2011.02.15

バンジョウ・ウクレレ・バンジョレレ

今日の名言「こんばんわ。タコライスの皆様の演奏とっても素敵ですね」
…byリスナーのメール
かつて存在したHOT RICEというバンドがラジオに出演し生演奏した時、
そんなメールが寄せられていました。
そのラジオはデータをDLして聴くことができたので保存していたのですが、
先日、バックアップデータを漁っているときに見つけて懐かしくなりました。
放送時の僕は一年目。
Uncle Penの最初のGランを外すことがどれだけの大罪か、
当時の僕は分かってしませんでした。


◆今日の記事は超ややこしいので、面倒な人の為の三行解説◆
バンジョーの弦が切れたついでにウクレレ化しちゃうよ!
バンジョーウクレレ楽しいよ!
でもデフォのバンジョーで十分できるんだったよ!みんなやればいいよ!


さて、バンジョーは相変わらず4弦が切れたまま放置されていましたが。
ちょうど切れたのは4弦だけなので、これを機に一つ試してみたいことがありました。
それは以前から画策していた、バンジョーをウクレレ化させちゃおうプロジェクトです。
つまり似非バンジョーウクレレ。つまり似非バンジョレレ。
ずっとウクレレは欲しかったけど、買う気まではおきなかったのでよい機会です。

一般的なウクレレは、開放弦で4弦から順にG(high)CEAというチューニングです。
ただし、4弦のGは1弦Aのひとつ下…つまり音の高さ順ではCEGA(3241)。
バンジョーの5弦が一番高いような感じで、高音弦が変なとこに一本あるイメージです。
今回はこのウクレレチューニングをバンジョーで再現しようという試みです。
とは言ってもまぁ、弦とチューニングを変えるだけで、何も難しい事はしません。

バンジョーのチューニングは5弦からG(high)DGBDです。Gが一番高いのがミソです。
こっからまず、5弦と4弦をとっぱらいます。まぁ、4弦はもともと切れていましたが。
で、4弦の位置に、1弦用の弦を張ります。
この為にわざわざBj弦を買うのもバカなので、細めのエレキギター弦で代用します。
チューニングは4弦を1弦と同じDに。その後、1弦は一音あげてEに。
そして最後に仕上げとして、5フレットにカポを付ければ出来上がりです。

文字にするとややこしいですね。つまりこんな感じ。
バンジョー:5G(high) 4D 3G 2B 1D

バンジョー改:5* 4D(high) 3G 2B 1E

さらに5カポ:5* 4G(high) 3C 2E 1A =ウクレレチューニング

5弦部分が邪魔だったり、ネックが長いからやっぱりでかかったり、うるさかったり、
難有りな感じはありますが十分に遊べるバンジョレレです。
弾く場所で音も変えられるし、結構実用性もあるんじゃないか。
そのかわり3フィンガーバンジョーが出来ないけど。

パッと見はフツーにバンジョーです。当たり前か。
ちなみにリゾネーター(お盆)は外しています。
理由は二つ。重いから。そして五月蝿いから。
良い感じでチープになるので、これはこれで良いのです。

しかし今更気づいたのですけど、これで5カポしなかったらDGBEという並び。
Dがオクターブ高い事を除けば、ギターの1~4弦と同じ間隔なのですよね。
そして今更調べたのですけど、ウクレレにはLowGと言うチューニングがあるらしく、
4弦のGをオクターブさげて、素直な並びにしちゃおうぜって方法らしいです。
別に押さえ方が変わるわけではないし、そのほうがソロとかが弾きやすいとか。

つまり。バンジョーの5弦だけ取っ払い(orミュートし)、1弦を1音上げると、
それだけでもうギターの並びと同じ。
それにちょっと5カポをつければ、それだけでもうバンジョレレなんですね。
なんだ…なんか、えらい遠回りした気分になってきました。
ちなみに5弦だけミュートって言うのは、マスキングテープで簡単にできるので、
僕は4弦バンジョーごっこをしたい時によくやっています。
ちょっと荒業だけど、弦を緩めてテープを貼るだけ。簡単に出来ます。


だから、普通の3フィンガーセッティングのバンジョーでも、
ちょーっといじってやればウクレレに出来る!という事です。
流行るかな、似非バンジョレレ?
…流行らないだろうな、似非バンジョレレ。
でもおもしろいからみんなやればいい。



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/218-e59137bd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する