--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.20

半年寝かせたところでデジタルは発酵しない。

今日の○○「新案募集中」
もうブル研社会と没交渉してると名言とか出てこないし。
ネットから生暖かく見守って偶に無断引用する「今日のぶんぶんbot」とかどうだろ。
好きですよ、あのマンパワーbot。

皆様、新年あけましておめでとうございましたが厳寒の候を耐え忍び別れと旅立ちの季節を経て桜花が泡沫の主張を展開したと思へば緑映える木々が美しい夏の夜の香り爽やかな今日この頃。
お久しぶり、ぼぶです。今日も健やかにお過ごしでしょうか。

えーと、ひと月、ふた月、み月…指折り数えてみると片手じゃ足りない程に放ったらかしてしまいました。まぁ、それでも「ブログ書けよ。」と言われるのは極々偶になので、もう毎週頑張って更新とかはしなくていいのでしょう。
それがある意味、年をとったと言う事です。
元気な現役生ならともかく、不活性なOBに成り下がった今、この「元ブル研活動報告ブログ」は何を書けば良いのやら。読者も高齢化していることでしょうし。
書けば老害、書かねば屍。
死しては死体らしく口をつぐみ、都合の良い時だけゾンビごっこをしましょう。
まぁ、ブル研の事について書かなきゃいけないというわけでもないのですが。



という訳で半年ぶりの蘇生は、ニューイヤーとDBD解散ライブと追いコンと3月・5月ブルーグラスの日出演と学祭をすっ飛ばし、6月ブルーグラスの日報告です。今日も元気に内輪ネタ。

今月の出演は、ブ、ブ…ブレーメンバッカルコーンズ?
とかそんな感じの人達とソラリス。

前半はブ、ブ…ブレーメンバックドロップス?だか、そんな感じの人達。
ブレバは、素敵なお姉さんがちょっと熟れた実と美味しくなりそうな青い実を集めたような新バンド。
IMAG0018.jpg
去年DBDというバンドで一緒にやってた後輩が二人所属しています。
今回は彼らの父兄参観的な気分で見てきました。と言っても、一緒にやってた時から勝手に頑張って練習してくれていたので「あいつらはワシが育てた(キリッ」とか間違っても言えません。
ああ、頑張ってるなぁ、成長したなぁ。と、微笑ましく見ていました。
まぁ、その二人に限らず、皆練習もするし底力もあるメンツです。
やりたいことも伝わってくるし、ライブしようとしてたし、見ていて楽しかった。
全体的にかなり大味な感や、もどかしさとかもあるにはあるのですが。
それはいつか誰かに覚えていたらお話しましょう。
なんにせよ、今年作ってここまでならかなりいい感じ。
1年2年とすれば、すごいバンドになっているやもしれません。楽しみです。




後半のソラリスは結成して一年経っている、そこそこ上級生なバンド。
IMAG0041.jpg
ソラリスって…どんなバンドだっけ…。
っていう、申し訳ないけれど個人的にはあんまり印象のなかったバンド。
でも今回はなかなか印象に残るステージでした。
もともと安定感はあった気がするけれど、一年経つと盤石って感じですね。
何よりソエタです、ソエタ。いや、僕がソエタ大好きとかハイパーソエタタイムで人知れず悶えてたとかソエタボーカルの曲しか動画撮るの忘れてたとかそういう事じゃなくて、ベースの話です。
僕は未だにベースって良くわからないのですけれど、単純に「うわー、ベースうめー。」って思ったのはとても久々。なんだか有無を言わさぬ存在感と安定感。もちろんそれはバンド全体の成すものだと思いますが。そして、とっても今更な気もしますが。
そんなソエタはじめ、荒木はしっかり音出すし、りさたんもついて行ってるし。アキトは下半身赤いし、エリーは黙ってタンバリン叩いてるし。
↓のようなねっとりマイナー曲をこういい雰囲気でやれるバンドもなかなか無いと思うので、最後一年間、絶望的な曲を鬱々とやっていって欲しいと思います。


ライブ後はソラリスメンバーが、ヒロヨシ教授お誕生日祝いRTの影でほとんどスルーされていた気がしないでもないエリーさんのお誕生日をお祝いしていました。いい子達だ。
IMAG0083.jpg


