--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.11.22

電気臭さを目指して。

今日のドドド「PAIR NIXON」
WS000008.jpg
微笑ましい。微笑ましいよ。微笑ましい。
おじさんほっこりした。君達いいチョイスだよ。
願わくば、今後誰かがうっかりこのシリーズを買ってしまい、
ペアがトリオやカルテットにならないことを祈る。


定演前ですね。今更ここで宣伝するまでもないでしょう。
皆様のご来場、お待ちしております。
出演者は最後の追い込みに必死でしょうか。
かく言う僕も一応部員の身分を持って出演者の枠に入っているのですが。
マンドリン、練習しないとなぁ。
まず、弦変えてブリッジ直さないと。何ヶ月放置してるんだよあれ。



曲がりなりにも定期演奏会となると、一応フリーに「私服」というわけにはいきません。
だいたいどのバンドも、少しは衣装を考えています。
そろそろどこのバンドも決定しているでしょうけれど、
ウチは相当レベルの優柔不断っぷりを発揮し、未だ決定に至っておりません。

僕は「女の子が引き立ってさえいれば男は出汁で良い」というスタンスで、
色々と提案≒願望を言うのですが軒並み却下されていきます。
みんな、自分が突出して目立つとかそういうのを嫌う人たちみたいです。
まぁ、気持ちはわかるんだけれど。
しかし、魅力を持っている人間は、その魅力を出し惜しみせず、
目立とうが何だろうがカッコヨクorカワイクあるべきだと思います。
全員を最底辺に均して統一しちゃうと、ゆとり教育じゃないですか。
過度の平等は全体レベルの低下に繋がるのです。
いでよアイドル、視線の矢面に立つべし。

…と、言う願望は常々持っております。
つまり「主役+出汁」or「女の子+下衆」構想。


しかし一方で、それとは正反対の願望もあります。
言うなれば「統一的没個性」願望です。
まんま、全員が没個性的になるという事なのですが、
いつもの私服で没個性的では意味が有りません。
各々の区別がつかないほど美しい統一の上での没個性、
そしてそこからにじみ出る異世界感と怪しさ。
そう、怪しさ。大事だから2回言います。怪しさ。(3回目)
そんなものに憧れます。

例えば明和電機の工員さん達のような…、
と言ってもわかってくれる人はなかなかいないか。

そういう方針の衣装や演出をすると言ったら、
やはりネジの締め方を間違えたバンドやテクノユニットなどでしょうか。
最近ではクラフトワークという古参のユニットがツボです。
名前くらいは知ってたけれど、動画を見たのはつい最近。


横一列の没個性が光と怪しさを醸し出しながら直立不動でVAIOをいじるライブ。
すごく好きです。この怪しさ。てか舞台装置かっこえー。

こちらは、ステージに立ちすらしない。


すごく好きです。
自分がステージに立たない自分のライブって、いいなぁ。
もちろんどちらもバックスクリーンの映像があってこそ、ですが。

好き…なんだけどなぁ。
この発想をブルーグラスに持ち込んだら大事故必至です。
あの揺れ動く音楽を、揺れ動かないで、揺れ動くのです。
誰が誰だか分からない格好をして、指と手と口しか動かないステージ。
もしくはステージに機械工学科特製電動案山子を置き、演奏は裏で行うステージ。
個人的には…ありです。
手間と暇と賛同者と人材とお金さえあれば。

むしろ必要なのは、バックスクリーンと映像と照明だろうか。
実際、演奏技術によって客を沸かせるという本質はそのままとしても、
演出面での進化ってしていかないかな。
ビル・モンローが生誕200、いや150年になっている頃には、
土臭いブルーグラスに、電気の臭いが染み付く時代かもしれないよ。
相当な設備は必要だから、誰でもはできないだろうけど。

そんなわけで。
2010年代のBluegrassシーンは、舞台装置や演出に大きな進化が起こりえます!
不安定に揺らぐベースに照明や映像をシンクロさせる技術も出てくるでしょう!
高度に発達した蓄電池を背負って電飾を巻きつけ、全身光りながらジャムとか。
暗いキャンプ場でやれば、人も虫も寄ってくる!

