2017.02.27

幼児的に言えばたかいたかいを繰り返されるような。 ~「ようこそジャパリパークへ」リズム小考察~

少し間が空いてしまいましたが、前回の続き。



相も変わらず僕のiPodは、ひたすら「ようこそジャパリパークへ」をリピートし続けております。一時は他の曲を聞いても全く楽しくなく、たまらずジャパリパークへ帰ってくる、という禁断症状まで覚えておりましたが、徹底したジャパリパーク・オーバードーズにより、なんとか他の音楽も楽しめるまでには回復しました。
仮に、ライブを見ながらジャパリパーク禁断症状にでもなったら、いよいよ病院にかけこんで精神科フレンズでしたが、大丈夫。昨日のライブは楽しかった。

さて、ここまで「ようこそジャパリパークへ」を聞き続けられる魅力はどこにあるのか、を考えていこうという事で前回から書き始めていますが、流石は今をときめく一大ミームけものフレンズ。既に考えてくれているフレンズがいらっしゃいました。

けものフレンズOP『ようこそジャパリパークへ』コード進行とメロディと感想


すごーい!コードがとれて採譜もできるフレンズなんだね!
OP使用部分の楽譜付きで、コード解説してくれています。
僕は、音は取れるけどコードがわからない感覚依存フレンズなので、正直読んでもピンとこないのだけど、ただただ羨ましい限りです。

まったく需要のなさそうな今回の件はこの記事の紹介だけで終わらせてしまいたくもなってきますが、せっかくなので僕はリズム方面について少しだけメモを残しておこうかと思います。





繰り返し聴くに耐えうる曲の条件…は、おそらく簡単に定義することはできません。
しかし、「ようこそジャパリパークへ」が繰り返しに耐えうる必要条件なら思い当たります。

それは、口ずさんでてor頭の中で音ゲー化してて超楽しいから、です。
それをもう少し掘り下げると、リズムが超楽しいからになり、さらに言えばシンコペーションと安定との行ったり来たりが絶妙で超楽しいから、になります。

この曲は裏にアクセントを置く【シンコペーション】が強調されている部分と、表にアクセントが置かれた【オンビート】(←これがシンコペーションの対義語として正確かどうかは非常に怪しいが)の配置と演出が絶妙だと思うのです。


下図は1セルを一小節として、OPの歌詞と構成を大雑把に示したものです。
kemo.png



これを、【オンビート】、【シンコペーション】、そして【おちついたリズム】の3つに分類して色分けしたのがこちら。
kemo2.png


【おちついたリズム】は、【シンコペーション】とはまた違ったり、近かったりするんだけど、とりあえず【オンビート】とは差別化すべき「引いた雰囲気」の部分として便宜的に設定しています。
細かく言い始めたらキリがないのでこれでご勘弁。

この図を見ながら曲を聞いていただけると分かるように(分かってくれたらいいな…)、【シンコペーション】or【おちついたリズム】の後に、必ず【オンビート】があります。


つまり、変化のあるリズムのあと、必ず【オンビート】に戻すことにより、不安定→安定という解決のプロセスが、4小節or8小節の単位で繰り返されているのです。
そう、いちいちスリリングなリズムで揺さぶりを掛けられた後、必ず手拍子の打ちやすい表のリズムで落ち着かせてくれるという、非常に気持ちの良い解決体験を何度となく経験させてくれる曲なのです。

そして、その繰り返しを経た上でのアウトロは、ひたすらズンズンと進むようなオンビートです。
あれだけ挟んでいた【シンコペーション】を全く挟まずにEDまで突き進む様子は、安定感というよりもはや「無敵感」とでも言いたくなるような力強さがあります。

それでも最後の最後、思い出したように象徴的なフレーズの【シンコペーション】を入れて締めてくるあたり、この曲のテーマはここにあるという主張が垣間見えます。
音ゲーだったら、気持ちよく頭打ちしてた後の最後に来た裏リズムで、よくパーフェクトを逃すことになるあの現象が起こるポイントです。


と、言うことで。この「ようこそジャパリパークへ」における中毒性のほんの一端は、揺さぶられるリズムの解決と安定にあるかもね、というお話でした。

ちなみに、同じような手法を使った曲にはどのようなものがあるのでしょうか。
探すまでも無くわんさか出てくるものでしょうか。
類似性を持つ素材を探し出してくる事は研究の基本ですが、如何せん最近この曲しか最近聞いていないもので。




スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/286-8b84594e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する