁ、サインはあってもジャンクはジャンクです。
売ったって二束三文にもなるかどうか。
だからこそ!僕みたいな図画工作が苦手でがさつで不器用な人間が、
本来繊細であり下手に弄れない楽器をあれこれ触るための良い実験台なのです!
元々ゴミの予定なので、何をしても許されます。
使えるようになったらもうけもん。
もしも失敗して再起不能になったら、札フェスに持って行きます。
キャンプファイアーの燃料として。


あ、ちなみに只今名前募集中。京都っぽい名前で。




とりあえず蘇生計画を立てねば。状況を整理します。
ここから先はちょっとマニアック。


前述したように現状は故障、というか不具合だらけです。

◆G弦(1弦)の欠損◆
確か他のウッベの弦が切れたときに、もっていかれたのだと記憶しています。
ウッドベースの弦はですね、それはもう高いのです。
ワンセット買うと、当たり前のように諭吉二人は戦死します。
まぁ、G弦なら一番細いし、バラで買えば良いか。
もしくは、セットで3000円という破格のセット弦を見つけたので、それにするか。
G弦だけ新しくすると、音が浮くでしょうからねぇ…。
3000円のクオリティは怪しいところですが、
そもそもクオリティを気にするベースではありません。

◆ペグの部品欠損◆
写真にもあったように、4弦のペグのツマミが欠損しています。
しかし、コレは何か金属片を差し込めばどうにでもなる感じです。
試しに金属ピックを差し込んだらなんとか回せましたし。

◆スクロールが片方吹っ飛んでいる◆
写真参考。でも機能には影響無し。
彫刻の技術があったら、ヘッドをまるまる加工してやりたいのですがねぇ。

◆指板の削れ◆
これが一番面倒です。
放置すると良く使う2ポジがビビります。
数え切れないほどAを弾くとこうなります。
対処としては指板を削ることになると思いますが、まだそれは楽しそう。
でも削った後、塗装をし直すのはどうすりゃいいのだか。
削るのも塗装も、まったくスキルが無い状況なのです。
まぁ、塗装は適当に塗るか、最悪しなくてもいいかと思います。

そして何よりも面倒なのが、魂柱が外れた時の事です。
魂柱とは楽器の中で駒の下辺りに立っている柱なのですが、
弦の張力で固定されているような状態なのです。
そのため、弦を全て外して指板を削っていると、
その衝撃で魂柱が外れてしまいかねません。
どうやら魂柱を立てるという作業は、デリケートさはこの際どうでも良いとしても、
非常に難易度の高い作業であるようです。
僕に魂柱立てをわざわざ買うお金は無いし、どうしたものか。

まぁ、安物合板の楽器は丈夫で魂柱も突っ張ってて倒れにくいと、
全く根拠も無く信じてやることにします。
外れたら、その時考えます。

◆サイン、邪魔◆
塗装どーすんだよー、とかぼやいておきながら、こんなキワモノにも憧れます。
http://beatcruise.web.fc2.com/peach/index.html#ch
ぼぶですから。
マグネのピックアップで拾う前提だから、サウンドホールも塞いでいるみたいです。
つまり「デカイエレキアップライト」化してるわけですね。
しかし塗装するとサインは塗りつぶしてしまう訳で、ちょっと勿体無い。
勿体無いけど、いざとなったら躊躇は無いと思います。

アートセンスもスキルもツールも無しに生兵法の塗装をすると非常に残念な結果になりそうですから、今の所は自重しますが。

◆ついでにエンドピンのゴムも◆
変えたいなぁ。コレは安く買えるはず。
もしくは適当にゴムに穴あけて突っ込めばなんとかなるかな。



…とまぁ、そんなとこです。
やはりメインは指板ですかね。
とりあえず後日、ホーマックで色々考えます。

スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/188-7f39717e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
すでに魂柱はずれている代物のはず。
聞いた話では、その楽器の背にサインがいっぱいあるのは、かつてそれがレギュラーで使われていたベースだから、とのこと。いつの時代だろうね。
というわけで、魂柱もなおして、裏板のサインも残せる画期的な提案をひとつ。

裏板をべりっとはがしてサインと共に飾る。代わりの裏板はつくる。
というのはどうだろう?

名前については、チャキだしチャッキーというのは、、、ベタか。。。
Posted by father at 2010.05.11 11:49 | 編集
魂柱の細かい適正位置は分りませんが、そう不都合もないような感じですよ。
弦と駒を外しても全然ずれません。
まぁ、それも逆にダメなんですが。

裏板剥がすって魅力的ですね。
裏板作るってのも魅力的ですね。
資金とノウハウさえあればほんとにやってしまいたいです。

チャッキーは…安直すぎませんか(苦笑)
Posted by ぼぶ at 2010.05.11 18:39 | 編集
確か、俺が一年目の時にOBのベース弾き(岸本さんだったかなぁ)から部に譲り受けた楽器だったと思う。サインはそのOBの方が集めたのではなかったかな。部に来たときは既に書いてあったので。うろ覚えだが、部で買ったものではないことは確かです。
Posted by 高瀬 at 2010.05.12 10:22 | 編集
なるほど…それは初耳でした。
譲り受けた楽器だったのですね。サインのオマケつきで。
少なくとも高瀬さんが入る前にOBの方が購入して…となると、やはりだいぶ年季が入ってますね。
Posted by ぼぶ at 2010.05.12 23:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。