ああ、バンドっていいなぁ。


2011.12.14

胸ポッケに入れてあったラムネを何か別の物に疑われやしないかと。

今日の名言「楽譜忘れました。」「隣の人に見せてもらいなさい。」…in塀の中
何かノスタルジックな光景。こんな所で垣間見るとは。
でも集団生活だしね。学校生活に似てるっちゃ似ている。


最近、とあるお店でピッチが若干ずれたひどるを弾いております。
某カントリーシンガーさんのバックで、ピアノ、歌、ひどるの三人構成。
中の人からすればエニウェイとはだいぶ違うけれど、傍から見れば似たようなもんでしょうか。

そのお店の御縁で、女子刑務所へ行ってきました。
お店のマスターは月一回、コーラスの授業を受刑者に行なっているそうです。
12月の授業はクリスマスプレゼントということで、お店の歌い手達を連れて
歌を聞かせてあげよう、という企画でお声がかかりました。


なんにも悪いことをせずに塀の中へ入っていける機会などそうそうありません。
というか、女子刑務所です。悪いことしたって入れません。
なんて貴重な経験。ワクワクします。
「若い男が入っていくことなんて滅多に無いからモテモテだろうね☆」
と、行きの車内で言われました。超売り手市場じゃん。
まぁ…あまり嬉しくは無いのですが。むしろちょっと怖いよ。

車で刑務所に着くと、支所長さんのお部屋へ。少しお話。
現在、おおよそ500人ほど収容しているらしく、
その半分以上がお薬関係の罪らしいです。
「音楽関係はドラッグと関わり深いからねー」と言われました。
ナッシュビル(に限らずだろうけど)では普通にマリファナプカプカしてるらしいです。
皆さん気をつけましょうね。ダメ、ゼッタイ。

「いやー、この人無職なんですよー。」
「おおー、刑務官試験とかどう?」
いや、あの、もう、その話はしなくていいってばっ。

えーと、警備関係とかあまり書かないほうがいいのかな。
まぁ、ともかく楽器を持ってちょっとしたロックを抜け、受刑者ゾーンへ。
そこらかしこで写真を撮りたかったのですが、流石に携帯持ち込み不可。
ちょっと歩いて小学校の体育館みたいなところへ案内されました。

「慰問」という話で聴いていたので、結構な人数が来るのかと思いましたが、
実際には「授業」という建前なので、受講している受刑者の方、15名程度でした。
予想よりかは随分とフランクな感じで、ピアノ周りに弧を描いて座る感じ。
内容はお店の人が一曲ずつやって、受刑者含む皆でクリスマスソング歌って、
皆でカントリーダンスを踊る、というプログラム。

刻々とズレまくるチューニングとピッチに必死すぎてよく覚えていないのですが、
どうやら随分と楽しんでいただけたようです。
演奏はズタボロだったのですが、なにより。
音楽を聞くことも滅多に無いでしょうし、大声で歌う事もないでしょうからね。
「どうせなら400人くらいで慰問としてやってくださいよー。」
と刑務官の方が仰ってくださいましたが、そう簡単な話でも無いみたいです。


終わった後、ぐるっと刑務所内を軽く案内して頂きました。
最近改築したようで、かなり綺麗な施設でしたね。
作業は洋裁とか革製品とか、そういう関係が多いみたいですね。
あと、大きな洗濯機がありました。
洗濯は女子、ご飯は男子刑務所で、と分業しているらしいです。


ボランティアだからお給金は出ないけれど、
マスターにお蕎麦(天ざる大盛り)をご馳走になって解散。



2011.08.17

そりゃ、僕にお金があればお寿司だって奢ってあげたいさ

今日の名言「Xbox2」…byもっさんの母が買ってきたチェーン付シャツのロゴ
なぜ、シャツのロゴがXbox。なぜ360じゃなくて2。
そしてなぜお母さんはそのロゴを縫って消してしまったのか。


