--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.10.03

となりのくに そのいち

今日の名言「食事は修行」…by韓国人教授
食事がこんなにも辛いものだったとは…。

なんか、ブログに友達申請フォームってのが出来てる。
クリックしてみたら、自分とはお友達になれない、って怒られた。
うるせーよわかってるよ。


仲が良いんだか悪いんだかよくわからないお隣の国、韓国へ行って来ました。
ゼミのスタディーツアーという名目の観光旅行です。
沖縄よりも近いけど、僕にとっては初海外。初日本脱出。
というわけで四泊五日の、ジョージさんには遥か及ばないスケールでお送りする旅行記です。

<1日目>
飛行機やホテルなどは事前に教授が手配しておいてくれていました。
なので、パスポートだけありゃ大丈夫、と言ってたような気がしました。が。
教授:「みなさん、この紙は持って来てますね。」
チケットの番号を控えた紙らしいです。なんでみんな持ってきてるの?あ、その封筒のセット?保険の証書だけしか入ってないと思って置いてきたけど。え、税関申告書と入国申請書もはいってたの?
教授:「チケットを持って来ないとはなかなか大胆だなぁ。ま、なんとかなるしょ。」
その言葉を信じてカウンターへ。「えーと、なんとかなると思うんですけど。」
しばしの後、なんとかなりました。しょっぱなからドキドキです。

その後、飛行機でひとっとび。プサン到着です。韓国って時差はないんですね。
まずホテルへ荷物を置きに。普通は二人部屋ですが、男が三人なので三人部屋です。
でも部屋自体は普通のホテルって感じ。そこそこ良いところです。
荷物を置いてすぐ、街にでました。
プサンの市場
小道に様々な店な露店が並んでいます。
シャネルとDiorのマークが無造作に積まれていました。
偽ブランド品に限らず、普通の服でも何でも色々と安そうでした。
時間があればゆっくり見たかったけど、団体行動のため断念。

晩御飯は海鮮市場で海鮮料理。
海鮮市場
だだっ広いところに、所狭しと魚屋が並びます。その場で捌いて料理もしてくれます。
僕達はその上の階にある、割と落ち着いたところで食べました。
イカから謎の川魚、えんがわやらひらめやら。
お刺身はどれも美味しかったです。
しかし、問題は海鮮チゲスープ。
めちゃくちゃダシがきいてて美味しいのですが、これが酷く辛い。
呼吸するだけで口が痛いという状態になります。
かのアフターデスソースを舐めた時みたいな状況です。
この状態でキムチを食べたら辛さを感じないため「甘いキムチ」を味わえます。
韓国人曰く、「韓国の食文化はガマンの食文化。食事は修行。」だそうです。
まぁ、こんだけ辛いもんくってりゃなぁ。恐るべし、韓国食文化。

ホテルに戻りまったり。テレビをつけてみましたがチャンネル数が伊達じゃありません。
軽く40は越えます。日本とは違い、ジャンルがチャンネル毎に特化してるのです。
NHKもあればお笑いもあれば、ワンピースみたいなアニメを流してるところも。
そして勿論、延々とAVを流してるトコも。無料です。
異国の地で見たAVについて色々書きたいことはあるのですが…。
品の無い話は、そのうちまとめてしましょう。

<2日目>
この日は殆どバスでの移動でした。朝からバスに乗り込み、韓国を北上。
この頃のウォークマンの中身はブルーグラス率が非常に低迷しており、この旅行にあわせてさらにブルーグラス率を下げてロックやエレクトロを仕込んでいきました。
が、バスに乗ってると何故か聴きたくなるのはオズボーンです。ずっと聴いていました。
流れる風景に、どこか似合うものがあるのです。
後は寝てたり、日記書いてたり、音取りとかしてたりして暇を潰しました。
バス貸切なので一人で二席を独占できたため、やたらバスの中が静かです。
途中で世界遺産の石仏をみたり、どでかい寺を小学生に混じって歩き回ったり、本場の冷麺を食ってみたりとしましたが、面倒なので割愛。

冷麺を食った後4時間走り、到着したのは「独立記念館」というところ。
ひと言で言えば、「日本はこんなに悪い事したんだよ」みたいな事を展示する博物館。
どでかいです。というか、だだっ広い公園の中に8つくらいの展示施設があります。
到着したのが閉館2時間前だったので、とても全部は見れませんでした。
でも、なかなかドギツイものも、興味深いものも、色々見る事が出来ました。
あ、ちなみに館内撮影禁止なので、外の画像しか無いです。
無数の対極旗意味は分らないけど、無数の対極旗。
処刑シーン日本軍が韓国人を処刑するシーンの再現。
帰りがけに、興味深い光景に遭遇しました。
↑の処刑シーンの日本人を、小さな子供もいる家族が、蹴りつけるポーズをしながら記念撮影をしていたのです。そりゃ、そんな教育してりゃ日本嫌いも育つわな。
…あんまりお勉強してないので何とも言えませんが、日本が悪い事をしたのは確かな事実なのでしょう。
しかし、その歴史の捉え方に、日韓で温度差がありすぎる気がします。
そこはやはり、すぐには埋められない溝なのかもしれませんね。

独立記念館を出て、水原(スウォン)という都市のホテルへ。
ていうか、ホテル立派過ぎです。ロビーでピアノ生演奏とかしてます。
荷物を置いて夕食。名前忘れたけど、豚肉を食ってきました。

ホテルに戻った夜中はトランプ。学年構成は、44432。二年生孤軍奮闘。
大富豪十番勝負をしましたが、見事に大貧民の嵐。
罰ゲームの質問攻めで色々と暴露したり、逆に経験豊かな暴露をしてもらったり。
そして総合ビリとなった僕は、次の日に会うであろう韓国人の大学生に、小島よしおの「そんなの関係ねぇ」をやらせなきゃいけない羽目になったのでした。ウツだ。

気付けば午前4時。就寝。

つづく。

スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/45-0b06e3f7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。