今こそ…この最先端技術を研究する環境が整っている大学サークルだからこそ。
時代を先取りして、ワールドワイドなブルーグラス界のパイオニアとなるべきでは。
とりあえず文系には無理だから、お願い頑張って工学部。




そんな未来の前に、今週末の衣装をどうにかせねば。


Posted at 05:21 | へぼ | COM(0) | TB(0) |
2011.11.04

T字路ヨロン 後編

今日の名言「わくわくしてる」
20111024-071201.jpg


前回のつづき。
書きためていた某かからペタっと貼りつけ、削って改行するだけ。



これは昔からのことだけれど、僕は何かの問題について立場を明確にするということが、非常に非常に苦手です。僕についてたまに「何を考えているのか分からない。」 と言われるけれど、そんなの僕だって分からない。
意見を表明しろって?そんなの簡単に言えるわけ無いじゃないか。
○○賛成?(y/n)で割り切られるのが非常に嫌いなのです。
「ホントはちゃんと意見を持ってるけど言わないんでしょ?」とか言って、良く分からないミステリアスな部分を美化し、あたかも僕が優秀であるように捉える人がいるけれど、自分だって良く分からないよ。
評価していただけるのはありがたいのですが…。

それは[世論]的≒単純な言い方をするならば、ただの[優柔不断]です。
でも、一つの枠組みだけで物事を見てしまう自分が怖くて仕方が無い のです。
今までの、そして現在の自分を俯瞰してみると、随分と世論に流されているような気がします。
別に世論は強ち間違ってもいない事だってあるけれど、きちんと基づく知識や認識も無く世論に同調するのは滑稽に感じます。自分の頭で考えたことでもないのに、考えていると勘違いしているのだから。
しかし、自分のようなプロでは無い人間=素人(←つまりどんな問題に対しても)は、その問題の背景を深く知ることなんてできないだろうし、得られる知識・認識も、それを得ようとする意欲も、たかが知れています。
そうなると、結局自分の意見も自分で信じることができないのです。

結局僕にできるのは、自分で意見を持たず、世論に対して半分共感し、半分あまのじゃくになってみるという事だけです。誰かが糾弾されていれば、半分は悪いやつだとみなし、半分は自分の中で弁護してみるのです。それだけ。そこから先はありません。
良い面もあれば、悪い面もあるよね、何事も。
そんな当たり前の中庸的意見を持つことしかできないのです。

それを、「無知の知」のようにもてはやしてくれるような世の中なら良かったのですが、この時代にはわかりやすさと明確さが求められています。T字路じゃなくたって、五叉路でだって、右か左かで選ばなくてはならないのです。
そして、右でも左でもない、まっすぐやや左寄り、 まっすぐやや右寄りしかし後にカーブ…のような、多面的考察の上で出された意見ですら、ワンフレーズで右か左かに位置づけられてしまいます。
問題 に対する意見を簡略化した世論は、また逆に、意見を飲み込んで簡略化した状態で捉えようとする働きも起こすのです。世論はすべてを世論化していきます。
それは恐ろしい事です。でも、この記事や、その他の僕の書く物のように、長々と垂れ流された考えを、皆が皆、理解しようとはしてくれないのです。
なぜなら、そんなものは溢れかえっているから。そして、面倒くさいから。
結局、そういうものの大半は身内しか読んでくれない。そう考えると、素人が表明した意見について某かの極端な印象を持ってもらえるだけでも、上出来なのかもしれない。

そんな世論が、ネット社会に突入してどうなったか、ネットが世論に対してどのような影響を持ったか。
というのがひとつポイントになってきます。それは卒論におけるひとつの骨子だったのだけど、もう、忘れちゃった。とりあえず、こんな感じで、指が動くままに文字数をうめつつ卒論を書いた覚えがあります。


おちも無くおわる。


しかしMAD CITYでググったら「松戸市」が出てくるよ。うん…まぁ、いいと、思うけど。

Posted at 13:13 | へぼ | COM(0) | TB(0) |
2011.11.02

T字路ヨロン 前編

今日の名言「一線を超えるんじゃない。線を少しずらすだけだ。」…by地方局レポーター
…うん、いいセリフだ。
映画「MAD CITY」より。
立てこもり事件を題材に、報道や世論について描いた映画。嫌いじゃなかった。

まぁ、ずらしてずらしてちょっと超えて、みんなでずらしてずらしてドッカーンてめーらふざけんな(←でもおまえが言うな)って話なんだけど。
テレビ、怖い。世論、怖い。

以前そんな映画を見て、卒論を思い出して勢い良く書いた物を掘り出しました。
何かしらの為に勢いだけで書き、その後放置していましたが、
勿体無いので再利用して更新回数を稼ぐことにします。