残暑お見舞い申し上げます、ぼぶです。皆さん生きていますか。

何かとイベントも多い夏。大小様々な夏祭りも開催されています。
その中の小さな夏祭り、レッドベリースタジオ夏祭りで演奏してきました。
…ってお話を書こうと思ってたけれど、随分経ってしまいました。
写真も一応ブル研アカウントにアップしたけれど、忘れていました。
まぁ、いいか。とってもたのしかったですって事で。


さて、ブルーグラスの日に出てきました。
…ってお話を書こうと思ったけれど、早々に
ブル研ブログで報告されています。
仕事が早いよ院試前だろ何やってんだよ全く優秀なご主人様め。
仕方ない、断然PV数も多い公式ブログでは書けないようなことを、
このニッチな北大ブル研ブログであるぼぶろぐ~は取り上げていきます!
…って言うほど潤沢なネタも無いのが残念です。
OGの寝ゲロの話とかロリコンの定義の話とか、できないしな。



8月ブルーグラスの日はジッターズと暗黒泡踊り(以下DBD)。
どっちも学生バンドでお客さんなんて来るのかなーと非常に疑問でしたが、
予想に反して大量のお客さんが来てくれました。
DBDの2年目二人のデビューを見に、若いのがいっぱい来た説が濃厚。
1年目からOBOGさんまで、ありがとうございました。
続きを読む
2011.03.04

土カントリー日カントリー

今日の名言「鼻毛はカミソリを鼻の穴に入れてぐるっと剃る」…by耳夢MC
何かとチョロリと出てる方々が見受けられるブル研も、
そこまでしてればこの鼻毛通知サービス「チョロリ」は使われずに済むでしょうね。


書こう書こうと思ってもう1週間近く経ってしまいましたが
最後のANYWAYライブ&久々のNEW ENGLANDライブでした。

耳夢がこの日のために作った"Anyway"
そしてカメラの近くで大声で話しているのがそのANYWAYのマスター。
「けっこう頑張って作ったのにな…」
作曲者はそうボヤいておりましたが、
あまり真面目に聞かれるのも困るのだそうです。

続きを読む
2011.02.21

ヤンマーの朝ラーは、ヤンマーなのに優しかったらしい

今日の名言「曲芸みたいなもん」…byどもさん

確かに、言い得て妙。
ああ…スラップってなんだっけ。がんばれよこばやし。



お誕生日おめでとうございます、僕。
今日の誕生飲みで(ついでに)お祝いしてもらえるのが分かっているので、
先に御礼を言っておこうと思います。どうもありがとうございます。
明日の主賓は、僕を含めなんと6人。
そのうち僕以外の5人はいたいけな女の子。しかもそのうち4人は1年生。
明らかに僕だけが異質で邪魔な感じの布陣になりました。
おこぼれもいいとこですね。



さて、まずは(委託)宣伝。

学期納め進級卒業単位取得祈願、及び雨男おかえりなさい記念
北大・酪農大合同 第一回新川ブルーグラス集会(仮)
※タイトルは僕の想像です。
  • 日時:2月27日(日曜日)19時スタート
  • 出演:水たまヤクールツ 酪大Special Band
  • 場所:札幌市北区新川5条2丁目6-5 New England
  • チャージ:\1,000(ワンドリンク+おみやげ付き)
  • 問い合わせ:水たまヤクールツメンバー、またはお店まで
ちなみに僕は出演者じゃないので、詳しいあれこれはわかりませんが、
問い合わせの中継なら致します。

水玉がライブするって事で酪農大を対バンにさそったようで。
そしたら去年の殺フェス以降、諸事情によりブルーグラス界を去っていた、
酪農大二年のBj弾きカワバタが復帰してやってくるってさ!
もー、僕はそれが嬉しくてしょうがないのさ!ほんと嬉しいのさ!
そんなわけで皆さん、カワバタに会いに行きましょう。
きっとハチヤマも歓びに猛り狂って良い音が出るはず。

ちなみに、場所がちょっと分かりにくいところにあったと思います。
僕は一度だけ行ったことがありますが、もろ迷いました。
しかしカドワキさん曰く、ちゃんと迎えをよこしてくれるそうです。
ご安心ください。



