--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.11

唯一の心残りは芋餅を食べ忘れたこと

今日のHDRゴースト「デュオ」
IMG_20130610_230540.jpg
カメラのHDR(ハイダイナミックレンジ)モード面白いよね。
こんな使い方するやつじゃないんだけど。


学祭でした。今年は天気に恵まれましたね。
古くから恐れられる雨男が二人いたにも関わらずあの快晴でしたから、
彼らはきっと調子が宜しくないのでしょう。お疲れ様です。

僕は土曜日だけの参加でした。
本当は日曜も行きたかったんだけど、それはこうして覚醒している理性の成せる願望でありまして、アラームを止めた時の「後30分は大丈夫」という判断の裏に隠された「後3時間寝たい」という願望とそれに伴う絶大な行動力、というか不動力が僕の理性を奪い、あの薄いタオルケット一枚すら剥ぎ取ることが出来なかったのです。


ステージも3回くらい出ました。
一つ目は最近新しく作ったジャグバンドです。
仮称ブレココアワオドリ。(正式仮称ブレーメンランドココアストリングバックアワオドリ)
「学祭に出よう」という事だからブル研ステージに出るもんだと思ってたら、
何故かひょうたん池の前の路上で演奏する事になっていました。
カズーとフィドルの似非雅楽の行進をしながら池の前まで行き、PA無しで演奏。
音は聞こえないし、合ってるんだか合ってないんだかもわからないけれど、
絵面だけはとても路上演奏に合っていてよかったのだと思います。
つまり大成功だったのです、多分。
image_20130510230812.jpg

その後しばらくブル研を離れてぶらぶら。
疲れて休憩した中央食堂で思わず牛トロ丼を注文しかけるも、後で自分のサークルに350円払ってカレーを食べねばならないという、ある種の貞操観念みたいな物を感じ諦めました。
据え膳食わぬはなんやらや。それでも不貞行為はダメ、ゼッタイ。
…いや、頑張って両方食べれば解決だったんだよな。


ブル研に戻ってまたステージです。ひばりリズムボーイズ。
こちらは先月ステージやったばかりですし、曲もいつものを難なく卒なく。
…と思ってるけど、実際の出来はどうだったのだか。
いつも(個人的に)録画や録音するのを忘れてるので、いつも反省を忘れてる。
しかしまぁ、何も事故が起きてないってことは大成功だったのです、多分。


その後、川口に誘われジプシージャズセッション。
gu川口、fd広吉さん、dr小林、bsぼぶ。ほんとパーカスいるって大正義。
第一婦人(ウッドベース)でステージとかいつぶりだろう。一昨年の札フェス以来か。
4ビートが楽しくて調子に乗っていると、練習の段階ですでに指皮ズルムケ。
ティッシュとガムテープで補強して臨みました。左手も死にそうだし、衰えを感じます。
しかし後から聞く所によると、ぼぶはやっぱり第一婦人がいいらしいです。
木村教授からもお褒め頂いたし。大成功だったのです、多分。

なによりああいう遊びは楽しいですね。みんな器用だ。
中でも広吉さんは平常運転の素敵当具合がやっぱりスバラシイ。
僕もグラッペリの練習始めようかしらと思うのでありました。


その後はその辺の人々とお話したり、元部長のお財布を探して歩きまわったり。
帰る間際、初対面の2年目の男の子に「ヤナガワさん」が「ボブさんは、12年目くらいで新琴似に済む女癖が悪くけち臭くえこ贔屓が激しくて色んな楽器を弾いて帽子をよく被っているという人間のクズ」と、熱くディスってたような気がします。酷いわヤナガワ君。
数年後、彼らがメインストリームとなった時、「ボブさん」の居場所はないかもしれません。



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/274-9cd54c25
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。