社会を動かしているものは何か。
現代において、社会を大きく動かすものの一つが[世論]です。
[世論]って、どう読みます?普通はヨロンですね。
じゃあ[輿論]は?こちらもヨロンです。
どちらもヨロン。同じものとしても扱えるけど、本当は世論はセロン、
輿論がヨロン、と読まれるべきなのです。
それぞれを英訳すると、世論がpopular sentimentsで、
輿論がpublic opinionsとなります。
それらを日本語に逆輸入してみると「大衆の心情」と「公の意見」となります。
つまり世論は人々が受ける印象・感情による判断の、大きな流れなのです。
一方で輿論は、情緒的な判断に左右される世論とは対照的に、理性的判断に基づくものです。[公の意見]とあるように、世論が本音とすれば、輿論は建前とも言えます。

本来、政治など社会の根幹を動かすものは、その場限りの流動的な感情に左右されない、理性的判断と真偽判断に基づいた輿論でなくてはなりません。
しかし、新聞などの活字メディア主体のマスメディアから、ラジオやテレビ、インターネット主体のマスメディアへ移行していくに従い、社会は特権階級による政治から大衆政治へとシフトします。
大衆政治を動かすものは、理性=輿論では無く、感情=世論です。
世論は、あまり難しく複雑ではいけません。
あらゆる問題を、なにか一言で表すような単純さが世論には必要なのです。
ラジオやテレビは、そんな単純な枠組みを提示するのに最適なメディアでした。
ある一つの価値観を、一つのフレーズにまとめ、何度も何度も電波に載せるのです。
そうして、メディアが世論を作るという現代の状況がうまれるようになってきたのです。


…っていう話を卒論の冒頭でした気がします。
もう、よく覚えてないや。悲しいな。
ちなみに大体が佐藤卓己さんって人の言ってることです。
映画を見ていて、[世論]のおっかなさを感じ、ふと思い出していました。
一年前のこの時期は、ようやっとテーマをちゃんと決めたは良いけれど、
大した事もせずだらだらと無意味に文献を漁っていた頃だったか。


つづく。




Posted at 02:53 | へぼ | COM(0) | TB(0) |
2011.05.31

五月ダイジェスト

今日の名言
「×××ー!お前××いるだろぉー!」
「××××××××××××!!」
「××××に嫌われたくない!」
「はいおっけぇー!」
他多数

…公開自重公開。とても心に響く珠玉の叫びだったのだけれど。


なんと皐月も最後、いつの間にかブログには1ヶ月未更新広告出現。
こんなにもイベント目白押しな五月だったのに、どうしてここまで更新しなかった。
書きたい事はいっぱいあったはずなのに。
とにかく、書きたいことを書きたいだけ書いているとキリがないので、
五月がほんとに終わってしまう残りの一日で、ちらっと振り返っていきましょう。



・婚約式
後藤さん夫妻(予定)の婚約式でした。
ほとんど教会関係の身内だけで行われた式でしたが、
僕は写真係として列席。役得です。
ビバ振袖。幸せって素晴らしく幸せ。
写真公開は自重。

・ジャム会
OBOG様達によるジャム会。大人数が部室を占拠。現役も数人参加。
やっぱりジャムをジャムとして楽しめる人数には限界がある。
それを感じた日でした。
http://twitpic.com/4snnaw

・えこりん村
みぞれが降った日、サッポロビール工場とえこりん村へ行ってきました。
アルパカもふもふ。
IMG_8380.jpg

・えべつ
taiさんと兼が僕の家へ。ちょっとした録音会とジャム会。
プリンとチーズケーキごっつぁんです。
3人でユックリとゆるゆるするジャムって良いと思います。
そう、速く弾けば良いってもんではないのだよ。

・レラチャリティーコンサート
GW最後の日、何かイベントを興したいレラと、なんかおもろい事したいブル研が、
震災のチャリティーで募金を集めるという名目で手を組んだのです。
5時間くらい、交代交代で演奏し続けてきました。
こういう場所ではやっぱりブルーグラス便利。
そういや写真をアップしましたが、ブル研HPにはまだ…
あ、いつの間にかされてた。なんか写真も追加されてるし。
そうそう、一年目Mn.の☆川がここでデビューしました。
弾きました。歌いました。なんぞこいつ。
http://twitpic.com/4uw9ui

