--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.29

雨はフィドルのバッキングのように

今日の名言
mailfrom:ハチヤマ 8/23 02:37 ブル研メーリス
「二次会出席率悪いぞ、お前ら!農理ローンにみんな集まれ!」

mailfrom:ハチヤマ 8/23 12:20 ブル研メーリス
「八山です。昨日は夜中に大変失礼しました。すみません。
 札フェスお疲れ様でした。」



北海道内外のブルーグラッサー大集合!
北大ブル研部員はキリキリ舞い!
わくわくドキドキ「札幌ブルーグラスフェスティバルin岩見沢の空き地」
が、先週開催されました。
中年達の夏の終わり。学生達の夏の通過点。
そんなひと夏のマイルストーンを今年もぼぶろぐ~がご報告。
なんてったって、箱根にいけなかったからね!
ブログが書けるんだよ!

と、ご報告する前にウェブアルバムのリンクを張っちゃいましょう。
ブル研公式HPのトップに貼ってあるやつですが、
ブル研HPってわざわざ行かなさそうなので。
10 札フェス
僕が撮ったのも入ってますが、色んな人が撮った写真です。
みんなもっともっともっとどんどん撮れ撮れ。

写真は↑のアルバムを見ていただければ良いかと思いますので、
ブログには貼り付けておりません。面倒。




▼8/20(金) 準備日▼

フェス自体は土日ですが、ブル研部員は金曜日から準備です。
この日は快晴。準備日和です。
僕はハイエースの積み込み組になったので、早起きでサ館へ。
法的に問題がありそうで無いであろう積載量のハイエースになりました。
どうやら夏合宿でハチヤマが側面のドアをむにゃむにゃしてしまった時と
同じハイエースのようです。
実は夏合宿でソエタが携帯電話をなくしていたそうなのですが、
そのハイエースの席の下から出てきました。
ちょっとした奇跡ですな。

草刈り機を借りて岩見沢へ行き、ぼちぼち草刈・ステージ組み立てです。
なんと言う事は無く無事終了。


▼8/21(土) 札フェス一日目▼

◆準備◆

何故か目をこすりながら始発に乗っているぼぶ。
部会でカレーの材料の下ごしらえ組みになりますと言ってしまったのです。
集合は午前7時。
朝の一分はとても貴重なので、
一分遅刻したオオツカさんは容赦無くキリンガラナを4本買わされました。
よくよく考えるとブル研クオリティじゃない鬼畜っぷりだと思います。
しかしキリンガラナのお陰で快調に作業は進み、
活性化した大学生の知恵と勇気で無事下ごしらえを時間通りに終えたのでした。

下ごしらえを終えて電車で岩見沢へ。
フェスが終わったかのようにくたばってる部員の横で、
寝たら負けだと感じた僕は大人しくPSPをしていました。

フェス開始は夕方なので、やはりそれまで準備です。
ぶらぶら写真を撮りつつ、ハイエースでお使いに行ったり。
アラキさんの「発進ってどうやるんでしたっけ?」的な運転が非常に印象的でした。

◆フェス開始◆

雨男は酪農大のバンジョー弾きでした。
さんざんでしたね。
降ってはやみ、降ってはやみ…をひたすら繰り返していました。
某カントリーパブのマスターは「ざまぁみろ!」と誰かにメールしたとかしてないとか。
なんつーオヤジだ。

シフトには入っていないけど、ステージをちらちら観つつ、たまに働いていました。
ヒマな時はサドンデスソースという
口の中の痛覚を的確に、かつ非常識に作動させてくれる赤い液体を、
あらゆる人のカレーライスにつっこんでいました。
お陰さまで各方面で悪者になってしまいました。
ごめんなさい。

雨のせいで写真を撮る気になれず、あまり枚数は撮りませんでした。
暗い場所で上手く撮る技術が無いのもあります。
ステージもあまり観てなかったなぁ。
残念。

ステージ後は某OB様のタープで過ごさせてもらいました。
眠くても寝る場所が無いため寝れなかったので。
夜明けのテンションで「タンタンスタンタゲーム」とか開発してました。
牛タンゲームの要領で「タン」のとこだけ手を叩き、
「ス」と「タ」だけ口で言います。地味に高難易度。
コレは…流行る!


▼8/22(日) 札フェス二日目▼

徹夜明けの記憶は定かではありませんが、いつの間にか朝になっていた感じです。
この日はお天道様が首筋をじっくり焼き上げてくれるような快晴です。

とりあえず晴れたのでぱちぱち写真を撮ってました。
途中で部長様にカメラを預け、部長様も写真を撮りまくっていました。
なのでメインである夜の写真が少なく、二日目の写真が多くなってしまいましたね。

今回の札フェスで僕の出演予定は、二日目に一つ。
酪農大との合同バンド「かかかぼか」のみです。
それ以外にも一曲だけ飛び入りとかはありましたが。
合宿の小コンですら一度も出なかったので、
今になってみればもうちょっとステージに出たかったなとは思います。
が、出るバンドも無いんだよなぁ。
やっぱりもういっこバンドを作るべきだったか。

いつの間にかステージは終了。
スイカ割り、記念写真と恒例行事を終え札フェスは終了いたしました。

◆片付け◆

片付けでも僕はハイエース組でした。
出来る限りの荷物を載せ、さっさとサ館へ行き、4階まで運び上げるという仕事です。
土方とかとび職ってこんな感じなんだろうかなぁ。
くたばりました。

◆打ち上げ◆

みんな寝不足。身体はボロボロ。
しかしそれでも打ち上げる。
労働後のお酒は、妙に美味しいものです。
馬場先生のグラスの似合いっぷりが印象的でした。

僕は終電で帰り、さっさと寝てしまいました。
しかしこの記事の冒頭にあるように、二次会もあったようです。
若いなぁ。



そんなこんなな札フェスでした。
僕としては予想以上に現役らしい札フェスが出来た気がします。
ステージには全然立ってないけど、何かとお仕事を貰えたので。
しかし、三年目を中心とする主力の現役たちの働きっぷり、
中でも特に、札フェス主任・副主任の二人の働きの比ではありません。
彼らの尽力で札フェスが無事成功し、良い思い出になった事は言うまでもありません。
本当にありがとうございました&お疲れ様でした。

スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/202-aac48c97
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。