--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.27

こんな長い記事は自分でも読みたくない。

今日の名言「男はみんなMじゃけぇ」…by BOXノートの記述
匿名性が保たれているようで保たれていない。

明日は小樽フェス本番です。
この記事とは全く関係ないのですが。
皆様是非、お越しくださいませ。


さて、最近ではBOXに行く機会が少なくなってしまいました。
それでもこの頃、ちょくちょくと足を運ぶ機会がありまして。
そのたびにドボンがしたくなります。
しかし、人がいない。
北食の規制が厳しくなってから、BOX人口はやはり減ってしまったようです。
それに伴ってか、一年生もBOXにはほとんど来ていないようです。
これじゃあますますドボンができない。
僕もドボンを忘れていってしまう…。

そんな感じの話をBOXノートに書いてきたのですが。
暇なので今度はブログに書きます。
いや、実際そんなに暇じゃあないのですが。
手書きじゃまだるっこしくて、なかなか書けなかったりもするので。
ドボンについて胡散臭く、熱そうに語ってみます。




そもそも、一年生からしてみると「ドボンってなに?」と思うでしょう。
ドボンとはトランプゲームの一種です。
よく言われるのが「ウノと麻雀を足して2で割ったようなゲーム」という説明。
詳しいルールの説明等はしませんが、非常に簡単でスリリングな競技です。
いつぞやからか、ブル研のBOXでプレイされるようになり、幾多ものダメ人間達(ばかりではないでしょうけど)に受け継がれてプレイしてきたものです。
BOXで暇してる人達は、ジュージャンの要領で、何かを賭けてドボンをします。
俗に「賭けドボン」というのですが、これがアツイ。
そんなアツさの一端を随分前に記事にしました。
まだ旧ブログ時代でしたね。なつかしい…。

しかし、そんな廃人的なドボンも、健全なドボンも、最近はめっきりしてないです。
ただ単純に僕がBOXに行く機会が減ったから、というのはありますが…。
にしたって、やっぱり少ないと思うのですよ。
原因は何かと考えてみれば、やはり一年生がドボンしない事のように思います。
BOXに一番来やすい一年生がいなければ、BOXが衰退するのは当然です。
BOXが衰退すればドボンも衰退します。悲しきスパイラル。
でも裏を返せば、ドボンが復活すればBOXも多少は復活するのではないかと。
そう思うのです。
そもそもBOXに一年を植えつけないといけないのだけど。

そもそも、ブル研におけるドボンとは、単なる暇つぶしの域を超えたものがあります。
まずひとつに、経済効果。
何も賭けないドボンも多々ありますが、ドボンには賭けがつきもの。
何かを賭ける時は、必ずしも「賞品」自体が欲しくて勝負するとは限りません。
しばしば勝負を燃やす燃料として、勝った証として、賭けが行なわれます。
つまりドボンをする事によって、ドボンをしなければ絶対に買われなかった商品が、買われることとなるのです。
この消費活動は生協の購買に、北海道経済に、日本経済に貢献することになります。
微々たるものかも知れませんが、その一勝負が北海道を救うかもしれないのです。
敗者は勿論財布を痛めることになりますが、何度も何度もドボンをやり続けていれば、トータルではプラスマイナスゼロに近づいていくと思います。
また、得てしていちいち負けたときの出費額なんかいちいち覚えてませんから。
精神的損失というのはそこまで大きくありません。
むしろ勝利した時の精神的お得感で帳消しです。

そして、ドボンは人の繋がりを作ります。
よく知らない同士の人間でも、BOXに居合わせたらドボンが出来ます。
ドボンは駆け引きであり、頭脳と運と魂の語らいです。
人々はこのドボンを通じて、親睦を深め合うのです。
知らないもの同士を繋ぐことは勿論、人間関係の潤滑油にだってなります。
その効果は、ジャムに匹敵、いえ、それ以上のものがあります。
そう、ドボンはトランプを使った魂のジャムなのです。

そんなドボンを一年生に広め、活性化させるにはどうすればいいのか。
ひとつにはBOXに一年生を植えつける必要があります。
しかしそれ以前に、上の年目がBOXに行く必要が。
最近はBOXの衰退が激しく、BOXノートの書き込み頻度も落ちてきたため、部室に部室ノートなるノートが出現する始末。部室ノート自体は良いのですが。

では、ドボンを先に教えてみてはどうでしょうか。
一応ドボンはブル研独自のゲームというわけではないのですし。
BOXでなくたって部外でだって出来るわけです。
一年生にドボンを教えて、ドボンにはまり、ドボンをしにBOXへ来る。
そんな夢物語は、やっぱり夢物語だと思います。

…う~ん。

まぁ、ともかくドボンを覚えて欲しいです。
夏合宿の企画もネタで悩んでそうですし、ドボンワークショップなんでいかがでしょう。
僕も実際、新歓合宿の企画はジャム企画とドボン企画で悩んだのですが。

ドボンの未来に栄光あれ。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://goodfornothing.blog87.fc2.com/tb.php/86-ee54c150
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
先輩!
BOXに行きたいのですが!
そこにはいつも誰もいません!!>□<。
Posted by K.Ayu at 2008.06.28 00:44 | 編集
ご、ごごごごごめんなさい。
こ、こここここ根気強く通ってれば誰かいるよ。
暇な時間はBOXで本読んでたり寝てたりとか、昼飯をBOXで食ってみるだとか。
どうしようも無い暇を取り合えずBOXでつぶしてみてください。

そして、先輩どもよ、BOXへ行くのだ。
Posted by ぼぶ at 2008.06.29 01:47 | 編集
先輩!文系長屋からBOXまでが遠すぎます!!
Posted by tera at 2008.06.30 05:21 | 編集
先輩!インベーダー共が我が領域を侵略してます!
Posted by K at 2008.06.30 09:37 | 編集
先輩!足さえ治れば昼休みに行って帰ってもこれます!自分はやりませんが!!

先輩!この群雄割拠のご時勢!兵隊さえいれば逆に領土拡大もできます!!
Posted by ぼぶ at 2008.06.30 21:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。