・最後の新歓コンサート
いつも通り遠友学舎で最後の新歓コンサート。
お客さん、21人ですって。どうした、このブル研人気。
お陰様で今年は大量入部しており、お兄さんお姉さんてんやわんや。

・飲み屋さんでお手伝い
酪農大OGゆっぺさんのお誘いで、かえるだらけの某飲み屋さんで演奏することに。
小樽フェスにも出てるカントリーシンガーさんのバックで。
フィドルなんてもう弾く機会も無いと思っていたけど…
やっぱり世の中華々しいフィドルが重宝がられるもんなのかしら。
基礎は無いけど器用さのある僕に、向いていると言えば向いている。
そんなお仕事でした。

・新歓合宿
ワークショップくらいに遅れて行って、始発でさっさと帰る、
という重役出勤重役退社での参加でした。ごめんね。
写真が放置されていることに気づいて、さっき簡単に選別・アップしましたが、
やっぱり暗いところでの撮影は難しい。良いのもあまり無い感じ。
新歓合宿
まぁ、暗い時間しか居なかったからなんだけど。一応公開しておきます。
一年生はやっぱり大量に来ていて、もうわけがわからない。

・ベースツアー
今年のベース弾きは伝統的バランスである男女一人づつで二人…かと思いきや、
女の子がさらに二人加入。いやいや喜ばしいことです。
そんな一年生4人をつれて、楽器屋をめぐりタワレコ、スープカレー。



ほんとは一項目づつ、もっと書きたいことがあったりなかったり。
でも良いのです。薄く広くゆっくりと日常は回っています。


Posted at 02:23 | へぼ | COM(0) | TB(0) |
2011.04.28

かわるボク、かわらないキミ

今日の名言「高等遊民」…by添
ぼくのことだそうです。
そっか、ぼく、時代の先端にいるんだ!
沈みゆく日本の未来の舳先に!



今日も眠れぬ夜を過ごす僕は、珍しくyoutubeを遊民していました。
つい最近の萌えキュンソエタベース(弾き)企画を客観しに行ってみたり、
約一年前のすべすべに会いに行ってみたり。
オダニはともかく、なんで2ビートじゃないコバヤシはこんなにカッコイイんだろう。

そんなこんなで遊民していると、懐かしい動画に行き着きました。
ばっさー先生によるLonesome fiddle bluesという曲です。

フィドルのスクロール部分に老人が掘りこまれたインレイ入りの妖しいフィドルで、
中空を見つめながら妖しい弓使いで妖しいフレーズをぶおんぶおん弾くばっさー。
いうなればそれは、ちょっとえげつない変態嗜好だった元カノが、
今も相変わらず変態のままであった時のような安堵感。

僕はもうノーマルだけど、君はやっぱり変態のままだったんだね!って感じ。
まぁ、ばっさー死んじゃったけど。
そもそも液晶の向こうの0と1でできたばっさーに変わりようもないけど。

僕がフィドルに手を出し始めた1年生の夏頃、この動画に心を奪われていました。
動画ごとウォークマンに落として、コピーしようとしてた覚えがあります。
コピー自体苦手だったから適当だったけど、それでもばっさーの弓使いが理解できず。
ニータカなにそれおいしいの?って弾き方をキャベツ覚えたて浮気者にできる訳無い。
というか(今でも)何やってるか理解出来ないところが多々有り、
ジャムる人も居ないので、いつの間にか弾かなくなってしまいました。

しかし今にして思えば、あの明らかに無理な曲を弾こうとして色々考えたから、
その後の肥やしにはなったんじゃないかな?と思うわけです。
…いや、あれのせいで変に音だけ追うフィドルになったのかもしれないけど。
そうか、悪かったのはばっさー信仰だったのか。

でも、動画ごとPSPやウォークマンなどの端末に落としてサ館で練習って方法は、
我ながらとても良いと思います。
皆様、youtubeのお気に入りは是非サ館に持って行くといいですよ。


しかし改めて見るとこの老人の弓使いはキュンキュンするものがありますね。
まぁ、なんだかもう真似したいとは思わないけどね。
フィドルも最近あまり弾かないし。
でもこれは曲自体いい曲だと思うから、ばっさー先生のプレイはさておき、
ジャム曲として流行ってくれても良いと思うんだけどなぁ。
Dマイナーってバンジョーがしぶりそうだけど。




