--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.13

ビジネスホテル・強風テント・農家の倉庫

今日のドドド「ボイルザットキャベッジマッソォ」
WS248.jpg  
しかしプレイは繊細に。弦は切らない。
それがフレッシュマンの若さ。


いろいろと遊ぶ機会に恵まれています。
函館、積丹、余市。
主に西のほうか南西のほうへばかり行き、
特にスペースアップル余市には二週間に一回のペースで寄っております。

そんなココ最近をまとめて。





◆函館ツアー◆

ブル研同期4人(辞めた率50%)で函館へ行って来ました。
花火大会を見に行こうという事で、さとこ様企画です。
真っ当に観光した有意義な一泊二日でした。

函館は初めてだったのですが、さすがは「日本で暮らしたい町ランキング」1位。
ぶらぶら歩くだけでも雰囲気を感じられる、気持ちのいい町でした。
坂道の多い地区は、実際に暮らすとなると非常に苦労しそうですが。
特に雪→雨→アイスバーンの春先スリップコンボが発動したら、絶対死ねる。
雪の降らない季節だけ、安全にバカンスしたい町ですね。

食べ物も素晴らしいです。
朝市の海鮮は勿論美味しかったのですが、
函館のハンバーガーチェーンであるラッキーピエロは気に入りました。
札幌にあったら通うであろうレベルのボリュームとジャンクさ。

あと、気紛れに北大水産学部なんかにも行って来ました。
車通学OKなんですって。いいな。
なつかしの同期、ショウタロウFにも会えました。相変わらずで安心した。
CIMG0239.jpg

F曰く、「ヤンマーは南にいくほど美味しくなる気がする」とのこと。
函館のヤンマーを攻められなかった点に、一抹の悔いを感じます


◆積丹キャンプ◆

こちらはOB高瀬さん夫妻企画で、お声を掛けていただきました。
積丹半島の海でキャンプです。
天気が危ぶまれましたが一日目は何とか良い天気。
小学生か中学生か以来で海へ飛び込んできました。服のまま。
IMG_1866.jpgIMG_1910.jpg
IMG_1909.jpg


そして、恐らくメインなのが食事です。
高瀬さん夫妻の料理たちが素晴らしい事この上ないものでした。
今までの僕達なんて適当に網の上で肉を焼くだけで喜んでいましたが、
なんと低脳だったことでしょう。
コレを書いている今も、あのお肉が食べたくて食べたくてしょうがないです。

夜が更けてくるとぽつぽつ雨が降り始め、風もともなって次第に強くなってきました。
テントが吹き飛びそうです。
というか、吹き飛んでたそうです。僕が寝てる間に様々な事件が起こってたとか。

翌朝になると周りのテントはすっかり撤収していて、ほぼ僕達のテントだけでした。
RPGを彷彿とさせます。
朝は片付けなどの撤収作業に追われ、午後は温泉・海鮮。
一泊二日、しっかり満喫させていただきました。
高瀬さん夫妻と、運転してくださったハヤさんには、盛大に感謝しております。
ありがとう御座いました。


◆夏合宿◆

何故、二泊三日なのだろう?
誰もが禁じえない疑問はしかし、慣例という静かで強い力に押し流される。
そんないつものいつもの夏合宿。
去年通り二日目からの参加故、僕は一泊二日。

昼過ぎに余市。かきざき、ニッカと王道コースを歩み、吉田へ。
今年は昼間にワークショップでした。
今回も一応ベースワークショップに参加しました。あたりまえか。
ベースの3年目が二人共いない(片方Db、片方欠席)状況でしたが、
いつもどおりグダグダで終わりました。
予定と想像通り。何も問題ない。

ベースは晩御飯担当だったのですが、
企画・買出し、そして総指揮をBjの竹林さんがすべてやってくれました。
いやはや頭があがらない。本当にありがとう御座いました。
作るのは(二日連続で)カレーだったのですが、カレーはカレーでもスープカレー。
とても美味しゅうございました。

小コンは、まぁ、ドドドの通りです。
個人的にはトリだった竹取リバイバルとか好きでした。
練習してなくても、個人技と度胸の上昇でそれなりに何とかなってるあたりに
ああ、成長したなぁとしみじみ感じ入ってみたり。
後はKNGとか。

今回の合宿はひたすら写真を撮っていました。
写真はいつもの事ですが、一眼で合宿は初めてです。
暗くてもある程度対応出来るので、小コンまでちゃんと取れるのが嬉しい。

僕以外が撮った写真も含めて既にアップロードされており、
そのうちブル研HPで公開されると思います。
ので、先にこっちでリンク張っちゃっても問題ないよね。

10 夏合宿

今回は、はしづめさんと馬場先生をやたらフィーチャーした気がします。
はしづめさんは、カメラを向けるとちゃんとポーズをとってくれます。
馬場先生のシャッフル感とか、シャッタースピードをいじり頑張ってみました。
地味に加工もしてあります。

しかし、もっと色んな人を撮っておけばよかったなぁ。
そしてもうちょっと写真、上手くなりたいです。

スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/200-a6646bb5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。