--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.28

かわるボク、かわらないキミ

今日の名言「高等遊民」…by添
ぼくのことだそうです。
そっか、ぼく、時代の先端にいるんだ!
沈みゆく日本の未来の舳先に!



今日も眠れぬ夜を過ごす僕は、珍しくyoutubeを遊民していました。
つい最近の萌えキュンソエタベース(弾き)企画を客観しに行ってみたり、
約一年前のすべすべに会いに行ってみたり。
オダニはともかく、なんで2ビートじゃないコバヤシはこんなにカッコイイんだろう。

そんなこんなで遊民していると、懐かしい動画に行き着きました。
ばっさー先生によるLonesome fiddle bluesという曲です。

フィドルのスクロール部分に老人が掘りこまれたインレイ入りの妖しいフィドルで、
中空を見つめながら妖しい弓使いで妖しいフレーズをぶおんぶおん弾くばっさー。
いうなればそれは、ちょっとえげつない変態嗜好だった元カノが、
今も相変わらず変態のままであった時のような安堵感。

僕はもうノーマルだけど、君はやっぱり変態のままだったんだね!って感じ。
まぁ、ばっさー死んじゃったけど。
そもそも液晶の向こうの0と1でできたばっさーに変わりようもないけど。

僕がフィドルに手を出し始めた1年生の夏頃、この動画に心を奪われていました。
動画ごとウォークマンに落として、コピーしようとしてた覚えがあります。
コピー自体苦手だったから適当だったけど、それでもばっさーの弓使いが理解できず。
ニータカなにそれおいしいの?って弾き方をキャベツ覚えたて浮気者にできる訳無い。
というか(今でも)何やってるか理解出来ないところが多々有り、
ジャムる人も居ないので、いつの間にか弾かなくなってしまいました。

しかし今にして思えば、あの明らかに無理な曲を弾こうとして色々考えたから、
その後の肥やしにはなったんじゃないかな?と思うわけです。
…いや、あれのせいで変に音だけ追うフィドルになったのかもしれないけど。
そうか、悪かったのはばっさー信仰だったのか。

でも、動画ごとPSPやウォークマンなどの端末に落としてサ館で練習って方法は、
我ながらとても良いと思います。
皆様、youtubeのお気に入りは是非サ館に持って行くといいですよ。


しかし改めて見るとこの老人の弓使いはキュンキュンするものがありますね。
まぁ、なんだかもう真似したいとは思わないけどね。
フィドルも最近あまり弾かないし。
でもこれは曲自体いい曲だと思うから、ばっさー先生のプレイはさておき、
ジャム曲として流行ってくれても良いと思うんだけどなぁ。
Dマイナーってバンジョーがしぶりそうだけど。



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/226-0e183895
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。