さて、カワバタ復帰という嬉しい報せを聞いたのは、
先日の土曜に江別のどもIVで行われたブルーグラスライブでした。
どもIVさん企画の、酪農大関係ブルーグラッサーによるライブです。
下は1年生から上は50過ぎまで、幅広い層の方々が出演しておりました。
元会計フィドル弾き二人に付随して僕という、
ほぼ大体Fd.弾きトリオという構成で遊びに行ってきました。

雰囲気はいつもの通りのどもライブです。
ただ、顔は知っていても演奏を真面目に聞いたことの無い人とか、
顔も演奏も知らない人とかを見る良い機会ではありました。
しかし、何食べたらあんな演奏になるんだろうなぁ。
ふしぎなせかい、ブルーグラス。



今回のライブを利用して、ようやく使い慣れてきたスマートフォンIS03の
動画撮影テストを行い、何本かアップロードしてみました。
機器の問題、及び僕の問題、それぞれありましたね。

まずやってしまったのが、端末を持つ際に手でマイク穴を塞ぐという失態。
おかげで2本ほどの動画の音声がくぐもって、使い物になりませんでした。
まぁ、それは自分のミスとして、問題は音と動画のズレです。
注意深く見ていると、音だけ先に出て、動画がちょっと遅れます。
どこぞの腹話術師もびっくりです。
これってSDカードのクラスの問題なのかなぁ?
動画サイズを下げたりすれば解決されるんだろうか。
音質としては、まぁ、こんなもんかという感じ。悪くない。
そして分かっていたことですが、電池の消費が半端ない。

やはり、餅は餅屋。
写真・動画はカメラで撮るのが一番なのでしょう。
確かにIS03は全部入りなスマートフォンだけど、
全部入れたらやっぱり窮屈そうでした。



2010.11.18

嵐の来る夜は大小4弦の日 ヴァイオリン編

今日の名言「ミ♭ラシシラレラ」=SAPPORO
音名象徴…と言うとか言わないとか。
ドレミファソラシドはCDEFGABCとアルファベットで表しますが、
すべてのアルファベットをドレミに対応させる手法があるそうです。



なんだかよく知らない間に嵐が札幌ドームへ来ていたようです。
僕ですらメンバーの顔と名前が一致させられるようになりました。
いつの間にか出世してる印象です。
そんな国民的アイドルが札幌を騒がす先日土曜日。
僕は別のアイドルに会いにニトリ文化ホール(旧厚生年金会館)へ行きました。
オバサマたちのアイドル、ヴァイオリニスト葉加瀬太郎です。
そんな訳で葉加瀬太郎コンサートの話。


葉加瀬太郎コンサートは札幌に来るたびに足を運び、
このブログでも何度か熱く語った事があります。
もはや毎年の恒例行事となっています。
相変わらず今年も素晴らしい演奏でした。

演出も非常にエンターテイメントを感じるような工夫されたものになってます。
特に最近は折々に、バラエティ番組かっていうようなネタや企画を挟んできます。
今回の情熱大陸なんて何故か扇子もってディスコアレンジ踊り出すし。
マジでクラブ状態。
しかしこれもそれもどれも、しっかり音楽に繋げてるから凄い。

もちろん、音楽も適当な訳では決してありません。
今回のバンドメンバーはヴァイオリンを含め
チェロ、ベース、ピアノ、ギター、パーカス、キーボード、コンピューター
の8人がいたのですが、各々素晴らしいものがあります。
曲によって編成は若干変わるのですが、アコースティック時代を
彷彿とさせる5人でやるツィゴイネルワイゼンなんかはもう圧巻。

ちなみに、冒頭の音名象徴の話も企画の一環で出てきたものです。
ご当地ソングをつくろう!的な企画で、SAPPOROの文字列から旋律を作ったら
ミ♭ラシシラレラになるのだそうです。
実際音にしてみると非常に怪しい旋律。
この旋律をモチーフにしてなんと、デビュー25周年にして初。
葉加瀬太郎ピアノ弾き語り。
味噌ラーメンか塩ラーメンかの苦悩をパロディを交えつつ歌う。
…ピアノも歌も普通に上手いから困る。面白いのに上手い。

