--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.28

メオトコメタベローハイド

今日のドドド「フラット&スクラッグス来札公演」
WS000013.jpg
二人の結婚を祝うために、わざわざあの世からやってきた!
アリソンブラウンのビデオメッセージなんて目じゃないね!
どうやらレスターもアールも、ジャパニーズカルチャーに関しては意外にミーハーなようで、最近はアメリカントラディショナルカルチャーとジャパニーズポップカルチャーとの融合を図っているようです。


定演から約一週間後、今度はますださんちの結婚パーティでした。
最近長沼づいていた僕としても、非常に喜ばしい話です。
今回も暗所への弱さに定評のある僕の一眼を持って、馳せ参じたのでありました。

なにはともあれ、まずは写真をアップロードしました。
ますけんまさみパーティー
(何故か集合写真の縮尺がおかしいものがありますが、右クリックして「画像だけ表示」をすればちゃんとした縮尺で表示されるかと思います。)
一応picasaで明るさとか修正はかけてあるのですが…些か悔しいです。
フェスのように太陽の光がギンギンに照っていれば、それはもう適当にシャッターを切っているだけで充分なのですが、こういう室内…しかも薄暗い店内の難しい事難しい事。
こういうところなら、普通のコンデジや携帯の方がむしろ綺麗なのではと思います。
一眼ならやはりフラッシュは素直にたくべきなのかな…しかしフラッシュを連続でたいてると、ビジー状態でチャンスを逃してりするわけで…よし、少しお勉強しよう。


とか言う反省は置いといてですね。
写真には写らないその場での色々諸々をしっかりと楽しませていただきました。


一次会はいつものバディ。
ブルーグラスに触れて7年も経たない若輩者にしてみると、なんだかよく知らない人が多すぎて圧倒されてしまいました。
そういえばますけんさんってそんなに大先輩でした。
もちろん、知っているOBさん達も大勢来ており、お会いできて嬉しゅうございました。

開始が17時とわりかし早い時間だったのですが、スピーチにプレゼント企画、お楽しみ企画、ビデオレターと盛りだくさんで、いつの間にか一次会が終わっていました。
ひとつ書き残しておくとしたら、ますけんさんのギブソンバンジョーは世界で恐らく二番目に多くの(もしかしたら一番かもしれない)キースチューナーを装備した5弦バンジョーへ進化するという事です。
IMG_2438.jpg


場所は変わりまして、二次会はいつものライブハウスLOGへ。
果たしてこれだけの人数が入るのか…と心配しておりましたが、なんとか入りました。
意外と広いぞLOGのキャパシティ。

二次会はライブがメインです。
考えてみればなかなか豪華なライブでした。
来なかった現役生は損したね、ってくらい。
様々な腕利きプレイヤーとバンドが大集結しておりましたが、
何と言っても冒頭に紹介したように、あの世からブルーグラスバンジョー界の教祖様とも呼べる方がやってまいりました。
まさかお会いできるとは夢にも思っておりませんでした。ニホンゴジョーズネー。
しかしスクラッグス様、まだあちらに逝ってから日の経ってない新鮮な霊であるはずですが、些かとプレイスタイルが変わったというか…いえ、あの、きっと霊界とこっちとでは時間の流れも違うのでしょう!

あとは真夜中のニトロブースター「大将の肉チャー」で加速する夜に声と楽器は高らかに笑い、ステージを観て、楽器を弾いて、抽選会をして、ツクイさんが傷つき、ケンゴさんが踊り、皆次々にくたばっていったのでありました。
それはもう楽しい夜でしたが、文字に起こすのは野暮というものです。
楽しい夜の思い出は記憶の中に…ああ、思い出すだけで、
…もう思い出すだけで!肉チャーが食べたい!!
酒なんて要らない!お菓子も要らない!肉チャー最高!
自宅が18条近辺でなくて良かったと思います。近くにあったら今、駆け込みかねない。


…そんなこんなで愉快な夜は減速しながら朝へと転がり着いて、夜明け頃。
僕らはキンキンに冷えた朝の北区を彷徨い歩き、新しい一日を迎えたのでしたが、
その後はまた別のお話。


文字通り筆舌に尽くし難い、大変めでたく愉快な夜でございました。
改めまして、この度は本当におめでとうございます。
隣の町から長沼町と増田家の明るい未来を祈っております。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/261-81a0b300
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。