2007.12.23

休耕

今日の名言「お金と時間は頑張れば作れる。」…byアイサマ
つまり、「忙しい」って言ってる奴は、ただ言い訳してるだけと言う事です。
身にしみる。おかねつくらないと。

この頃、だいぶヒマにはなったものです。定演前と比べて。
そろそろニューイヤーの準備に終われてきそうな予感はしますが。
でも、平日にサ館へ行く義務は今無いのです。バンド練ないから。
男男畑も定演後はずっと放置でしたので。これからの行く末も話し合わずに。

そんな男男畑、つい先日、正式に解散が合意されました。男男飲みの席で。
定演が終わった後から、個人的にバンドメンツから話を聞いたりして全員の意向がだいたい分った状態でしたので、ぜんぜん揉めませんでした。平和だ。らヴあんどぴーす。
解散宣言するにあたって「一人ひと言コーナー」みたいなのがありました。
あまりこういうの好きじゃないです。
そんな直ぐに美辞麗句は思いつかないし、むしろ一度こういう所で「せいせいするぜカスどもが!」とかのたまってみたいものですが、そんなにパンクな性格でもなかったので、適当に流しました。
なので今、改めて男男畑に対する僕の想いを書き連ねよう
、なんて思いかけたけどやめます。改めて想いを考えたって、別に無いや。
その飲みの席で、男男畑について「お腹いっぱい夢いっぱい、ちょっと胃もたれ」、って冗談で言ったら、~子さんが真面目に同意してくれました。若干びびりました。
でも考えてみればあながち間違ってもないですね。
楽しかった、でも少々疲れた、でも楽しかった。もう充分。みたいな。
まーそんなもんです。おつかれさまでした。

そんな訳で、僕の代の完全同期バンドは絶滅しました。
去年は、男男畑は4年間続けられるとか思っていたのに。
一年生の時っていうのは、まだ価値観も固まっていなかったからでしょうね。
一年バンドは、メンバーの誰かがいなくなるまではずっと続くと思いがちなのだと思います。勿論、人にもバンドにもよりますがね。
今の一年目をみてても、そう思ってる人は少しはいるようです。
たまには実際にずっと続くバンドもあるのでしょうが、それは期待しないほうが良い。
一年経つと、「一年バンド」は「上級生バンド」へ変わってしまうのです。
それだけでも色々な面で変わってきます。
一年目がこのブログをどれだけ読んでるかは知りませんが、覚悟はしておいたほうがいいかと。
でも、考えてみれば今年の一年バンドって、僕が体験した一年バンドとは状況が色々違うからなー。一概に言えたことでもないとは思いますがね。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/56-14c05cfa
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する