多才であり腕もあり人間性も尊敬でき…
つくづく素敵な人だなぁと思うのでありました。

ちなみに音名象徴について追記しようとしたら
またとっても長くなってしまったので、いつか別記事にします。
なかなか面白いぞ音名象徴。



さて、この日はもう一つ重要なイベントが有りました。
僕が入ってから恐らく3回目になるであろう、ベース飲みです。
かつては4年に一度という「え、やるの?」的イベントであったベース飲みが、
ここ3年連続で開催されているのはなんとも嬉しいことです。
次回につづく。

2010.11.15

地デジ化、済んでますか。

今日の名言「アナロ熊 アナロ熊 また会う日まで」…byアナロ熊のうた


ブログでは大変ご無沙汰しておりました、ぼぶでございます。
久々に広告がでるまでブログを放置してしまいました。
Twitterでは生存しておりましたが。
いつまでもオレンジ髪の人の写真がトップっていうのも怒られそうなもんです。

最近は、忙しくしなきゃいけない状況と忙しくするほどのやる気が出ない状況が
一体となって僕を悩ませています。
いやぁこいつマジ使えねぇなと鏡につぶやき続ける不毛な日々です。
目下のところは卒論をどうにかしなきゃいけないのですが、
全然筆が進まない…いや、キーボードがカタカタ言いません。
不毛な毎日は是即アウトプットの無い日々です。

しかしそろそろ「不毛だ不毛だ」と
日々をハゲさせてばかりはいられない感じになってきたので、
卒論ついでにブログでも書いてみるのです。
ブログが、便秘気味なキーボードのコーラックになってくれることを期待して。


幸い、11月はいつもよりイベントに恵まれていました。
最近はめっきりライブというライブに行っていなかったのですが、
まずこればっかりは行かなきゃならぬ、谷山浩子コンサート。
実はすっかり忘れていたのですが、本番1週間前の浩子信者連絡網により発覚。
ギリギリではあったけれども無事いつもの信者3人で行けることとなったのでした。

札幌は例年二日にわたってクラップスホールで行われますが、
今回は二日目に行きました。
コンサートのセットリストは、毎回その当日に決められます。
いかんせん、キャリアも長けりゃ持ち曲もたくさんある谷山浩子ですので。
この日のテーマは「北海道→北大→動物のお医者さん」
にちなんで「動物」シリーズでした。
ちなみに前日は尖閣問題の動画流出騒動にあやかって「船」シリーズだったそうです。
たまにオールリクエストって日もあるみたいで。
セットリストが自由っていいですね。ソロ弾き語りならでは。

今回僕たちが行った札幌二日目はなかなかコアなセットリストでした。
古目で知らない曲がたくさんあり…
新しめ好きの僕たちにはちょっと親しみにくかったかな。
コアなファンの方々には嬉しいものだったかもしれませんね。
しかし、休憩時間中に何故か「アナロ熊のうた」を歌いだすという
非常に珍しい事態に遭遇できただけでも満足なのです。
プロが自分のコンサートでアナロ熊…自由っていいですね。ソロ弾き語りならでは。

昔ラジオの女王だっただけあって、MCも非常に上手な方だと思います。
今回はiPod touch買ったよ~ってお話。
これとPocketWiFiで色々遊んでいるそうです。
タイムリーに僕の興味ある話題でした。
実際例えば、ガラケー+iPhone(二年縛り)を買う場合と
iPod touch+PocketWiFiでPocketWiFi(二年縛り)にする場合とで、
どちらがこの変化の激しいスマートフォン・PDA市場において柔軟に対応でk(ry
話題が変わりすぎるのでやめます。
でもこのMCでやっぱりiPod touch買おうかしらとか検討しちゃうあたり、
自分は影響されやすい人間なのだなぁとか思います。

そんなこんなで今年も歌とMCとをおおよそ2時間半。
たっぷり堪能して帰ってきました。
ライブ後は信者三人でごはん→ミルク村へ。
ソフトクリームにリキュールをかけながら食べるというこのミルク村。
はじめてでした。
3人で9種類のリキュール。
CA393876.jpg
もみの木リキュールは、ちょうどお世話になってた龍角散のど飴の味がします。
他にはバタースコッチなんかが美味しかったですね。
気に入りました。なかなか高いけど。
行ってみてください。なかなか高いけど。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。