--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.22

ハーレムの形成

今日の名言「いつ買うの!?」
…と言う、答えが一つしか用意されていない問いは嫌いでした。
なんせ抗えない、内なる声のコールアンドレスポンス。
イツカウノー?  \イマデショ!!/ 
イツカウノー?  \イマデショ!!/



一目惚れとは、なんとも奇なる現象です。
よく知りもしない女をひと目の内に見初め、恋焦がれ、手に入れたいと願う。
それは、とりわけ女の絶対数が極めて少ない状況に置かれていると、かなりの確率で起こります。加えて言うならば、その女が自分でもゲットできちゃいそうな状況なら尚更起こりやすいです。

なぜそんなことが起こるのかというと、いくつかのパターンがあると思うのですが、その中の一つとして常日頃から女を欲すという、捨てがたき本能がもたらすある種の設定行為があります。
つまり「僕はこの女が欲しいから、この女を好きになる」と本能が思い、「僕はこの女が好きだから、この女が欲しい」と理性が取り繕う。つまり、「この女が欲しい」というのが本能の情動であり、「この女が好きだ」というのが理性の情動です。

この情動の順番は、自己の合理性にとって非常に重要です。
何故ならば我々は社会生活する中で、なにかと正当な理由を欲しています。
「女が欲しい、そしてそこにはこの女しかいない」というのが本音であっても、なかなかそれを公言することは憚られるものです。そのため、「この女が好きだから」と他人はおろか自分さえ騙し、納得させるのです。

「好きだから」というのは、それだけで理由になりうる特殊な性質を持っていて、「なぜ好きなのか」と突き詰めずとも「だって好きなものは好きなのだから」で、なんとなく許されてしまう風潮があります。
逆に言えば、その風潮は「その奥の欲望を暴かれたくない」という恐怖を皆が共有しているからこそ、許されるものなのかもしれないですね。

しかし、社会的体裁としての嘘はともかく、自分にまで嘘を吐いていると…いえ、自分に嘘を吐いている事に無自覚であると、その女の程度と本質を知った時に受ける反動は大きなものになります。「こんな女だと思ってなかった!」と。
"恋愛は勘違い"とよく言いますが、根本から勘違いしてはならないのです。
自分は勘違いしてると認め、なおそれでも勘違いしながらその女を手に入れ、付き合っていくのです。いつの日か心から愛せるようにと…。

(注:この場合、女と書いて「チェロ」と読みます)



IMAG5530_convert_20130422080508.jpg


だ、だって、ハードオフで見たのは初めてで…!(絶対数が極めて少ない状況)
状態もすごく綺麗だし、弓&ケース付きだし、(好きな理由)
お値段もチェロにしてはすごく安いし、(ゲットできちゃいそうな状況)
そ、そりゃあその値段と作りから見れば明らかに安物だけど、(勘違いの自覚)
とにかくずっとチェロが欲しかったんだもん!(本能の叫び)

ってことで、出会って己と問答すること十分間の出来事でした。
でも一目惚れした瞬間、もう結論は出ていたのです。
この機を逃すと次は無い、と。

IMAG5529_convert_20130422080423.jpg

三姉妹になりました。
ちなみにビオラは…今んとこ要らないかな…。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/272-55c0faf1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。