Posted at 04:33 | へぼ | COM(0) | TB(0) |
2011.04.15

若者が眩しくて直視できない季節

今日の名言「そう、転校生はお嬢様と相場は決まっているのです。」…byドブロ紹介
この「ドブロはクラスで言うところの転校生お嬢様」理論は、
「ベースはラーメンでいうところのスープ」理論に次ぐ定番の予感がします。


新学期が始まって早二週間。
こんにちは、とうとう6年目、ぼぶです。
だいたい皆さん、先輩との年目を比べるときに1年目基準で見ますが、
それで言うと僕が1年目の時の6年目はソメタヤさん世代。
僕が今更同期バンド作ったら、6年目の浮気を名乗れるでしょうか。
あの頃の6年目と今の6年目を比べると、なんだかゴミのようです。
いや、~子とかは全然そんなことないんよ。みかんさんも。
それとチャーリーも、OGのまいみさんも。
彼ら彼女らは、新一年生から畏敬の念をもって見られることでしょう。
6年目で上手くてカッコイイセンパイ☆って見なされるのでしょう。
だから僕は、その畏怖のおこぼれと「6年目(ニート)」という肩書きだけで、
残りの一年間、新一年生には幻想を見ていてもらえればいいなと思います。


さてさてそんな訳で新学期と言えば新歓シーズンでございます。
北大ブルーグラス研究会も将来のブルーグラッサー書き入れ時です。
特に新二年目はお客様から奴隷と化し、馬車馬のように働かされる事でしょう。
そんな彼らに向けて昔こんな記事を書きました。

ヒエラルキーが一気に格下げになった新歓戦士二年目へ捧ぐ
デモ演に関してだけ簡単に言うと、オメーの演奏なんて大して聞こえねーから
細けぇこと気にしないでとにかく音出せよ、って話です。
マンドリンはいつだって不遇。そしてバンジョー不足っていう不遇。


そうそう、この新学期に合わせてか、ブルーグラス研究会HPがリニューアルしました。
ついでにサーバーも北大のサークル用のに移転したようです。
新URLは、まだリンク貼られてないから知りません…
と思ったけどあてずっぽう行けたので、新しい方貼っておきます。
北海道大学ブルーグラス研究会
かなり大幅なリニューアルがなされています。垢抜けましたね。
ブル研紹介については某2号さんの絵?を引き続き使用しているため、
未だに「きよた」の名残があったりします。
楽器紹介とかも読んでて面白いです。
バンジョーの写真が明らかに安物バンジョーだったり(ペグが横付き)、
「思いついたら書きます。」だったり。

トップ絵は新三年目ソエタ作。
そしてデザイン全般は新四年目お馴染み兼。
とても素晴らしい仕事をしていると思います。ベース弾き優秀。
新入生も現役もOBOGさんも、どうぞご覧あれ。



Posted at 03:01 | へぼ | COM(0) | TB(0) |
2011.02.25

猫の日に成り損ねた日

今日の名言「絶景かな絶景かな。」…byづめさん
女湯で眺める様々な女体について、熱く語ってくれました。
なかなかに共感できる部分がありました。
いいよね、女湯。ぼく入ったことないけど。
じゃあ覗いた事はあるんちゃうかー?と思った貴方。
心が曇っています。
僕にそんな度胸はありません。


そんな愉快な話も飛び交う誕生日飲みがありました。
主賓はづめさん、1年女の子4人、僕、の合計6人。
非常に沢山のプレゼントを頂きました。
DSC_0074.jpg
(※消費して無くなった物もあります。 ※楽器類は含まれません。)
ありがとうございます。

バンドのメンバーからはケーキも頂きました。
DSC_0060.jpg
僕と同バンドのFdの子は僕と誕生日が一日違いです。なのでプレートの名前はふたり。
バンド名すら決まっていないようなバンドなので、つゆも期待していなかったのですが
(主にBjのおねえさまが)気を利かせて、用意してくれたようです。
嬉しい限りです。
その他「リア充乙」との人を介した伝言や、メールツイートテレパシーその他諸々でも
お祝いをくださった方々、本当にありがとうございました。


Posted at 01:33 | へぼ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。