--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.02.03

誤魔化し志向の思考かもしれないけれど

今日のドドド「カネヒラスカル」
WS000003.jpg
上から覗き込むちっこいのは、ちょっとオマセなお年頃。

ギター飲みをやってる裏で、ギター弾きである副部長の家にお邪魔していました。
広い、おされ、暖かい、Wiiがある、PSPもある、テレビでかい、ラスカルがいる。
あの家がたまり場になる理由がよくわかります。合鍵ほしい。
ただ、暖房が強力すぎて、直に温風を浴び続けていた僕のコートのボタンが変色
結構目立つ。結構困る。


さて、2月に入ってしまいました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
どうやら普通の学生さん達はテストやらレポートやら卒論やらに追われているようです。
僕も普通…の学生さんですが、色々早めに終わったので割と余裕があります。
思わずギター飲み裏企画で徹夜したり、その翌日浩子飲みしてみたり。

そんな中、放置しっぱなしだった僕のマンドリンも久々に鳴らしています。
しかし、去年はあまり触っていなかったので、弦も1年くらい変えていません。
そこで今回、弦を変えるついでにプチ整形することにしました。

整形箇所はこちら。
C360_2011-02-02 11-13-54
このブリッジから飛び出すネジです。これが邪魔なので切ります。
なぜこれが邪魔かと言うと、この飛び出たネジが手のひらに当たるのです。
手のひらにこいつが当たると痒くなり、さらに乾燥が重なったりすると、
手のひらのその部分がパックリ割れてしまったりするのです。

手術自体は至ってシンプル。
ネジを引っこ抜いて、金ノコを持ってきて、無理矢理ちょんぎります。
図画工作のノウハウは全くなので正しいかどうかはわかりませんが、
手を何度か切断の危機にさらしながらもなんとか成功しました。
C360_2011-02-02+11-54-17_convert_20110203012054.jpg
切ったのは4弦の方だけです。

そして楽器をポリッシュで磨き、弦を張って完成。
今回からはウルフキラー星人やウルフキラーヒモを使わない事にしました。
そのかわり増田さんに倣ってテールピースとカバーの間にフェルトを挟むことに。
効果は良好です。



こうやって無理矢理な事ができるのは、これが自分の楽器だからですが、
楽器を自分の弾きやすい状態にセッティングするというのは非常に重要だと思います。
「弘法筆を選ばず」と言いますが、裏命題を言えば「弘法でないならば筆を選ぶ」。
つまり、あの諺は「弘法じゃないなら筆を選ぶ努力も必要じゃねーの?」
、と言ってるように思います。
高い楽器を買わなきゃいけないって話じゃないのだけど、
弾きやすさは自分の出来る範囲で研究・調整すべきです。
もちろん、求める音質とかプレイとの兼ね合いもありますけどね。

扱いやすさの観点から考えると、ドラクエ等の世界はやっぱり理不尽ですよね。
例えレベルが1であっても、「はがねのつるぎ」や「バトルアックス」が装備できる。
「どうのつるぎ」ですら重そうなのに、あんなもん振り回せるわけ無いでしょう。
楽器未経験の新入部員に、音は激鳴りだけどめちゃくちゃ
弦高の高い楽器を与えるようなもんですよ。
まぁ、剣と魔法の世界にケチつけるのは無粋なことですが。

そんなわけでこれからの春休み。
ストイックに与えられた筆で練習するのもいいけれど、
筆そのものについても考えてみていいんじゃないでしょうか。
結局出来ることっていったら、弦高やロッドの調整、ストラップの長さ、
あとは色んな弦を試してみたりピックを試してみたりって程度の事でしょうけど。
あれこれ試すのは結構楽しかったりしますよ。



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/216-31c89947
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
トルネコの不思議なダンジョンでは銅の剣を磨くこともできますよね。
1,2年では楽器の構造自体知らないことも多いよね。バンジョー弾きはバンジョーを一度はバラすべきだ。
Posted by dameka at 2011.02.05 00:10 | 編集
なるほど、言われて見れば銅の剣も強くなりますね。
新品A型ARIA→銅の剣
部室の弾き込まれたA型ARIA→銅の剣(強化済み)
ケンタッキー→はがねの剣
ロイドロアー→ロトのつるぎ、天空の剣
ギルクリスト→メタルキングの剣
みたいな感じでしょうか。

構造とか、みんなあまり興味無さそうですからね。
そういえば以前、マンドリンのブリッジを木工用ボンドでくっつけちゃった猛者もいました。
最低限は教えていかなきゃですね。
Posted by ぼぶ at 2011.02.05 15:33 | 編集
弦の交換も含め,最低限のメンテナンスはできるように楽器のことは知っておくべきだよね.
「げんやぺぐはもっているだけじゃいみがないぜ.」

まりりんのテールピースのフェルト,あれは買ったときからついてました.現用のまりりん2世は後付けですが.
テールピース側の弦の振動を抑えるだけで音がクリアになること,気づいてない奴も多かろう・・・.
Posted by ますだ弟 at 2011.02.10 21:33 | 編集
買った時からですか。あのメーカーはなかなか粋な気遣いをしてくれてますね。
しかしブリッジとテールピースの間の共振って、サ館で弾いてるぶんには正直気にならないと思いますよ。聞こえませんから。
でも静かな自宅で弾くと、耳障りでしょうがないのですよね、あの音は。
Posted by ぼぶ at 2011.02.11 01:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。